2017-08-01 16:40:58

「鉄道軌道整備法の一部を改正する法律案」部会了承

テーマ:ブログ

自民党「国土交通部会」で「鉄道軌道整備法の一部を改正する法律案」について議論をし、部会で了承された。

 

本法案の趣旨は、福島県内の「只見線」などの赤字ローカル線の災害復旧等を支援するために、国の補助制度を改正しようとするものである。

 

現行制度は、赤字会社の路線が大規模な災害を受けた場合に1/4以内の補助を受けられるが、例えばJR東日本のような黒字会社の路線は対象外だった。

そうすると、JR東日本管内の「只見線」は、大規模な災害を被ってもJR東日本が独自に復旧しなければならない。しかし、事業者としては、大規模災害を期に赤字路線を廃止しようと考える。

 

生活路線や、冬には雪が積もり道路が不通になってしまうような地域では、やはり鉄道は重要なインフラである。

そこで、事業者の負担を軽減するために、赤字会社と同様に国の補助制度で支援できるようにしようという議員立法である。

 

これまで、地元市町村、福島県、事業者をはじめ、議員連盟で議論を重ねてきた。

黒字会社への補助制度は公平性に欠くのではないかとの指摘もあったが、鉄道は国の基幹インフラであり、高速道路と同じように国家的な視野と戦略からの支援が必要であるとの認識に基づき、厳しい条件を付して補助制度を拡充することとした。

 

これから与党との調整に進むことになる。与野党の理解を得てできるだけ早く成立させ、地元経済の復旧復興を願っている。

 

 

佐藤まさひささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

2 ■勉強になります。

今マスコミは安倍おろしとばかりに、大臣や議員のスキャンダル探しや叩きに血眼になっていますが、その裏でも日本を脅かす問題は確実に進行しています。
この鉄道の話もそうです。日本全国の交通機関が、大規模災害を好機に赤字路線廃止を連発ならば、地元の方々は本当に死活問題。過疎化で田舎に取り残されたお年寄りたちにとっては、田舎が姥捨て山扱いされる事と同じと思います。
残念ながら派手な話題優先のマスコミでは取り上げられる事はありませんが、こうした地味でも国の命運に関わる事に取り組む方々がいらっしゃると思うと安心します。頑張ってください。

1 ■鉄道の社会資本性の認識

ご説明にある御主旨に賛成です。鉄道、道路、電気、上下水道、郵便は、国民が社会生活を営む上での不可欠のインフラです。赤字部門の切り捨てをさせてはいけません。当然私企業の努力は不可欠ですが、私企業の努力を超える災害復旧には国費を投入せざるを得ません。国の隅々まで国民が幸福に生活できる環境を維持していただくようご配慮をお願いします。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース