次に③県政についてです。

 

私は栃木県も鹿沼市と同様「強い経済、優しい社会」を目指して欲しい。

 

個別の政策では鹿沼街道早期4車線化を強く望みます。

 

福田候補の図書館や文化施設に関して力を入れていくとの報道には可能性を感じる。

 

県の図書館や美術館の改革が中心だろうが、派生して県内市町の図書館改革に財政的支援などが施されるようになればとも期待してしまう。

 

田野辺候補の訴えも決して悪いものではない。むしろ良いことばかりだ。

その政策は福田候補には実行できないものなのだろうか。

田野辺候補でなければ実現できないものなのだろうか。

 

前輪駆動(FF)と四駆(AWD)しか作っていない自動車メーカに対抗して、ウチは後輪駆動(FR)も作ることが出来ますというなら比較優位性はあるだろう。簡単には既存の生産ラインをFR用に変更はできないからだ。

 

FRですか?ウチも作ってますよ。

 

オタクのFRあんまり人気ないじゃん。

 

そうは言ってもそれだけが目的のメーカーじゃないんで。

 

売り上げが台数が順調で株主への還元も充実している歴史ある自動車メーカーの株主に対して、まだ市販車を完成させたことがないベンチャー企業が「欲しいクルマランキング」上位に入るクルマを作りますからウチの株を買って下さいと言ったところで投資先を変更させるまでに至るだろうか。

 

今の投資先で利益は出ているのならリスクを冒す必要があるだろうか。

 

ライバルには決定的に作れないクルマを作れるか、そして何よりそれが消費者や投資家に期待させるものであるかが問われる。

 

BMWってカッコ良くて誰だって欲しいって思うけど、今じゃ3シリーズですら500万円からだ。

昔は380万円からだったのに。

(国産でもいいので200万円前後で乗れるFRのセダンに乗りたい...)

 

欲しいクルマと買えるクルマや乗ってるクルマはなかなか一致しないものです。

 

みんななんで北海道や京都に移住しないのだろうか。

 

この知事選挙、明日どんな結果が出ようが、いろんなことが分かったり、いろんなことを考えるいい機会になりました。

 


 

 

明日投票日ですね。

 

②鹿沼市内の知事選を軸にした政局的な動き

③県政について

の二つを急いで書かねば。

 

とういことでまずは②からです。

 

淡々と事実と意見を混同せずに綴りたいです。

感情的になってしまうという自分の良さと悪さの制御が課題です。

 

鹿沼の市議会の定数は24人。

 

佐々木里加議員がいないので現在の実員は23名

 

共産党の阿部議員と立民党の大貫議員を除く、残りの21名は福田富一候補支援です。

 

集会や街頭演説や投稿などで確認ができています。

 

当初石川さやか議員と小島議員の支持態度が自分にはわからなかった。

 

今までの言動から民主寄りのスタンスだと私は見なしていたからだ。

 

その後、他の議員と同様に福田候補を支援する集会に参加していることが確認できた。

 

では純粋な左翼の2人はどうなのか。

 

田野辺候補支援だとは推測されるが、情報がないので断定は避けたい。

 

佐々木議員が残っていたらどうだっただろう。

 

次に鹿沼の首長と県議と前県議。

 

松井県議は自民系からの情報も含めて福田候補支援だという話は聞かない。

 

断定は避けたいが、田野辺氏支援なのだろう。

 

小林県議は自民党鹿沼支部長として福田氏を支援する集会を開いている。

 

その自民党鹿沼支部の集会には私も見学として出席し、支援する議員の1人として紹介された。

 

驚きだったのは神谷前県議といわゆる神谷系の市議が全員揃って不参加だったことだ。

 

自民党鹿沼支部の公式なアナウンスや新聞報道に接していないのだが、自民党の市議ほぼ全員からの情報によると、

神谷前県議と横尾市議、関口市議、谷中市議、市田市議に対して離党の勧告がされているという。

 

離党の勧告であるならば、まだ自民党員なのだろうか。

 

市議の中には勧告ではなくて正式に除名された議員がいるというが、それに関しては確かな報道や情報に接してはいないのでいい加減なことは言いたくない。

 

今年の市長選挙で神谷系は自民党でありながら、石下氏を支援せず現職の佐藤市長を支援したのではないかとされる件で、自民党から求められている説明を拒否していることが離党勧告の原因らしい。

 

その神谷前県議は湯澤県議と佐藤市長と共催で福田候補支援の集会を開いている。

 

湯澤県議と佐藤市長での共催なら今までの流れを考えれば驚くことはないが、そこに神谷前県議も加わったこと、自民党の集会でのこと、その二つの事実を合わせると鹿沼の政局の概要が理解できる。

 

私は自民党員ではないのでよそ様の話ではあるが、それが今後の鹿沼の政治に大きく、いや最も大きく関わってくる以上は情報収集とみなさまへの情報発信は怠れない。

 

そしてそれがどう影響していってどんな事態が想定されるか、そしてどうしていくべきかという提言も避けては通れない。

 

佐藤市長と湯澤県議と神谷前県議の連合と自民党の小林県議の対立の構図が確定するのだ。

 

そこに民主系の松井県議も反自民という文脈では佐藤市長派に与することで、自民党への包囲網が完成した。


 

自民党鹿沼支部の動きは今後も目が離せないが、石川議員の動きも実は大きな意味を持つと私は考える。

 

これで鹿沼の政治は知事選を巡って更に先の展開が読みにくくなってきた。

 

もっとはっきり言えば、更に分裂や対立は深まった。

 

控え目に言ったとしてもしこりは残った。

 

いつも弱い方、負けそうな方に就いてきた自分としては痺れる構図だ。

 

強いものに媚びるのが嫌なのだ。

ただし争い事は避けたい。

さらには人の喧嘩に巻きこまれていつの間にか一番の貧乏くじを引く気にももうなれない。

 

自民党の分裂、小林系と神谷系の対立。

次期県議選、定数は3で行くのか、2に減らすのか。

4年後の市長選、佐藤市長はどう動くのか。

 

選挙があって、次に政局があって、その上で政策が動いていく。

 

この状況でみんなが力を合わせて政策を実現して強い経済、優しい社会を実現するために注力できるのだろうか。

 

結局は選挙のことしか考えられないのだろうか。

 

その方がいろんな意味で楽で得なのだろうか。

 

図書館改革なんて吹き飛ばされてしまうのだろうか。

 

(後編につづく)

それでは今回は前回お伝えした3つのテーマの1つ目。

福田富一候補の対立候補についてです。

 

田野辺隆男氏。

 

「たなべ」とか「孝雄」とか間違えて書いても無効票にはならないと思います。

 

同氏のホームページによると

 

芳賀町出身

父が元県議にして町長

宇高から東大法学部

そしてNHK

 

抜群の経歴。

 

育ちがいい

頭がいい

 

誰がどう見たって立派で優秀な方だと思います。

 

私はご縁はほとんどないし(2つの意味で)、恩も恨みも全くないです。

あえて言うなら妬みしかない!

いや劣等感だな。(正直か!)

 

闇の告白はこれくらいにして、興味があるのはNHK出身で2016年の参院選は立憲民主党からの出馬なので、左の方なのだろうかということ。

 

今回は党派色を出していないけれど、それが戦術なのか、それとも左から右の方にシフトしたのだろうか。本当は中道だけど、民主党からしか出る枠がなかっただけなのか。

 

自分には分からない。

 

少なくとも鹿沼では左翼系の方が支援していることは聞いています。

じゃあその支援している方達は田野辺氏の本質が左翼だから支援するのか。

それとも左翼の方達にしたら福田候補が自公の枠組みから出馬している以上は、それを打倒する手段として田野辺氏がどんなスタンスだろうが問わずに支援しているのか。

 

それも自分には分からない。

 

その人を知るにはその人の友達を見ればいいとはよく聞く話ですが、私としてはご自宅で購読している新聞の銘柄こそ聞いてみたい。

 

朝日と読売と下野とか言われたらどうしよう。

 

これ以上は何も言いようがありません。

 

純粋な好奇心によりてお会いした上で話を聞いたり動画撮らせてもらえないかとも思いますが、私は福田氏推しである以上は、少しでも田野辺氏の知名度向上に資する言動は慎まなければなりません。

 

場合によってはこうして書くこと自体も問題があるのだろうか。

 

分別か!

 

ではまた次回。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

 

p.s.呪術廻戦の放映が楽しみです。要素としてはBLEACHとナルトを足したような印象ですよね!

何度も言いますが、「そして神戸」的なやつです。

 

前川清の微動だにしない姿勢で歌う様と福田富一知事の同様な立ち振る舞いからインスピレーションを授かりました。

 

ちなみに自分は動きが多い方です。

どうせ多動ですよ。

 

さて、

 

A.魅力度全国最下位・県民所得3位

 

B.魅力度全国3位・県民所得最下位

 

この2択だったらどちらを選びますか。

 

中高生が学校で一番の人気者だけど勉強がからっきしというならそれでもいいでしょう。

 

もしくはクラスでも目立たない存在だけど家が金持ちとか。

(それが良かったから!)

 

究極ですらない2択の答えがAなら知事選はそういうことです。

 

私の支持ごときはその理由も含めて毛ほどの意義もないのですが、

 

うっかり自民党鹿沼支部の知事選関連集会を見学に行ったらなぜか「支援する議員の1人」として紹介されてしまった以上は、告示の前に旗幟を鮮明にしておくのもケジメだと思うのです。

 

この後の投稿では、

①対立候補について

②鹿沼市内の知事選を軸にした政局的な動き

③県政について

を順番に少しだけ掘り下げてお話ししたいと思います。

 

選挙①があって、政局②があって、やがて政策③に到るという哲学によりてこの順番なのです。

 

いつも最後までご覧いただきありがとうございます。

 

p.s.全然ロードバイク乗れてない。寒くなると専用の防寒着が買えないのでまた更に乗れなくなってしまう。

 

下野には1面から3面までで所信表明演説に関する記事が7本ありました。

1面の最初の大きい記事、「トップ記事」の「解説」を1本と数えるなら8本になります。

数え方を教えて下さい。

 

そのすべての関連記事の見出しをすべて掲載します。

 

「見出し」とか「袖見出し」は記事のタイトルや要約ということです。

大きめに強調されてる文字です。

 

本文はあえて引用しません。

偏った紹介になってしまうリスクを極力避けたいのです。

極力フェアに事実のみをお伝えしたいのです。

ジャーナリスト魂です。

見出しが記事の要約である以上、それで下野の論調やスタンスは理解できるはずです。

不足であればご自宅の紙面でどうぞご確認下さい。

 

そう考えると、ここまで紹介してきた朝日、日経、読売、産経もこうすればよかったのかも知れません。

何より各紙の紙面を読み込んで自分なりに構成を考えたりする作業に骨が折れました。

前掲の4紙に対する私の引用や紹介に主観や偏りがないとは言い切れませんね。

菅さんも新聞記者も佐藤誠も人間なんだ。

 

1面

①『温室ガス「50年にゼロ」』

  菅首相、初の所信表明

  学術会議任命拒否触れず

  説明軽視から脱却を(解説)

 

2面

②菅首相所信表明に市民

 看板施策期待と疑問

 不妊治療保険適用「当事者の声を」

 「現実味がない」携帯料金値下げ

 

3面

③菅首相初の所信表明 厳しい話語る責任がある(社説)

 

④「菅色」連呼、懸案素通り

 首相の所信表明演説

 国民の目そらす思惑も

 負の遺産

 責任放棄

 

⑤不妊治療の所得制限撤廃

 首相、助成でミスリードか

 厚労省否定「議論し対応」

 

⑥「仕事師ぶりを感じた」与党

 「ビジョンや熱意ない」野党

  本県関係国会議員

 

⑦首相言い間違え 

 演説中に6カ所

 重点を「ゲンテン」など

 

以上

いつも最後までお読みいただきありがとうございました。

 

p.s.やっぱり毎日と東京も読んでみようかな

 

そして、産経。

 

あ、ノリは「そして、神戸」なのはお分かりのことと存じます。

 

産経は国防とか安全保障に力を入れている。

長く続いた安倍政権下では、安倍政権を批判する左翼に厳しい反論も展開していた。

しんぶん赤旗と朝日新聞の最大のライバルではなかろうか。

 

その産経らしさ炸裂の1面でありました。

 

トップ記事の見出しでは演説の内容に関していの一番に『外交・安全保障の基軸を日米同盟とし、中国には「主張すべき点はしっかり主張しながら(略)」』と取り上げている。

 

そして中国の脅威をあまり他紙が報じない姿勢とは対照的に、

隣の準トップ記事では尖閣諸島上空を飛行する海上保安庁の航空機に対し中国から「中国の領空を侵犯している」との警告を受けたと報じている。

国防の最前線の現場は既に命懸けなんですね。

『医療従事者への感謝』と同じくらいの敬意が示されないのは一度真剣に考えるべきではないでしょうか。

 

社説『国家観示し指導力発揮を』の中でも中国との問題に言及し、『国家観に関わる大局的な問題』が語られなかったのを『残念』としている。

 

さらには3面の『外交・安保危機感示さず』という記事でもミサイル防衛への踏み込んだ言及がないと嘆く。

首相とパイプの太い公明党(創価学会)との関係から『敵基地攻撃能力に積極的な姿勢を示すのは得策ではないと判断した可能性はある』との分析も併せて披露している。

 

1面からここまでの構成は全て狙ってのことでしょう。

 

私が擁護してどうなるものでもないが、首相のここまでみてきたスタイル上、必要以上に隣国を刺激したり警戒させるよりは、防衛についてやるべきことを淡々とこなしていくのではないかと推測し併せて期待もしたい。

 

演説自体に対しての評価は

1面で『菅カラー理念より実務重視』と銘打ち、『極限まで贅肉をそぎ落とした演説だった』、『国民は巻き込む対象ではなくサービスを提供する相手だという印象が垣間見える』と仕事人の姿勢を評価。

さらには『過去には口ばかり達者で、ほとんど何も実現できなかった政権もあった』と暗に民主党政権を批判するところはいかにも産経。

 

嫌いではないけれど、最近は私も誰とも喧嘩しない主義なので過度な挑発はいかがなものかと。

 

p.s.残りは下野ですが、購読されてるお宅も多いことと存じます。(だから?)

 

 

次に読売新聞。

ややアンチ巨人かつタイガースファンの私ですが、読売は普段も購読したいなと感じました。

政権に好意的だろうと想像できるその論調が理由ではなく、たまたま今日だけかも知れないが興味をそそられる記事が多かったからです。

やっぱり抑えておきたいよな〜。

まあそれ言い出したら結局7紙全部ってなるからここは我慢。

大きな節目の時だけこうして比較すればいいじゃないか。

 

さて、1面は演説と歩調を合わせるかのように淡々と事実のみを記載。

私としては新聞報道はすべからくこんな感じでいいのではないかと思うばかりです。

 

「具体的な政策を列挙し、実務色を前面に出した」その演説原稿作成の舞台裏が3面で語られている。

 

故事やエピソードを盛り込み『演説全体を「一つのストーリー」に仕上げた』安倍前首相とは対照的に、余計な話はいらないと首相が指示したのだという。

 

ちなみに私個人の一般質問や演説や原稿も安倍派だろう。

これはスタンスではなくスタイルの問題です。

なんにしても歴代総理の演説を読まねばと再実感。

 

一方で『答えがすでに見えているテーマしか演説で語っておらず、国家観も見えない』という某自民党ベテラン議員の発言も紹介している。

石破さんだろうか。

 

4面では二階幹事長の『具体的な課題の積み上げなく抽象的な国家像を言っても響かない』という擁護の発言を紹介している。

 

社説では温室効果ガス対策として『原子力発電所の再稼働に道筋を付けることが重要である」と、読売らしさ全開。

 

個別の政策に関しては『実現に向けた手順が曖昧なものが少なくない』、『人口減少対策や社会保障制度改革への踏み込みも物足りない』とし、国会論戦で説得力のあるメッセージを発信せよと注文をつけている。

 

全体的な国家観も、個別の政策の具体的な実現の道筋も、国民を鼓舞する言葉も、国民への負担の話から故事にエピソード、果ては説明責任も求められのか。

 

菅首相はそんなことよりとにかく結果を出そうという「スタイル」なのだと思う。

こういうものは人間そう簡単に変わりはしないのだ。

拉致も領土も憲法も結果を期待したい。

 

p.s.文章がやや長いので産経と下野はまた次の更新にします(言い訳)

 


産経、読売、日経、朝日、下野の各新聞社が所信表明演説をどう報じたか、翌日の朝刊を比較しました。

 

毎日新聞と東京新聞は省きました。

 

まず演説の全文を読んだ私のまっさらな印象は、可もなく不可もなくこんなものなのだろうと思いました。

何しろ今までの首相の所信表明演説の全文になど目を通したことがなかったので比較のしようがない。

これを機会に過去の歴代政権の一番最初の演説、特に第二次安倍政権と民主党鳩山政権のは読んで見なくてはならないなと感じました。

安倍政権の継承性は強く感じた。

継承で構わないので小さなことからでも着実に結果を出して欲しい。

 

最低賃金引き下げや押印廃止、マイナンバーカードの普及と保険証との統一、免許証のデジタル化などは本当に期待したい。

 

では朝日。

評価している予感は当然ない。

どう批判するのかにとても興味がそそられる。

 

天声人語では『所信表明演説で歴代首相のような耳目を引く言葉がなかった。』と切り出し、首相の雑誌での、アピール力は付随的なものであるとの言葉を引用し、

 

『心配なのは、「アピールをしない」と「説明をしない」がごっちゃになっているのではないかということだ。』と指摘し学術会議問題の批判に転じている。

全部それに持っていこうとし過ぎではないか。

 

まあ確かに国民を鼓舞する言葉はあってもいいのかもしれない。

ただし無くても私は困らない。

 

具体的な政策に対してはトップ記事で、『財源確保や国民負担への具体的な言及はなかった』と記述。

鼓舞しつつもしっかりと痛みを伴う可能性があることを示すことが朝日の考える理想の演説なのだろう。

ここは参考にしたい。

 

社説『国民の胸に響いたか』と題し『全体を貫く理念や社会像の提示は十分とはいえない』と批判。

明日からの国会論戦で『首相は逃げずに、正面から疑問に答える責務がある。』と締めくくる。

 

枝野代表の言葉『どういう社会をつくろうとしているのか、そのビジョンが全く示されていない。』を2面で紹介しているが、野党も学術会議問題という攻めやすそうな事項だけに「逃げずに」、広く国のあり方の議論を挑む「責務」を期待したい。

 

そうでなければ「胸には響かない」。

私は与野党双方を鼓舞したい。

 

次に日経。

なんとなく中立な予感。

 

一面では温暖化ガス2050年ゼロのみを大きく取り上げて、世界経済の状況を踏まえて、この挑戦が厳しいものであり、日本の経済産業金融などあらゆる面で改革が必要であると説く。首相の写真すらなし。

 

社説では『大局観がやや希薄な首相演説』と題し、『随分と素っ気なかった』、『日本をどんな国にしたいのか。やや伝わりづらかったのではないか』と論じている。

 

『できるものからすぐに着手し』ていくとする首相の言葉の裏には、『1年以内にある次期衆院選に向け実績づくりを急ぐ思惑が透ける』(政治面・4面)との分析をしている。

なるほど。

 

そうしなければワンポイントリリーフで終わってしまう危機感と覚悟があるのだろうか。

 

総選挙で勝利し総裁選で再選してからが菅首相の本当のカラーが出るのかもしれないが、仮にそうなったとしても、案外今と変わらずに地味に改革を積み重ねようとするだけかもしれない。

 

個人的には拉致や領土、憲法などの大きな課題にも挑んで結果を出して欲しいが、国民に本当に資する成果を上げ(続けて!)ていくのならそれが悪いこととは思えない。

 

次は読売と産経と下野を読んでみます。(もう夕方だけど...)

 

週間ダイヤモンド2020/10/10号書評

 

先に特集以外の記事を紹介したい。

コロナ騒動で飲食店の雇用吸収力が落ちているのでコンビニの求人に応募が急増しているそうだ。

賃金水準の低下が気になる。

またキャッシュレス経済に弱い人が感染リスクを低減するためにATMを利用する頻度を低下させる分引き出し額を多くしているという。

タンス預金が増えることで特殊詐欺の被害が増えないことを願う。

 

 

前回の議会で新聞のことを取り上げたこともあるし、仕事柄「地方」というと俄然興味が湧き手にした。

〈地域経済を牛耳り、世論を形成し、消費の場を提供してきたのがそれぞれ、地方銀行、地方紙、そして地場百貨店だった。だが人口減少と高齢化で成長は望めず、地域に深く根差しているが故にビジネスモデルを転換するのは容易ではない。彼ら地方エリートたちはこのまま没落していく運命なのだろうか。〉

 

スガノミクス再編の標的、地方銀行103行の地銀経営危険度ランキングで、足銀が30位、栃銀は61位。

ワースト1位は富山銀行。北陸の経済は手堅いはずだが、県内に3行がひしめき合っていることと、本業利益率の赤字、営業利益の減益額の結果。

ちなみに再編を見越しての思惑買いで栃銀の株価上昇率は約19%で対象上場地銀63行中2位。

 

下野新聞の過去5年間の販売部数減少率は8.5%でランキング41社中29位。

現在の販売部数は28万5千部。

栃木県の世帯数約80万で割ってみると、購読率は約35%。

3軒に1軒は下野を取ってると言える。これをどう見るかだ。

今年の夏のボーナスは33歳で約71万円。

自分は33の頃BMWを販売していたが、そのころのボーナスは…

 

百貨店に関しては栃木県関係の情報はなかったが、察するに最も厳しい業界ではないだろうか。

 

銀行も新聞社も我々からするとまだまだエリートにしか見えないが、こういうことは相対的に恵まれているからどうということにはならない。

その業界にいる人たちにしか持ち得ないそれぞれの苦悩がある。

地方テレビ局のアナウンサーや元新聞記者が政界に転身する事例が増えてきたのはそれ故なのだろうか。

政治こそ斜陽産業だというのに…

 

手に取れる幸せよりも

先の見えない自由を求めてしまう

そんな人間を止めはしない

その先に何もなくても

 

p.s.議長選挙の文章が書けない!(気持ちが乗らなくて)

p.p.s.じゃあ知事選挙のこと早く書こうよ!

 

「ネクトンとは」
「プラスチックはカップめん」
「天然素材のプラスチック」

世界中の海でプラスチックに汚染されていない海域はもうどこにもなく、
我々は知らず知らずのうちに海産物経由に限らずプラスチックを食べてしまっている。

動物の脳や肝臓に、マイクロプラスチックよりも更に小さいナノプラスチックが消化器官を通じて達している事例もある。

プラスチック自体に害がないとしても、製造時の添加物や漂流中に吸着した有害物質の影響も懸念される。

著者はサイエンスライターと紹介されているが、新聞社勤務の経歴もある東大の特任教授。

プラごみの海洋汚染の現状を、絶望でもなく、楽観し目を背けるでもなく、課題と希望も交え冷静に楽しく学べるファクトフルネスに満ちた大人向け入門書の現時点でのベスト。

中高生には前回紹介した本がいいと思うのだが、学問の道を志しているのならば、その世界の一端を垣間見られモチベーションアップの点でオススメです。

PS.議長選展望も書かないと…