中秋のケンタ窯

テーマ:
ケンタ窯、素焼き&本焼き今週一気にいくようです。作りためた作品、今回は久々に大物が多いかも。。。


(kenta90ツイート9月14日)
以前より宿題になっていて、なかなかイメージしきれなかった醤油皿付き刺身三点盛り皿、突然形が思い浮かんだので、そのまま作ってみた。
{B3D91DC8-4494-481A-A10A-58DDA04AD96E}
醤油皿付き刺身三点盛り皿。その後、下地に青と赤を入れて、全体に白化粧土をかけた。こういう形は、よく乾燥段階で変形したり割れたりするので、新聞紙をかぶせてゆっくり乾かします。
{0D3BE2AD-3F6A-4CCA-B0E6-F77D374C2828}

(kenta90ツイート9月15日)
絵を入れる額縁の構造って、結構いろいろあるみたいで、先日カミさんが使っていた木製のだったら陶器で出来るかなぁと挑戦してみた。縁の部分を空洞にしたので、見た目より軽くできたのではと思う。白化粧土を全体かけた。
{A81CA8AE-E401-4267-A576-397AE9C528FB}
{1E7F43F0-B560-43BC-9A22-7FA0D31CBA6D}

(kenta90ツイート9月20日)
おひつを作ってみた。山の家のご飯、鉄釜で炊いているのだけど、残ったのをそのまま入れておくと、鉄の臭いがついてしまう。そこでおひつを思いついた。内側に釉薬を掛けなければ、余分な水分を吸収するだろうし、保温も効いて機能的にも結構いいかも。
{5D88FEAF-196C-4353-A81E-20B725899963}

(kenta90ツイート9月26日)
今まで作った器の裏側には、篆刻の「けんたろう」を押していたが、最近どうしても高台の中にも化粧土や釉薬を掛けたくなってしまい、そうすると篆刻でつけた凹みが埋もれて消えてしまう。で、釘の先で傷つけるように名をいれてたら、カミさんが銅版画で使うニードルを貸してくれた。これメチャ良い!
{40CC9E66-77EC-47A0-B431-F31BFBC4EF3A}

(kenta90ツイート10月3日)
今日はこれから素焼きをします。今回は初挑戦のおひつ、久々のピザ皿などなど大物が多いうえに、新しいロータリーバーナーでは初めての素焼き。今までのよりパワーがあるので、かなり慎重な窯焚きになりそうです。
{A99242A0-2010-4AF8-BB53-A61C24772D7B}
素焼き、火入れしました。焚き口のレンガの積み方は試行錯誤。焚き口とバーナーとの間の空間が結構重要みたい。
{5B25E1F5-26CF-483C-8097-D734707EB6DF}

(kenta90ツイート10月4日)
透明釉薬作り。なかなか気に入った感じに焼き上がらず、このところ毎回配合を微妙に変えてみてます。
{C4D02A28-94AA-4A9E-88B0-5D4BAC92ECA3}
素焼きの窯出し完了。悔しいことにピザ皿に一本のヒビが…残念。
{153CA8C2-AD48-4CB1-A60F-6B465FE92A84}
今年4回目、通算36回目の窯焚き、先ほど火入れしました。
{2FE02844-E2E7-4DC5-B57E-77D793D4E368}


徹夜ですかねえ?
{9306176D-64D8-4613-AC49-640956AEDDFD}


今日は中秋の名月らしいですよ。
{2D65493B-1DDC-418A-883C-989E50D7061B}
AD