「シンバルもっと歌えよ!」高校1年の時に指揮者の田中智己先生に言われた強烈な一言だった。「... | 神楽師加藤俊彦の今度こそ続けるブログ。

神楽師加藤俊彦の今度こそ続けるブログ。

皆様とブログを通じても、楽しく過ごして行きたいと思います。
今後とも応援宜しくお願い致します。


テーマ:
View this post on Instagram

「シンバルもっと歌えよ!」高校1年の時に指揮者の田中智己先生に言われた強烈な一言だった。「太鼓なのに歌えって言われても、旋律ないし…」あれから20年!俺は太鼓で歌えるようになってきたのだろうか?今日は楽太鼓、締太鼓、鞨鼓、トライアングル、シンバルを使って菊の栄を演奏します。上智大学箏曲部は菊の栄、道灌、春の賦を3年サイクルで回しながら繰り返し演奏している。つまり1年生の時に憧れの先輩が演奏した曲を4年になり、演奏するのである。この定期演奏会に始めて参加させてもらったのは15年前!まだ20歳そこそこの頃…懲りずに使っていただける事に感謝して!若干手元にチケットが残っております。ご用とお急ぎ出ない方は、私に一報頂けましたから、チケット差し上げます。 俊彦拝 12月15日(土) 開場16時00分 開演16時30分 日本橋公会堂 4階 ◇曲目 遠砧 春愁 たぬき 日本の小箱 花紅葉 船の夢 菊の栄 ◇前売り300円 当日500円 #上智大学 #箏曲部 #三曲 #定期演奏会 #菊の栄 #邦楽打楽器 #iphoneりんごループ中

俊彦 加藤さん(@satokagura_)がシェアした投稿 -

satokaguraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス