神楽師加藤俊彦の今度こそ続けるブログ。

皆様とブログを通じても、楽しく過ごして行きたいと思います。
今後とも応援宜しくお願い致します。


テーマ:

七つまでは神の内と言う言葉がありますが、七つになるまでは、神の子だから、神社に子供を連れて行って、神様にお返しして、代わりに子消しをもらってくる習慣が実際にあったそうです。「通りゃんせ」の歌にも「この子の七つのお祝いにお札を納めに参ります」と言う歌詞があり、このことを指していますね。江戸時代には泣く泣く子供を手放さなきゃいけない事情があったのでしょうから、一概には否定は出来ませんが… 七五三!3歳は、女の子が髪の毛を伸ばし初めるお祝い!5歳は男の子が袴をつけ初めるお祝い!7歳は女の子が大人の女性と同じ帯をつけ初めるお祝い!七五三、足して15だから、11月15日にお祝いをするのですが、神にお返しする習慣がある中で行われていたのを知ると、ちゃんとお祝いしていかなきゃいけないと思うこの頃です。とは言ってもまだ僕には子供がいないのになんですが…笑 #七五三

俊彦 加藤さん(@satokagura_)がシェアした投稿 -

AD

加藤俊彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。