新型コロナ感染を増強させる抗体を阪大が発見、重症化に関与している可能性 (2021年5月25日) - エキサイトニュース (excite.co.jp)

 

大阪大学(阪大)は5月25日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者由来の抗体を解析した結果、新型コロナに感染すると、感染を防御する中和抗体のほか、感染性を高める抗体(感染増強抗体)も産生されていることを発見したと発表した。

 

抗体と聞くと

「敵の攻撃から体を守ってくれるもの」

という風に認識しますが

実際には抗体には様々なものがあり

ウイルスに対しては

感染を防御する抗体だけでなく、感染を悪化させる抗体や何の役にも立っていないように見える抗体

も産生されるという事が言われており

風邪を起こすウイルス達にワクチンができない理由の一つにも

この感染を悪化させる抗体を産生してしまうからと言われています。

ワクチン開発、急ぐべきでない 免疫学の第一人者が警鐘:東京新聞 TOKYO Web (tokyo-np.co.jp)

 

 

それでもこの危機的状況で必要なものは

「ワクチン」」ということで

見切り発車をしましたが

実は多くの人が望んでいるのは

「感染しても重症化しない薬」

という事は異論がないと思います。

だからこそ昨日書いたように現在のワクチンではまだ難しいミッションなのに

さもワクチンがそのような効果があると騒いでしまっている事に懸念を書いたわけですが…

 

そしてこの報告は2つ大きな意味を持っていると思います。

まず大きな一つは

新型コロナウイルスに感染してできる抗体においても

感染を防御する抗体

だけでなく

感染を強める抗体(感染増強抗体)

が存在すること

とそれが感染によって増えるという事

そしてその事はワクチンにおいてもこの抗体が増えることは確実な状態です

 

また、新型コロナ患者における感染増強抗体と中和抗体を測定し、その差を解析したところ、重症患者では感染増強抗体が高い傾向が認められたとするほか、非感染者においても感染増強抗体を少量持っている人が存在することが判明したともしており、感染増強抗体を持っている人が感染したり、ワクチン投与によって、感染増強抗体の産生が高まる可能性が考えられると研究グループでは述べている。

 

 

コロナウイルスワクチンでは「ADE」というワクチンを打った後などにむしろ重症化してしまうというリスクが報告されていましたから

今回のこの研究と研究結果は至極納得がいきます。

ほかの記事では

「ワクチン投与では感染増強抗体以上に中和抗体が増えるので現時点では多分問題ない」

という話をしているので今ワクチンを打つことにネガティヴになりすぎる事はないと思いますが

それでもこのADEが問題になるのは1年後などワクチンを打ってある一定程度時間が経った後といわれているので

中和抗体が時間経過で消失していく(敵が来なければ中和抗体がなくなるのは人体の免疫上当然の帰結なので)

のに対して

感染増強ワクチンが残存する何か機序があるのであれば

過去のADEの現象をある意味証明できたことになりますから素晴らしい発見だと思います。

ワクチンを打つことがこの感染を増強させる抗体を増やすことになってしまうことは

正直本末転倒で

本来は重症化しなくて済んだ人が重症化してしまう

という事が起こってしまうのも可能性の高い未来という事が指摘されますし

そうすると随時中和抗体を打たなければいけない身体

つまりワクチンを接種し続けないと危険な身体を作る

という事になってしまいます。

このような要素こそ

ワクチンをできれば打ちたくない人にとって大きな問題なのは

このようなニュースが出て

ある程度このような世界に精通している人であれば

すぐに想像がつくのに誰も報じてくれないのも不安をあおることになるからでしょうか…

 

 

 

今回のこの発見のもう一つの大きな意味としていえるのは

この「感染増強抗体」だけを特異的に封じ込めるもしくは破壊する薬ができれば

新型コロナウイルスに感染しても「重症化しない」

ということが言えます。

それこそが僕らの望んでいた新型コロナワクチンだと思います。

 

なお、研究グループでは、感染増強抗体の産生が重症化に関与している可能性があるが、実際に体内で感染増悪に関与しているかはまだ不明であり、今後の解析が必要であるとしている。また、中和抗体が十分効かない変異株に対しては、感染増強抗体が優位に作用する可能性があるため、将来的には感染増強抗体の産生を誘導しないワクチン開発が必要になる可能性があるともしている。

 

この記事にある通り

まだまだこの問題を解決するには困難なミッションが多くあると思います。

それでもこの発見のおかげで

「コロナウイルスに感染しても重症化しない」

ということが本当に可能になるかもしれません

今副反応やこのような問題を敬遠してワクチン接種をためらっている方には

これが完成すれば何よりも朗報だと思いますが

それができた時には

「今回のワクチンを打った若年者」

などを優先して接種させた方がいいので

「ワクチン接種をしていない人」

は後回しになるかもしれませんが…

そしてその時には

日本国に対しては

今までのようなワクチンを打てば大丈夫という「神話」

を謝罪して否定して

今回のワクチンを打った人から率先して行ってほしい

そこで変な意地やプライドは出さないでほしい

助かる命は助けてほしい

と心から願います

ワクチンを打っても防げない「ブレイクスルー感染」が米で1万件|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト (newsweekjapan.jp)

 

米疾病対策センター(CDC)が5月25日に発表した報告書のデータを基に、4月30日時点のアメリカのブレイクスルー感染の報告数を示している。

ここで言う「ブレイクスルー感染」とは、米食品医薬品局(FDA)が承認したワクチンの接種を完了してから14日以上が経過した後に、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たケースのこと。

チャートの数字が示すとおり、ブレイクスルー感染はこれまでのところ、きわめて稀だ。CDCの調査は2021年1月1日から4月30日までの期間に行われ、この間にワクチン接種を完了した米国人は約1億100万人。このうち46の州と米領土で報告されたブレイクスルー感染は計1万262件だった

 

今テレビを真剣に見ている人であればあるほど

ワクチンを2度打った後に待っている事は楽園のように感じているように感じます。

でも実際ワクチンを打ったあとどうなの?

という報告は少なく

今回のアメリカの発表はとても貴重な情報となります。

今までのワクチンの歴史から言っても

現実にはワクチンを打ったからといって感染しないわけではありません。

もし感染しないなら

それはワクチンではなく特効薬のようなものでしょう。

 

それでもなぜかずっとファイザーだけは大丈夫みたいな報告が多く見られていましたから

そのファイザーを打っているアメリカからの報告はとても意味があります。

その報告では

現状ではワクチン接種者1億人のうち1万人が再度新型コロナウイルスに陽性反応が出たとのことです。

これはアメリカの感覚ではとても稀で少ないということですから効果はあるのでしょう

しかし日本人の感覚としてはどうなのでしょうか?

このくらいの効果を期待しているようには到底感じません。

それでもこのワクチンには重症化しづらいというもう一つの切り札がありますから

この1万人が全員無症状ならワクチンの効果は素晴らしいものになるでしょうが

その報告は以下となります

 

 

CDCのデータによれば、この1万262例のうち6446人(63%)が女性で、患者の平均年齢は58歳だった。また2725人(27%)は無症状で、995人(10%)は入院となり、160人(2%)が死亡した。

入院した995人については、その全員が新型コロナウイルス感染症によって入院した訳ではなかった。このうち289人は新型コロナウイルス感染症の症状がなかったか、あるいは別の理由で入院したものだ。

死亡した患者の平均年齢は82歳で、このうち28人は新型コロナ感染症の症状が一切なかったか、新型コロナ感染症とは関係のない理由で死亡した。

 

この数字の恐ろしいところは

2725人が無症状ということは

7537人(63%)には症状があったということ。

そして重症化している人も死亡している人も少なからず出ていることです。

この発表はとても大事なことで

インフルエンザウイルスの時もですが

「重症化しない」と「重症化しずらい」はある種都市伝説のようなもので

 

その人はワクチンを打たなかったら重症化した。

ワクチンを打ったから重症化しなかった

 

と証明するのは本当に難しいもので

やはりワクチンを打ったら

「全く重症化しない」

ようにとらえられる報道というのはこのような結果からみても考え直さなければならない

と思います。

 

さらにこの数値からも容易に読み取れますし

この記事にも書かれていますが

 

第一に、報告されたブレイクスルー感染件数は、実際よりはるかに少ない可能性が高い。

「全国調査は自発的な報告に頼るものだったため、データは完全ではなく、現実を反映したものではない可能性がある。ブレイクスルー感染をした多くの人、特に無症状の人や症状が軽い人は、進んで検査を受けない可能性がある」と報告書は説明した。

 

無症状者が27%しかいないというのは新型コロナウイルスの今までの特徴からしたら異常です。

この数値通りなら

「ワクチンを打った方が、感染したらむしろ重症化や症状が出る」

という結果を生みますからそれは現時点の中和抗体がまだあるはずのワクチン接種者からは考えづらいでしょう

 

そう考えるとさらに多くのワクチン接種した無症状感染者が多く存在することになります。

 

このような報告を僕が今回あえて書いて強調したかというと

以下の2つの現在の日本のいびつな価値観が垣間見えるから

(当然日本人全員というわけではないです。)

①ワクチンを打ったら2019年当時の生活に戻れるような感覚

実際友達が働いている大型量販店などでは

ワクチンを打ち終わった高齢者が

「ワクチンを打ったんだからマスクなんてしない」

という態度をとる人がいるようです。

そのような人は今の日本の報道を見ると

「ある意味素直に真っ当に生きているのかもしれません」が

実際には感染リスクも死亡リスクもあります。

そのことを理解してもらいたいという事

 

②ワクチンを打たない人のせいで新型コロナウイルスが終息しないので皆打つべきだという強要感

現在の報道ではワクチンは素晴らしいものでこれさえ打てば①のようにもとに戻る

ように錯覚させる報道が多すぎて

ワクチンの取り合いになっていますしワクチンを打たない人が感染するからコロナが終わらない

ような報道も散見します

しかし実際はワクチンを打っても打たなくてもまだまだしっかり換気とマスクをきちんとしなければならない

のは悲しい現実です。

 

まだまだ現在ではワクチンは未知な事も多いですし

正直まだ治験中という

本来であれば人体に率先して使うにはまだ検査が少なすぎる

という状態で使わざるを得なかったものですから

リスクを避ける人の感情も当然ですから

 

今回のワクチンに関しては

ワクチンを打つ自由

ワクチンを打たない自由

もあると思います。


 

ワクチンを打つのも当然の権利ですし打たないのも当然の権利

そしてこの打たない権利を主張する人にも将来ワクチンかそれに近いものを打ってもいいかな?

と思わせる明るい未来が見えるかもしれないニュース

がありましたので次回はその話を書きたいと思います

 

 

東京、京都、大阪、兵庫に出た緊急事態宣言ですが

札幌も明日より時短営業がスタートしますし

この後には緊急事態宣言だってないとは言えない情勢です。

 

それでも

感染者数が増えたから「緊急事態宣言」

というだけにしか見えない現状の緊急事態宣言では

正直何も変わらない…また同じことの繰り返しでは?

という思いが強くなってしまうのは自明の理で

 

多くの人が思っている。そして声に出している

考察や反省や今後の展望などをしっかり出してもらえないと困る

という点がどうしてできないのかと思います。

これではただ税金を補填のために吐き出しているだけで、そこからは何も生産されていないただの負のお金でしかなく

それをばらまいて延命しているだけで未来の子供達に借金を増やしているだけでしょう。

 

アベノマスクなんていう究極に無駄なものを感染対策で出してしまった後遺症なのでしょうか

何か対策をできている!!

という感じのものが何もなく

ワクチンだけが希望の種になっていますが、正直ワクチンはいたちごっこになっていくのは現状ですら明白なので

もっと抜本的な対策がないと正直今の国民の憤りは消えないでしょうし

何も政策として打ち出せていない

ただただ自粛と制限を繰り返すだけになってしまっているようにしか思えないでしょう。

 

 

僕個人として思う

これまでの感染状況やウイルスの特性から

今本当に国民に対して国が率先して打ち出すべきことは以下の2点だと思います。

 

①一人で行動するだけ+人としゃべらないで済む環境以外は医療用マスクをつけるように政策をたてる

 

まず大事な事は感染防御の原則です。今一番コストパフォーマンスをよくできる一番の感染対策は

医療用のように「きちんと基準をクリアしたマスクでの感染防御」です。

今やすべての国民が「感染防御」のためにマスクをつけているのですから

感染防御になる「きちんと基準をクリアしたマスク」をきちんと国民に安定して安価で供給できる環境を作るべきでしょう。

その基準を国でしっかり順守して検査してもらい、そのようなマスクを作っているところには補助金を出すなどして市場価格を抑える事も重要でしょう。そうすれば基準をクリアしていないマスクも基準をクリアするように製造していくでしょうし、これからインフルエンザなど様々なウイルス対策に有効になるのは明白です。

 

②換気をクリアできる住環境への補助や技術発展。そして換気をクリアしている場所への制限の緩和

 

感染防御に最も重要なのは換気です。

それはウイルスを扱う仕事をしている人皆が思っているでしょう。

研究所でウイルスを扱う場所を見てみてください。

絶対に外には空気が出ない構造の中で手だけを入れて行っています。

その空気は絶対に外には出ず、中で吸い取る形でやっているから研究者は感染しないで研究できるんです。

なので一番大事なのは換気なのは明白なんです。

もし研究者に

「新型コロナウイルスのワクチンを打つから換気の悪い場所で新型コロナウイルスの研究をしてよ」

と言ったら

皆が当然に断ると思います。(それは感染だけでなく研究の質にもかかわりますが(笑))

それくらいその換気システムでの研究というのは大事です。

結局ウイルスはエアロゾル環境が一番やっかいです。

多くのクラスター感染はこのような換気の悪いエアロゾル環境下で起こっている印象が強く

それが悪者にされやすい飲食店やカラオケ喫茶などで見られるクラスターの正体だと思います。

なので職場でも様々な換気の悪い環境下で防御力の弱いマスクでいれば

マスクをしていても感染するという事態は避けられないでしょう。

なので何よりも大事なのは換気。

例えば焼肉屋や天ぷら屋など匂いが気になる場所は換気の能力の高いものを導入しているお店も多く、そのようなお店というのはむしろ職場でランチをするより安全かもしれません。

それでもそのような調査もせずに

マスクを外すから。

お酒を伴うから。

食事をするから。

という理由で休業要請を出されてしまいます。

正直すべて一緒くたにというのは違和感があり、本当に対策として休ませるなら

きちんと換気の基準を設け、それをクリアしている場所は営業できるなどをすべきだと思います。

それが「正しく経済を回す」という姿だと思います。

 

しかしこのような一部のお店や業態はしっかりできていますが、多くの場所にとって一番難しいのも換気です。

外の空気が入っていても滞っている場所があればダメですししっかり循環路を作らなければなりませんし

それはエアコンや暖房など温度調節をするものには大敵になってしまいます。

僕は全てクリーンルームにできるのが理想だと思っていますが、現状ではコストが高すぎてできないでしょう。

それでもそのような換気システムというのはこれから必要になってくるでしょう。

そう考えると国はそのような換気基準を設ける。そして今の部屋の構造でも(地下のお店などでも)対応できるような換気システムに投資をし新しい換気システムを作っていくそしてそれを国民に使いやすく導入するのも大事だと思います。耐震構造などと同様でそのような建築基準を設け、そしてそこには今の形態でも可能な技術を安価で作ってあげるのも大事だと思います。

正直今出ているこのような対策の多くのものは「気休め」でしかなく、対ウイルスでは「気休め」ではこのような感染が継続してしまうので…

 

さらに言えばこれから新たな変異型のコロナウイルスや新型インフルエンザなどが出てくる可能性は高いでしょうから、そのたびに作らなければならない、そして人体に悪影響も及ぼす可能性のあるmRNAやベクターのワクチンよりもその方が万能ですし、日本人には薬よりも環境作りの方が適している気がします。

 

この2つが本当に感染対策としてやってほしい事で

正直2020年以前の状態に戻すのではなく

コロナウイルスに打ち勝つために新たな生活スタイルを作る

ということにはこの2つが必須で、特に②ができればマスクはその役目が少なくなる可能性も高いので考えてもらいたいものです。

処理水の風評や安全対策を議論、政府が閣僚会議の初会合…年内に行動計画」

 
この
原発の「浄化水」を海洋に放出
というニュースを見たときに
あまりにも知識がなかったので調べてみました。
 
僕らは2011年の原発事故をリアルタイムで見ました。
あの時のショック、衝撃はいまだに忘れられないもので
アメリカのワールドトレードセンターに飛行機が激突した時と
同じくらい忘れられない衝撃となっています。
 
原発の爆発を防ぐのに水で冷やす
そしてその時にできた水が汚染水というのは当時から知っていました。
でもそれはあまりに放射性物質に汚染されているから放出できない
というのも当時の常識でした。
それが今回放出できる状態にしたので放出しますという話です。
 
それを可能にしたのがALPSという技術のようで
そのALPSで浄化したのが「浄化水」で
それはトリチウムという放射性物質は入っているが
トリチウムは世界中で空気や海洋に放出されているものなので問題ない
ので当然この「浄化水」も放出できるし
さらに言えば日本の他の原発もトリチウムは年間かなりの量を放出している
という事のようです。
 
それが本当なら素晴らしいことです。
でもここでまず僕にとって疑問だったのは
「ほかの国や、ましては自国でも
「当たり前に放出しているもの(トリチウム)」を
何故今回わざわざ日本は発表して
放出の許可であったり宣言と理解を求めたのか?」
という点でした。
「安全なものでしかも今まで当たり前に放出していたものを放出する」
そんなもの溜まってあふれるくらいになる前にやっちゃえばいいもの
と思いませんか?
 
TVの報道ではそのような話しか出ていませんで
ニュースの印象では「浄化水」だから一応言っただけなのに
他の国は自分たちもトリチウム放出をやっているのに茶々を入れてきてる
ような印象をもってしまいますし、なら放出しちゃえばいいじゃん
というように感じるような報道です。
 
でも実際はどうなのでしょうか?
東電も認めている内容ですが
ALPSで浄化した水「浄化水」には
実はほかの多くの放射性物質が完全に除去できているものではないという点が実は大きな問題になる
ということでトリチウムの量というものだけが問題ではないということです
 
東電のHPの内容「以下斜字

「多核種除去設備」では福島第一原子力発電所で発生する汚染水に含まれる、すべての放射性核種を取り除くことができるのですか?

汚染水に含まれる放射性核種のうち、トリチウム以外の大部分の核種を取り除くことができます。

「多核種除去設備」は、福島第一原子力発電所で発生する汚染水を浄化する設備のひとつです。この設備にある、吸着材が充てんされた吸着塔に汚染水を通すことによって、放射性物質を取り除く仕組みになっており、トリチウム以外の大部分の核種を取り除くことができます。
なお、汚染水に関する国の「規制基準」は
①タンクに貯蔵する場合の基準
②環境へ放出する場合の基準の2つがあります。周辺環境への影響を第一に考え、まずは①の基準を優先し多核種除去設備等による浄化処理を進めてきました。そのため、現在、多核種除去設備等の処理水*はそのすべてで①の基準を満たしていますが、②の基準を満たしていないものが8割以上あります。
当社は、多核種除去設備等の処理水(告示比総和1以上)の処分にあたり、環境へ放出する場合は、その前の段階でもう一度浄化処理(二次処理)を行うことによって、トリチウム以外の放射性物質の量を可能な限り低減し、②の基準値を満たすようにする方針です。

つまり現状のタンクに貯蔵している浄化水は環境に放出する基準はクリアできていない
そして再度浄化処理をすることで
環境へ放出する基準をクリアすることができる
という内容ですが
この文章の怖いところは赤で強調した部分
トリチウム以外の放射性物質を可能な限り「軽減」
という「軽減」という言葉です
 
他の国は
「トリチウム」を放出しているだけ
日本も「トリチウム」を今までは放出していた
「浄化水」もトリチウムを放出するだけ!
という顔をしていながら
実はほかのたくさんの放射性物質も軽減して基準以下だから放出します
という事です。
これって世界から批判がくるのは当然ではないですかね?
 
もしほかの国がこのようなことを公海に対して勝手にやろうとしていたら
反対するのが当たり前です。
正直日本の反論
「ほかの国もやっている」
という発言には恥ずかしさすら感じました。
 
さらに言えばその「軽減でクリアしたい基準」は
あくまで「日本国の規制基準」というようにも読めます
世界基準と日本基準がどんなものなのか説明はないですし
調べても出てこないので
世界基準でそのような物質は「全く放出してはダメ」な可能性もあります。
なかなか恐ろしい問題です。
僕らにはそのような面を無視して「風評被害にならないよう」という善人の行為のように話しているわけですから…
 
トリチウムならOKなのかというのは議論があるでしょうがもう世界中が放出してしまっているものですし
今この「浄化水」で議論するものではないでしょうが
この他の放射性物質はそうはいかないのが当たり前です。
日本国が言う「日本国の放出基準をクリア」すれば「放出」していいのか?
やはりほかの国から批判が来るのは致し方ない印象があります。
 
 
正直もうそうは思えませんが
それでも安全なただの水だったとしましょう。
そうなると最後の敵は「風評被害」です。
 
菅総理大臣が「風評被害に不断の努力を」
と言っているので
じゃあ「風評被害に不断の努力」
というのはどのような事をすればいいのでしょうか?
口で言うのは簡単ですがこれほど難しいものはありませんし
どうせ総理というのはやめてしまえば無責任。
菅総理があと何十年も総理をやる人だと思っている人は皆無でしょうから
「前の総理が言った詭弁」のようになってしまったらそれこそ最低です
 
 
なので僕なりに考えてみました
ALPSで浄化し環境放出基準をクリアしたものを世界の反対している国や信頼できる環境保全団体や自然団体など反対するであろう人たちに調査をしてもらい放出しても問題ない「浄化水」である事を証明してもらう。
 
そもそもそこを証明できないものを海洋に放出すれば風評被害は絶対に発生し長続きします。
もしクリアできないのであればそれをクリアできるまで技術を革新するか放出以外の方法を考えるしかありません
福島の漁師だけでなく日本の漁師の問題ですし、僕らのような日本の魚を食べる人たちすべての安全に関係する問題ですから
世界中を納得できるものでなければ「海洋放出」は世界だけでなく日本でも風評被害が出てしまうでしょう。
 
その水で発育させた生物、植物を養殖し成長に全く問題ない事を証明する
 
「薄めて大丈夫な水」「飲めるくらいの水」なら「生物をその薄めた水で発育させても問題ないはずです。
その養殖されたものをしっかり数値で測って安全であることを確認
そして菅総理などすべての関係者は
毎日その養殖されたものを一定期間食べて健康調査をする
それで全く健康被害がないことを証明
これは現時点でその安全な浄化水が存在しているわけですから「2年後の放出」前にできることだと思います。
 
少なくともこの2つが必須だと考えます
もし風評被害ではなく本当に被害があったときに
またお金で補填すればいい
と考えているなら
「税金をなんだと思っているのだ」
という話ですし
日本人の魚文化を破壊なんて絶対に起こしてはならないものですから
石橋をたたいてたたいて渡ってもらわなければ本当に困る問題です。
 
もう満杯だから放出します
なんて次元で許されるものではない
風評被害で済めばまだいい。本当に害がない事を心から願うし
害が出たら僕らは未来のすべての生物に本当に取り返しのつかないことをしてしまった
と反省では済まない事態になってしまう
くらいに正直今回のニュースは感じます。
 
国が放出決定したら従わなければならない
これでは民主主義ではありません。
ましてや教育を受けた国民ではないでしょう
本当に大丈夫か世界だけでなく日本人にも正しく情報を開示して
しっかり納得させてもらいたいです!
 
 

昨日の札幌は季節外れの雪

結構な吹雪で訪問歯科診療で運転していた僕としては

リアルタイムで吹雪とぶつかり

4月でもう春だと思っていたのに

と何か悲しい気持ちになりました。

気温も0℃で寒いし

もう4月だという気持ちには全くなれない天候でした

 

でもこんな珍しい事もあるんだな

と楽しめる気持ちも大事だと思いますし

まさに「なごり雪」という感じで

風情だった気もします

 

ただこれだけの大きな気温変化は

身体もついていくのが大変で

体調が不安定や不調に陥る要因の一つですので

皆さんは体に普段以上に気を付けて

お過ごしください