美しすぎる、重すぎる | ミ―ナに恋をして

ミ―ナに恋をして

誰も読まない、誰も覗いてくれない、寂しくてしょうがない、甘えたい、すがりたい、泣きたくてしょうがない、でも、誰も助けてはくれない。そんなブログを書いてみよう。


テーマ:

美しすぎる、重すぎる

 

マンガ「君たちは、どう生きるか」

美しすぎる、重すぎる

「清く正しく美しく」

「そうあらねばならぬのだ」

やっぱりそうか、明治の人だ

温かくて、優しい感じ

五臓六腑にしみわたる

 

「君たちは、どう生きるか」

人は、それぞれ生きている

修身、道徳、心得ひとつ

「清く正しく美しく」

刷り込まれて、洗脳されて

優しい心に包まれて

どっぷりつかって生きている

 

辛酸をなめ尽くす

酸いも甘いも味わって

のたうち回って、這いずり回る

結局南極、北斗星

意味などあるまい生きること

自分と勝負、真剣勝負

コントロールは、ど真ん中

「清く正しく美しく」

 

一度失敗、またやり直す

こけた分だけ、強くなる

「君たちは、どう生きるか」

思いやりだよ、気持ちの問題

自分と、どう向き合うか

自分と折り合い、照れくさい

ハッピーエンドでトントンだ

 

悩み苦しみ、迷い道

道草、道端、野の花畑

石ころひとつ拾って投げる

遠くでガチャンと割れる音

おそらくガラス、窓ガラス

逃げるが勝ちだ、知らんぷり

 

反省しきり、呵責の念だ

謝る勇気が出てこない

姑息で、うじうじ、蛆虫だ

ごまかし、まやかし生きている

恥ずかしいが、仕方ない

「そうやって、俺は生きる」

小石のコロさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス