ミ―ナに恋をして

誰も読まない、誰も覗いてくれない、寂しくてしょうがない、甘えたい、すがりたい、泣きたくてしょうがない、でも、誰も助けてはくれない。そんなブログを書いてみよう。


テーマ:
おそらく、人魂、たましい、お化け屋敷
お墓の中を浮遊する
青白い光、不気味な感じ
生前の思いが化けて出る
にゅうっと手が出る、わしずかみ
首の根っこを捕まえる
お墓の中の悲鳴は怖い
震えが止まらん、眠るまで
 
 
中国の主義主張

「唐心」「シナかぶれ」

そんなものに、染まった奴を
極力排除、阻止するために
生まれてきた言葉が
「やまとだましい」
 

「やまとだましい」という言葉の意味について

 

サッカー女子「なでしこジャパン」や野球「侍ニッポン」という言葉がマスコミやテレビに登場して賑やかにしています。

 

「大和魂」とは

りのない正直な心をありのままに評価し、語った言葉」が「やまとだましい」だとあります

 

また、「人間の土臭さ、まごころ、率直さ、ありのまま、素朴さ、飾りのないこと、小利口ぶらないこと、つつましいこと」を言うとあります

 

古代から、ずっと昔から変わらない日本人の魂を何かから守ろうとして、自然に出てきている言葉が「やまとだましい」だとも言っています。

 

本居宣長が、僧侶・契沖が下記の歌を評してほめたたえた時の言葉であるとも。

 

「ついにゆく道とは かねて聞きしかど きのふけふとは 思わざりしを 」(古今集の歌)

 

だれでも必ず行く道だとは、かねてから聞いておりましたけれども、昨日や今日という差し迫ったことだとは思っていませんでした。と「自分の死を前にして作った歌」とあります。

 

主に戦時中の「教育」や「武道」に深くかかわる言葉だと思っていましたが、全く違っていました

 

特に外来(中国・シナ)からの「からごころ」(唐心)を極力排除し忌み嫌ったもののようです。

 

あくまでも「シナの学問かぶれ」を戒めた言葉だといいます。

 

とにかく「日本人としてのプライド・誇り・自信を持たせてくれる、素晴らしい言葉だと思います」

 

「人間の土臭さ、まごころ、率直さ、ありのまま、素朴さ、飾りのないこと、小利口ぶらないこと、つつましやかであること」

 そんな「やまとだましい」にあふれるあなたが、「まぎれもない日本人」なんです

 
にゅうっと手が出る、わしずかみ
首の根っこを捕まえる
震えが止まらん、眠るまで
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小石のコロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。