石橋真幸、執念の復活劇② | 佐藤嘉洋オフィシャルブログ「明るく生こまい」Powered by Ameba

石橋真幸、執念の復活劇②



2012年
その後もKrushの名古屋選抜に選ばれるなど、キャリアを一戦一戦積んでいく石橋真幸

だが……その悲劇は訪れる。

10月のナゴヤキック、セミファイナルで組まれた一戦。
開始早々フラッシュ気味ではあったがダウンを奪われ、焦りの見える第2ラウンドにそれは起こった。
両者の膝蹴りの交錯があった刹那、

パコーン!!

という妙な音が会場中に響き渡った。
そして足をついたときに、ピョンピョンと石橋が飛び跳ねている。
足でも攣ったのだろうか。
おいおい、何をやっているんだ、と私が思った瞬間。
石橋の右足は、スネの半分から下がグニャリと折れ曲がっていた
悲鳴が上がる場内。
すぐさまゴングが打ち鳴らされる。
私はただ呆然と会場後方から、その光景を見ていた。
ロープに手をかけ、「折れた……」と石橋が口にして、なんともいえない感情に襲われた。
私には、石橋の「折れた……」が「終わった……」に聞こえた。

スネには二本の骨がある。
太い方の脛骨(けいこつ)と細い方の腓骨(ひこつ)だ。
2005年のK-1MAX世界トーナメントで、
魔裟斗vsザンビディス戦のとき、魔裟斗が折ったのは細い方の腓骨だった。
石橋が折ったは太い方の脛骨。
ヒザとヒザが交錯したときに、
相手のヒザが力の入っていない脛骨にちょうどタイミングよく入ってしまったようだった。
救急車を待つ間、ドクターと病院側とのやり取りも鮮明に記憶に残っている。

「骨の開放はありませんが、おそらく脛骨の骨折です。
整復の処置は済んでいます。よろしくお願いします」

開放、とはすなわち骨が皮膚を突き破っている、ということだ。
でも私は見た。
石橋の折れた骨の部分が、突き破っていはいないものの、
今にも貫通せんばかりに皮膚を伸ばしていたところを。

足が完全にへし折れて、まともに蹴られるはずがない。
本人はもう二度と蹴ろうなんて思えないはずだ。
将来を期待された若手キックボクサーが、
怪我に泣かされ、その選手生命を断たれてしまうのか。

いや、もう続けない方がいい……。

患部の腫れが収まった数日後、オペが行なわれた。
手術室では、ケツメイシがずっと流れていたという。
「はじまりの合図」が聞こえてきた、と彼のブログで述べられている。
その間、石橋は自分のプロとしての選手生活を思い浮かべた。

俺は何回くらい地獄のような練習を積み重ね、何回くらい修行のような減量をしてきたんだろう……。

彼には「はじまりの合図」が、ひょっとしたら「おわりの合図」に聞こえたのではないだろうか。

2012年11月初旬。
手術は無事成功し、退院後に電話がかかってきた。
画面には「石橋真幸」と表示されていた。
普段のやり取りはメールでやっているから、どういった電話なのか当然察知した。

「佐藤さん……今までありがとうございました」

選手引退の挨拶だった。
私は名古屋JKフィットネスの仕事へ向かう途中だった。
私はこう答える以外になかった。

「本当によく頑張ったな」


続く

石橋真幸、執念の復活劇①
石橋真幸、執念の復活劇②
石橋真幸、執念の復活劇③
石橋真幸、執念の復活劇④
石橋真幸、執念の復活劇⑤
石橋真幸、執念の復活劇⑥

明るく生こまい
佐藤嘉洋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試合直前情報
公開練習&インタビュー動画


2014年3月23日(日)
名古屋国際会議場イベントホール
セミファイナル第10試合
佐藤嘉洋vsペットマンコン
開始15:00 
大会終了予定19:00
私は多分18時以降?

VIP席40,000円(打ち上げパーテイー・パンフレットつき)
SRS席20,000円
RS席13,000円
S席7,000円
A席5,000円

佐藤嘉洋応援シート締め切りました!!
それなりのご応募ありがとうございました!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐藤嘉洋が講談社から作家デビュー。
処女作
『悩める男子に捧げる 1001のローキック』
販売中。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妊婦の坐骨神経痛に有我式骨盤矯正も好評、
ぶる~と整骨院

3月いっぱいは新規会員4月、5月の増税分もサービス
名古屋JKFitness