あなたが批判否定された時に起こる因果の話をしていきます


因果というのは原因と結果という言葉をつなぎ合わせた仏教用語です
あなたがもし批判されたり否定された時もしくは逆の場合、賞賛されたりしたときに起こる因果についてご説明していきます

あなたが何かを言われた時、批判でも否定でも賞賛でも肯定でもその時には二つの因果が起こっています


あなたは批判、否定、賞賛、肯定、その言葉を受け取りそれにより、感情を発生させたり、気持ちを高ぶらせたり、落ち込んだり、怒りを覚えたり

もしくは褒められたりして気持ちよくなったり、心地よさを感じたりしていきます


そこにはあなたが受け取ったという原因と、あなたが感情を発生させてそれによって行動をとったり、発言したりする
要するに落ち込んだり、喜んだりする。それが結果となって現れてきます

それはあなたの因果です


そして相手はあなたに怒りを覚えたり、批判し否定をするために、まず落ち込んだり蔑むために嫉妬したり、もしくはあなたに憧れたりして褒めたり肯定したりそういった感情がまず起こっています

これが原因となり、そしてあなたに批判否定をする言葉を投げかける態度に出す

もしくは憧れを持ったその気持ちを行動に移して、褒めたり持ち上げたりそういった言葉を話します

これが結果となっています
このように因果は二つ同時に起こっています
この因果のうちあなたが受け取った原因と結果をすっかりとあなたの力で解消したのであれば、残る因果は相手だけに移ります
要するに人生というのはこのようにあなたの力であなたの


因果を打ち消していき、そして解消させていくことが目的であり、相手の因果は相手の力で消したり、もしくは解消させたりしていくことが必要となってきてます

このことに気づいたのであればしっかりとあなたの心はあなたの力によって動か さなければいけないということに気づいていくということになります

これが悟りの門への第一歩になっていきます