渋谷区の新庁舎を視察してきました | 佐藤美樹(さとうみき)のサトミキ☆ブログ

渋谷区の新庁舎を視察してきました

来週からの区議会第3回定例会とその後の決算委員会にて、本庁舎整備について質疑する予定なこともあり、また、隣接区でもあるので、渋谷区の新庁舎を視察してきました。


広い敷地ではないですが、壁面緑化を施しコンパクトで洗練されたビル。
1階玄関から中に入ると、巨大スクリーンの前にインフォのデスクがあり、横にはコンビニと軽食取れるカフェ。
※世田谷の新庁舎、コンビニなどテナント誘致について、全く議論されてきていないので、次の決算委員会で取り上げたく。


13階と14階が区議会で議場は、まもなく本会議始まるタイミングで会派が代表質問の読み合わせ中のため、外から見ました。

議席の後ろに、赤ちゃん連れで傍聴できるスペースや車椅子用のスペースがあります。
※世田谷区も、「親子席」として、こうしたスペースを設ける予定ですが、ベビーベッドなどはないのと、一般傍聴席と同じ1つ上の階に設計されています。

職員全員に、新庁舎への移転前からタブレット(Microsoft surface)を貸与、フリーアドレスまではいかないまでも、どこでも作業できる基盤になっていました。
今年11月議会から、議会側にもタブレット導入(議会はiPad プロ)するとのこと。

執務スペースも見ましたが、今の世田谷区の役所で見かけるような壁面びっしりのキャビネットは皆無でした。
「必要最小限の紙資料、ファイル」だそうで、デスクにも、課長級以上のみ袖机(引き出し)がある仕様。

職員の人たちは、自席で食事できないそうで、フロア内にあるラウンジスペースやカフェ、または外で食事するそうです。

「(世田谷と)同じ区役所とは思えない」が率直に思うところ。

世田谷の本庁舎も、ハコの形(ハード面)は変えられないまでも、中身について、まだまだ間に合うわけですから、働きやすさや効率性を最大限発揮できる環境にむけて整えてほしいし、提案していきたいと思います。