オリパラ関連のイベントで思うこと | 佐藤美樹(さとうみき)のサトミキ☆ブログ

オリパラ関連のイベントで思うこと

東京2020オリンピック・パラリンピック(以後、オリパラ)の1年前プレイベントの1つである「シクロポリタン運行」が観れる・体験できるイベントに行ってきました。


初のシクロポリタンのイベント。 

ですが、いろいろと要改善ポイントがあり。


【要改善点: 告知周知について】

シクロポリタンを、こちら↓のイベントで走らせるとのことだったのですが。

https://www.city.setagaya.lg.jp/event/sonota/d00181043_d/fil/chirashi.pdf


イベントチラシのどこにもシクロポリタンが載っていません😅


イベント自体の所管が都市デザイン課で、

シクロポリタンの所管は産業振興公社の産業政策科学だから連携が上手くいかなかったのか、、


産業振興公社の方のホームページを見に行けば、わかるようにはなっていましたが、、

https://www.kanko-setagaya.jp/?p=we-page-entry&spot=283908&nav=none


【要改善点: 内容面】

当日は、当該イベント(うままちプラス)に出店しているお店のうち、世田谷みやげになっているお店で1000円以上買うと写真撮影ができ、2000円以上なうと写真撮影➕乗車ができるという設定。


世田谷みやげを同時にアピールする、販促に繋げるのはいいと思いますが(ちょっと高いけど)、その割に対象店舗が6店舗ほどしかなく(和菓子、飴、ビール、レモネード、カレー等)、選択肢が少なすぎでした。


また、車体本体も、横浜市からレンタルだから仕方ないのかもしれませんが、パウチしたA4紙がボディに貼られている程度で、あまり目立たない感じでした💧


当日は、ドライバーとして若い男性がスタンバイしていて、けやき広場を出て、馬事公苑外周をグルっと回ってくるルート。
車道を走るには、車が少ない道路・タイミングでないと厳しそうです。

オリパラ時の観光用の車体として活用するには、様々課題があるように見受けられましたが、先行自治体である横浜などの活用状況を見てみたいと思います。