2017-03-21

小学校のセキュリティについて

テーマ:子ども・子育て

今回、予算委員会文教領域で「学校(特に小学校)のセキュリティについて取り上げました。

 

15年前におきた大阪の池田小学校事件のこともあり、小学校に入る前の保護者の方からは、よく「学校の門が常に開いているのが心配」という声を聴きます。

いろいろ周りの小学生を抱える保護者にも聞いてみたら、「うちの学校は、門扉に守衛さんが立っている間は空いているけど、いない時はしまっているよ」とか、学校によって「常時施錠なし」「時間帯によって施錠」とさまざまなことが分かってきました。

さらに、世田谷区だと小中学校の改築を年間2校ペースで実施しておりますが、改築時にはオートロック設備を導入するとのことで、施設整備上の違いもあるとのこと。

 

それで、教育委員会事務局に調べてもらいました。

 

・オートロックを導入しているーー中学:1、小学校:15

・正門の施錠をしているーー中学19、小学校46

・正門横の通用口の施錠をしているーー中学12、小学校32

※世田谷区内の小学校数:63校、中学校:29校

 

施設整備(オートロックの有無)で差があるのは、改築の実施の有無によるので、仕方ないと思いますが、正門や正門横の通用口の施錠について、こうもバラツキがあることに驚きました。

 「施錠をしている」といっても、その時間帯の設定も学校によってまちまちです。

子どもが多く校門を通過する登下校のタイミングは施錠せず、その以外の時間帯は施錠するような運用をするところや、正門入ってすぐの校舎入口に主事室(学校のさまざまな用務にあたってくださる方のこと)があり、ここに人がいる間は開錠しているところも。

 

施錠をしてしまうと、「地域に開かれた学校」という方向性と矛盾するのではないかという意見もありますが、「地域に開かれて」いることや、地域とともに運営することと、「不審者の侵入を防ぐ」ことはやはり、別の論点かと思います。

 

予算委員会でも申し上げましたが、「施錠ができている学校がなぜできているのか」「できないのはなぜなのか」の、このばらつきを検証して頂いて、出来る部分についてはセキュリティ度合をあげていくような対策をとってほしいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

佐藤美樹(さとうみき)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。