2017-03-12

世田谷の学童BOPについて話そう会!を開催しました。

テーマ:子ども・子育て

去年3月末に初めて実施した「世田谷の学童BOPについて話そう!会」。

 

今回は、去年に引き続き、放課後NPOアフタースクールの平岩代表をスピーカーにお招きし、いまの子ども達の放課後について、さまざま事例を紹介して頂きつつ、一緒にディスカッションをしました。

※放課後NPOアフタースクール:http://npoafterschool.org/about/?gclid=COb6k6GU0dICFYZjvAodpvMCNA

 

ちょうど、娘と同じ学年のママたちが多かったので、この4月から学童BOPを利用するのに「これからどうなるのかな?」とか「こういうのあるといいな」といって意見がでました。

区の児童課長も見えたので、いろんなトピックスについて、相反する意見・主張・見方があるものも。

例えば、「学童の時間延長(現行世田谷は18時15分なのでこれを19時までにしてほしい)」や「長期休暇中、業者にお弁当注文(長期休暇中、学童の子たちはお弁当持参)させてほしい」という件。

時間延長は、親ニーズには添えているのかもしれないけれど、子どもの成長や自立といった意味ではどうなのか?とか

お弁当注文は、夏場とか、朝もってきたお弁当は腐るのが心配だから冷蔵庫にいれたりすることを考えると、子どもにとっても美味しいかもしれないけれど、アレルギー除去の懸念は親の持たせるもののほうが少ない、とか。

 

世田谷は、学童に「定員」を設けていないので、月20時間以上の就労があればだれでも利用できる仕組みにいまはなっていますが、保育待機児の次の波が小学校のほうに押し寄せてきている中、「学童の場所が確保できない」という課題が大きくなってきています。

 「学童」は保育なので、行政機関でいうと福祉系所管(世田谷だと子ども若者部)。

方や、学校は教育委員会なので、この辺の縦割りが歴然とあるようですが、

せっかく「学童BOP一体型」という運営を世田谷はしてきているので、

「学童も学校の一部」ぐらいになっていって、学校の延長の要素も入るとよりいいのになと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

佐藤美樹(さとうみき)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。