黒狼さんの日常

黒狼さんの日常

日常のこと少しとオカルトとか不思議な事について、まったりゆるーくやっていきます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

今は夏休みで、今日は特に予定もなかった。
僕は二つ上の兄と近所の川へ釣りに来ていた。
昼食をすませ家を出たときは、雲ひとつない青空だったのに、いざ川について釣りを始めたとたん、すぐに空は曇りだし、じめじめと湿気の多い風が体にまとわり付き始めた。
もしかしたら夕立でも来るかもしれない。
そう話はしていたものの、せめて一匹くらい釣りたいという気持ちがあって、僕らはもう少しここで粘ることにした。


今釣りに来ているこの川は、家の近くと言っても自転車で三十分ほど掛かる小さな山の谷間にある。
草木が生い茂っているのと、川のおかげか多少他の場所よりは涼しく思えた。
僕達が乗ってきた自転車は、山のふもとへ続く小道の入り口に停めてあり、今いる場所からほんのニ、三分のところで、ここから見える。
兄は暇らしく、釣竿を倒れないようにそばにあった大きめの石の隙間にたてかけると、大きく背伸びをした。
僕も同じように釣竿を置くと、持ってきていたペットボトルのお茶を一口飲んだ。

「ん・・・・・?何だ、あれ・・・・・」
兄が、かなり下流の方を見ながらつぶやいた。

兄が何を見つけたのか気になり、僕も同じ方向を見る。
その先に、ふといつもと違う何かが見えた。

恐らく、兄と同じものを見ているだろうと思い、僕はつぶやいた。
「・・・あんなところに、かかしなんかあったっけ?」

ここは、僕らのほかにも釣り好きな人達がよく来るので、河川敷はある程度手入れが行き届いているのと、川がまっすぐなために視界は良かったので、そこそこ離れた所まで見ることができる。

民家から少し離れたこの川のそばに、畑なんかなかったのだが、僕はかかしのような奇妙なものを見つけた。
僕に見えているものは・・・・。

白い、かかしのようなものが僕には見えていた。
ここからは結構離れた所にそれはあったので、細かいところまでは見えないけれど、かかしのように十字にはりつけにされているか、人間が両手を広げているかのように見えた。
体と思える部分は真っ白で、伸ばした手?の部分も白い。たぶん、白い服を着ているのだろう。
黒くて長いもの・・・髪の毛だろうと思われるものが顔を覆ってだらんと垂れ下がっているようにみえた。

いつ、誰があんなものをあそこに置いたのか、ちょっと気になって、僕はかかしのようなものを見ていた。
その白いかかしのようなものをみて少しすると、違和感を覚えた。
よく目を凝らしてみていると、その白いかかしのようなものは、動いているのだ。
正確な大きさはわからないけれど、予想だと普通の大人くらいはあると思う。
誰かが動かしているのかと思ったけれど、人が居る様子もない。

何かがおかしい。
白いかかしのようなものを見ていてそう思った。
何がおかしいと思うのかわからず、僕はしばらく白いかかしのようなものを見ていた。
はっきりとはわからないけれど・・・。
どうも、白いかかしのようなものはぼやけて見えているみたいだ。[r]ぶれている、とでも言うのだろうか。
しかも・・・気のせいか、ほんの少しずつこちらに近づいてきているような気がした。

僕は不安になり、兄を見た。
兄はずっと白いかかしのようなものを凝視しているようだったが、何だか様子がおかしかった。

「兄さん・・・・?」

僕は何だか恐くなり、兄に声をかけた。

兄は僕の言葉には返事も返さず、白いかかしのようなものを凝視していた。
その顔は青ざめて、恐怖からなのか体がこわばり、がくがくと小さく震えているようにも見えた。

「兄さん・・・・・?」

もう一度、声をかけてみる。
返事はなかった。
じっとりと、湿った風が体にまとわりつき、不快感が強くなっていく。
「兄さん!兄さんってば!!」
兄は僕が怒鳴っても、白いかかしのようなものを凝視していた。
何かが、おかしい。
僕は、不安でたまらなくなり、兄の腕をつかんだ。

「!!」
兄の体は氷のように冷たく、鳥肌がたち、小刻みに震えていた。
驚いた僕は、兄の顔を見た。
兄の顔は血の気が引いてさっきよりも青ざめていた。額には脂汗がにじんでいる。
一体、何が起こっているのかわからなかったが、あの白いかかしのようなもののせいだと思い、僕は・・・・。

僕は、兄の手を取り、その場から逃げ出した。
僕達が乗ってきた自転車で逃げようと兄の手をひっぱって自転車まで駆け出した。
兄は、自分では動こうともせず、僕が強く手を引っ張らないと歩き出さなかった。
すぐそばに・・・数メートル後ろにあるのに・・・。
何故か自転車までなかなかたどり着けない。

何度か後ろを振り返る。
白いかかしのようなものとはまだかなり距離があった。
兄をみると、虚ろな目でぶつぶつと何かつぶやいていたが、聴き取ることができない。
僕が手をひいてやらないとその場から動こうともしない。
どうしよう・・・。

僕は・・・。
僕は恐くて、まともに考えることができなかった。
とにかくあの正体不明な白いかかしのようなものから逃げたくて・・・。
兄が一緒だと逃げられないような気がした。
僕は・・・・。

僕は兄の手を離すと、一人自転車へと走りだした。
兄はその場で立ち尽くして、その場から動こうとはしなかった。
僕は、自転車に飛び乗ると後ろを振り返るようなことはせず、前だけをみて逃げ出した。
[r]
ふもとに続く一本道を物凄いスピードで自転車で降りていく。
道は緩やかな下り坂になっていて、時々転びそうになりながらも、何とかふもとの道に出た。
それでも、まだあの白いかかしのようなものが追ってくるのではないかと、家へと向かった。

家に着くと、自転車から飛び降り、玄関を開け、そのまま二階の自分の部屋へと向かい、部屋に入るなりドアを乱暴に閉めた。
カーテンもしめて布団にもぐりこみ、僕は一人がくがくと震えていた。

「・・・・」

どれくらい時間がたったのだろう。
どうやら僕は眠ってしまったようだった。
恐る恐る布団から出る。[r][r]
部屋の中は真っ暗で、家は静まり返っていた。

ふと、兄が戻ってきているのかが気になった。

僕は、気になって隣の兄の部屋に行くことにした。
恐る恐る部屋のドアを開ける。
特に何の変わりもない、いつもの風景だった。
隣の兄の部屋のドアをノックする。
返事はなかった。
僕は思い切ってドアを開けてみた。
真っ暗な室内には、誰もいなかった。

兄は、どうしたんだろう・・・。
もしかして、まだ戻っていないのだろうか・・・・?
もしかしたら、もう戻って母たちと話しをしているのかもしれない。
僕はゆっくりと、階段を下りて、一階のリビングへと向かった。

階段を下り、廊下沿いに歩くと、リビングがある。
リビングは明かりがついていた。
人影らしきものも見える。
僕は、母さん達がいるんだ、とやっと安心できた。

リビングのドアノブに手をかけ、ゆっくりと開ける・・・・。

「母さ・・・・・・・!!」
僕は、自分の眼を疑った。
そこには、あの白いかかしのようなものと、虚ろな目でぶつぶつ何かを言っている兄の姿があった。
そして、床には母らしき人が倒れていた。

目の前の光景に驚いて後ずさった僕は、何か、にぶつかった。
僕が後ろを振り向くより早く、後ろにいる何か、は僕の首を物凄い力で締め付け始めた。

「ぐ・・・・が・・・・」

息が出来ない!!
締め付ける力は弱まるどころか、強くなっていく。
僕は意識がだんだんと遠のき始めた。


最後に、僕の眼に映ったのは、コトバとも叫びとも区別のつかない、奇妙な叫びを上げて僕に手を差し出している兄の姿だった。


END
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス