それができるのは

テーマ:

おはようございます。
昨夜の「going!」です。


アメリカの
データ専門会社が


日本の金メダルは
4つと予想


そのうちの1つが
羽生結弦選手


怪我による



4ヶ月のブランクで挑む
平昌
(ブランク?)


期待される
オリンピック連覇はあるのか
(あるに決まってる!)


最新の競技結果や



選手の動向を
分析


現時点(1月10日)で
五輪が行われたとの
想定で算出


今シーズン
出場したのは
2試合のみ


4か月近いブランクで
(ブランク?)


平昌オリンピックを
迎えるが


不安はないのか
(ないっ!)


羽生選手の場合は
これまで大きな試合を
たくさん経験してきてる
経験がありますので


どういう風なことが
起こりうるか
想定して


自分自身がそれに
どう対処するか方法を
持っている


たとえ



復帰が平昌五輪の
ショートになっても


シーズンの初戦だと思えば
大きな問題ではない


たくさんの4回転を
跳ぶ選手がいても


難易度だけでなく
質と出来栄えが重要


4種類やった選手よりも



3種類でも2種類でも
勝ることができる得点を
出すのは間違いない


現在男子の



世界最高得点は



4回転ジャンプ
2種類だった


羽生結弦選手



緻密なプログラムを
滑ることが重要


それができているのは
昨シーズン世界チャンピオンの
羽生選手


〈END〉


荒川静香さんの
心強いキラキラ金言キラキラ


羽生選手にとって
ブランクは
ブランクじゃない。

質や出来映えが良い
ジャンプを跳び

緻密なプログラムを
滑る

それができているのは
羽生選手!


どうか良い練習が
できていますように。


今日のゆづはトロントの空の下
天気は晴れ 最高気温は-4℃
元気にご飯食べて
笑顔でいてくれますように


最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。


画像は日テレ様よりお借りしました。

フィギュアスケートランキング
水星と土星を見るのは難しい…
AD

コメント(2)