心を強く持とう

テーマ:

今日も練習を
頑張っているね。


横浜市広報課様のTwitter
羽生選手が出演した
「真夏の氷上カーニバル」に関する
ツイートを順番にまとめてみました。
神奈川区制90周年を記念して開かれた
「かめ太郎 真夏の氷上カーニバル」
エキシビションには
ソチ五輪金メダル&現世界王者の
羽生結弦選手が登場!


会場は横浜銀行アイスアリーナ。
6年前の東日本大震災で
羽生選手の地元・仙台市のリンクが被災。
かつて指導を受けた恩師の縁で
約20日後にこのリンクに移り
再び滑り始めました。 


ここで練習を重ね
そして各地のアイスショーでも
滑り続けた日々。
1年後の世界選手権に初出場すると
見事銅メダルをつかみました。


今回のエキシビションでは
「花になれ」を披露。
難しい跳び方をしながらの
高く美しいジャンプや
代名詞のイナバウアー
情感あふれるステップで
会場を沸かせました。


羽生選手の演技後のメッセージ。
今日は、神奈川区90周年という
本当にすごく歴史のある
そしておめでたい日に


こうやって皆さんの前で
この神奈川で滑ることができて
本当に嬉しく思います。
呼んでくださり
本当にありがとうございました。
(子どもの声に微笑んで)ありがとう。


このリンクがまだ
ちょっと古いころに
僕は震災のときに
ここのリンクを借りて
何とかスケートを
続けることができました。


本当に辛いことも
たくさんありますし
楽しいことも
スケートをやっていれば
たくさんあると思います。


そういった、辛いことだったり
楽しいことだったり
一つ一つ、ちゃんと胸に抱いて
少しでも皆さんが
幸せになれるようにと
思いながら滑らせていただきました。


これから
オリンピックシーズンが始まります。
本当に、あと1か月ちょっとで
僕もシーズン初戦が始まります。


その初戦に向けて
またしっかりと練習を重ね
そして皆さんの前で
滑らせていただいた
この、みんなのあったかいパワーを胸に
オリンピックそして今シーズン全体を
頑張っていきたいなと思います。
今日は本当にありがとうございました。


その後は約70人の小学生に
「羽生先生」のスケート教室。
羽生選手のプログラムに入っている
あの動きも!
やさしく分かりやすい指導に
子どもたち、楽しそうでした。


教室後の羽生先生のお話。
スケート楽しい人、手を挙げて!
転ぶの嫌いな人、手を挙げて?
転ぶの好きな子、手を挙げて!
転んでもいいよ。
いっぱい転んでもOK。
僕らも、たくさんたくさん転んでます。


ジャンプの練習したり
スピンもよく転ぶし。
ステップでも転んじゃう。
たくさん失敗して
ただ失敗するだけじゃなく
どうして失敗しちゃったのかな?って
失敗しないような工夫を考えよう。


そうしたら絶対うまくなります。
頑張ってね。
いつか一緒に試合に出られるのを
楽しみにしてるよ。
それまでおっさんも頑張る。
ありがとうございました!


オリンピックシーズンを迎え
「これまでいろいろな先生に
お世話になったなと感じている」
という羽生選手。
恩師・都築章一郎コーチは
「結弦とこんな風に写真を撮るのは初めて」
と教え子の成長に目を細めました。


今回5シーズン前につくった
エキシビションプログラム
「花になれ」を滑った理由について
羽生選手は


「震災からの復興がテーマの作品。
被災したあと
心を強く持とうと
思った曲であり
苦しさをばねに頑張ろうという
思いを込めたプログラムです。

子どもたちの前で滑るにあたり
歌詞がある曲でもあることから
子どもたちにそうしたメッセージが
伝わればと思って選びました」

〈END〉



あらためて
このスケート教室の
ゆづくんの言動を
見返すと


自分は転んでも転んでも
氷が怖くなかったし

1回転アクセルを
教わるとすぐに
できてしまったのに

転ぶのが嫌な子や
できない子の気持ちも
考えて発言しているところが

流石だなぁって思います。

そして子どもたちの前で
なぜ「花になれ」を
滑ったのかの理由も。


今日のゆづはトロントの空の下
元気にご飯食べて
笑顔でいてくれますように


最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。


画像お借りしました。

フィギュアスケートランキング
うぅ~っ、この時期は体中が痛くなる。
AD

コメント(4)