2017年3月9日。
この日は7回目の抗がん剤治療が始まる日。
 

3月頭に行われたCT検査の結果では、転移している肝臓の腫瘍が少しだけ小さくなっていた。
 
そのため、今の治療は効果があるとみなされ、継続する事になった。
 
でも副作用も食事療法も本当に辛いものだった。
あれだけ苦しい思いをした3カ月の成果が、あの程度だった事が相当な焦りを生んでいた。
 
 
特に食事療法は、もう限界寸前だった。
 
味のない食事など、舌の肥えた現代人が続けられる訳がない。
 
でもいま食事療法を止めたらどうなる?

食事療法をしているからこの程度の状態で済んでるのでは。
そう思うと怖くてなかなか止められない。
 
 
抗がん剤は今使っているもの以外にもあるから、もし効果が無くなっても次の薬がある。
 
その次の薬もある。
 
でも所詮それは片手で数えられるくらいのもの。
 
そして癌が縮小する確率、いわゆる奏功率は2種類目、3種類目と重ねるごとに、急激に低下する。
 
結局のところ、ステージ4の大腸がんにおいて、抗がん剤治療は単なる延命処置なのだ。
 
 
妻はこの時32歳。
 
そしてこの時、二人の子供はまだ3歳と生後7カ月。
 
治療を頑張って長く生きる事が出来た。だから良かったね。
 
なんて絶対に許される事ではない。
 

CT検査の後、私は必死の思いで新たな治療方法を探した。
 
第4の癌治療と言われる免疫療法は最後の切り札と考えていた。
 
なにしろ治療費が数百万にのぼる。
 
 
いずれ彼女の身に危険が差し迫った時、藁にもすがりたくなった時に考えたいと思っていた。
 
その考え方は大きな間違いだったのだが、それは後の祭り。
 
 
とにかくこの時は、免疫療法以外という条件で、色々と探した。
 
そこで見つけたのが、
 
「ハイパーサーミア」
 
と言われる治療法だった。
つまり温熱療法と言われるものだ。
 
 
7回目の抗がん剤治療の前日。
 
治療開始の可否を判定する血液検査と、次に選択される予定の抗がん剤「イリノテカン」の感受性テストのため、病院を訪れていた。
 
 
感受性テストとは、この薬を使った場合の副作用リスクを事前に調べておく、といったもの。
 
副作用の度合いを事前に調べたられるのは、確かに有難い事だけど。
 
どれくらい効果があるか。を事前に調べられる方がいいな、とこの時に思った。
 

そしてハイパーサーミアの治療について主治医にも相談しておきたかった。
 
温熱療法は正直なところ今現在、流行している治療法では決してない。
 
でもそのロジックは明解。
 
 
癌細胞は高熱に弱い。

人間が自分で高熱になれる範囲、たとえば40度くらいでは癌細胞は死なないが、42度程度だと死ぬ可能性が高まるらしい。
 
実際に癌患者がインフルエンザで高熱を出した後、癌細胞が消滅していた、という例もあるらしい。
 
その癌細胞の性質を利用して、専用の機械を使い、癌細胞が存在する場所にピンポイントで熱を与えるという治療方法だ。
 
 
とにかくこの分かりやすい治療方法は、私達にとって大いに魅力を感じた。
 

主治医の先生に相談したが、温熱療法には詳しくなかった。
 
でも標準治療を第一に考えつつも、患者の望む治療をしてあげたいと考えてくれる人だったから、快く紹介状を書いてくれた。
 
通う病院がもう一つ増える。
 
 
抗がん剤治療は継続する。
でもそれだけではいずれ癌に敗北するのは必至。
 
新たな治療ハイパーサーミア。
 
必死で考えて選んだもの。
 
新たな治療への期待と、自分は全力を尽くしている、そういった気持ちから少しだけ心が前向きになっていた。
 

いま手に掴んでいるもの。

それは明るい未来か、それとも空虚なものか。
 
 
まだ答えを知らない時期だった。