東京現代奇譚2017~「コンサドーレ・サザン大好き」奈良ブログ

北海道コンサドーレ札幌&Jリーグ★サザンオールスターズ&桑田佳祐★フォーク&歌謡曲★70年代DISCO&Genghis Khan★を愛する【29歳だけど中身は昭和な道産子のブログです】

北海道コンサドーレ札幌ゴール裏で熱く応援しています!!!!

★Born in SAPPORO★Live in TOKYO★Die in SAPPORO★

人と人とのご縁を大切にして、将来は大好きな札幌へ帰ります!!


テーマ:

6/25 祝サザン39周年!!!おめでとう‼︎‼︎

サザンが、桑田さんが居るから、

人生が豊かになりました(^^)


30周年⇒2008年、雨の日産スタジアム

『真夏の大感謝祭』

35周年⇒2013年、感涙の茅ヶ崎公園野球場

『灼熱の~解禁‼︎


懐かしいな。茅ヶ崎Liveはもう4年前か。

どっちも行って、行けて良かった。


#あの日から何度目の夏が来ただろう

#出会ったり別れたり繰り返し

#美しい思い出も大切だけど

#人生はこれからを夢見ることさ


ソロでは新曲、簪♪

#サザンオールスターズ #39周年

#桑田佳祐 # #wearesasfamily

#いつもありがとうございます

#夏フェスなんて出ません ⇒出る

#アルバムなんて出しません ⇒?

#ツアーなんてやりません ⇒?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

AWAY鳥栖遠征。試合前に佐賀新聞の取材。

「鳥栖の注目選手は?」と聞かれ「え⁈鳥栖の?」と思った(若干イラっとした)ので、


(対戦相手の注目選手なんか居ないよと思いながら)、札幌戦に出ない同時刻開催のU20W杯vsイタリアに出場する鳥栖FW田川亨介選手の名前を挙げた訳で…笑


また行きたいなー。鳥栖。

三原豆腐店の豆腐生チョコ美味しかったなー。


「えーと、小石龍臣選手、シュナイダー潤之介選手、矢野マイケルです!」とか昔在籍した選手の名前挙げたらどんなリアクションしたんだろ?笑

(面倒臭すぎるやり取りなので止めたけど)


…ただでもJリーグ詳しいのに、親友が鳥栖サポだから、鳥栖についてもやたらと詳しい私。


でも、楽しいインタビューだったな♬

って事で鳥栖新聞デビュー(笑)

⇒佐賀新聞に取材を受ける奈良勇一さん


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◾️前書き◾️
人間よく区切る事が好きだ。
私もあと約半年で20代を終える。普段あまり年齢を気にしないのだが、20代という区切りは、大学生の頃や、特に就活時においては、明確に区切っていた……

◾️20代でのキャリア形成◾️
◯20代でのキャリアビジョンはこうだ
【大学生時代】
●大学1〜2年生…人見知り、人前NG、引っ込み思案と自分の事を思っていた。人前に出ない仕事をしたかった。当時は編集者やジャーナリスト希望だった。(今思えば、何事も対人は必要だ。)そして、北海道が大好きだから絶対に北海道は出たくないと考えていた。

●大学3〜4年生…就活が始まり、ほぼ営業職しかなく、あー人生終わったと思った(笑)ただ、他己分析により自分の強みを知り、自己評価との乖離に気付く。ここまで、どちらかと言うと女々しくてなよなよ系だったが、そのまま20代過ごして良いのか?という疑問になり、せっかくなら最初は自分が嫌な仕事を経験しよう→営業職、かつ厳しい会社に行こうと考えるようになった。
うちは、なにかあっても親を頼る事は出来ないし(金銭的援助等)、自らの力で人生生き抜かなければならないと思っていた。学も才も無かったから、そういう考えに至ったのだと思う。

【社会人】
●22〜24歳→厳しい環境、泥臭い仕事、楽を選択しない、迷ったら辛い道へ、メンタル強化も兼ねてやりたくない仕事をやる。自分のキャパシティを拡げる為に苦手な事に視野を向ける。自分という小さい輪を大きくする為に、同世代の人と会う機会も多くした。

●25〜27歳→本来の自分の良さに加え、上記で培った胆力、体力を活かし、ド営業からコンサル系の営業(提案営業)にシフトチェンジ。(経営学に興味があったし、色んな人との出会いもしたく、対経営者の仕事をしたかった)

●28〜30歳→上記2つでの経験を活かし、何かの業界を選択する。

社会人最初の3年間では、営業会社で心身共に鍛えられた。部下を持つ経験も出来た。かなりキツかったが、やり切れた。通信のド新規営業からのジョブチェンジは難しいと周りを見ても感じていたし、対法人営業もしたかったので、転職を決意。

次の3年間では、また0からのスタート。未経験の為給料も新卒に毛が生えた程度からだったが、3年後にはチームを持ち、待遇等も満足いく所まで這い上がった。2000人近くの社長と会った。最初の3年間以上に足を使ったかもしれない(笑)
次のキャリアステージも与えられていたが、違う道へ行く選択をし、次のIT業界へ飛び込んだ……

社会人になった時に20代は3年スパンで考えていたから、大体そこは思い通りになった。あの時こういう選択をしていたら、今また違う環境に居たのかもと思える事もある。

さて、20代〜、30代〜、40代〜、50代〜と区切るのは、キャリアの話だけではない。


◾️20代でのライフプランニング形成◾️
◯自己実現欲求の達成に向けて
特に私は『仕事』<<<『コンサドーレ』『サザン』『やりたい事』であり、WANTは多い。
そのWANTをどう実現するかという点が、自己実現出来るかもかかなり重要だった。

ライフプランニング表をしっかりと作成したのは、大学3年生の時と25歳の時。
ライフイベントや夢や実現したい事、やりたい事、貯金目標、年収目標などなど、細かく出した。

元々裕福な家庭では無かったので、ちょっととした夢ややりたい事も、大学生や20代前半の頃は、かなり贅沢にあたる事だった。

当時、自分は欲しいものなんて買えない、海外なんか行けない…等、要はお金のかかる事は、自分には出来ないと思っていた。

その中で20代やりたかった事を簡単に挙げてみる。
◆結婚は…、中学生くらいの頃から漠然と28歳か29歳に結婚すると言っていたし、大体その通りになった。

◆海外へ行きたい…は、新婚旅行でハワイにも行き、去年は香港にも行った。正直ね、周りでは普通かも知れないが、私には大きな事だった。

◆コンサドーレの応援の為に全国遠征をしたい…は、20代半ばまでは札幌に年2回行くのがやっとだったが、最近は東北、四国や九州等自由に行っている。

→マズローではないが、私の中の20代での欲求段階説があるとすれば、この2〜3年でだいぶ満たされているといえよう。大変素晴らしきことである。


さて、ここでの本題は20代までだけの話ではない。
30代にどう突入するか……だ。

◾️30代でのキャリア形成とライフプランニング◾️
◯20代で繋げてきた点をいかに30代へ繋げるか
20代はある程度明確に『こうしていきたい』があったから、そうなる為にどうすれば良いかと、日々の行動に落とし込む事が出来たが、30代はまだ何もないのだ。

『キャリア』も『ライフプランニング(自己実現目標)』も考えた事がなかった。このままでは、「あー20代頑張ったなー」「今もだいぶ満足出来てるなー」で終わってしまう。

今までは、厳しく環境に身を置きたい、部下を育てたい、チームを持ちたい、経営者と会いたいなどの『内発的動機付』と自己実現欲求を満たしたいという『外発的動機付』が良いバランスにあった。

満足してしまうと、やっぱり成長曲線って止まっちゃうのかな。その危機感もあり、前職がぬるま湯になってきて辞める決断にも繋がったのだけれど。


◾️最後に◾️
キャリアについては、当時は素直に「良い」なんて思える事も少なく、今後に繋がる為に良い環境だと考えたくらいだ。30歳を迎えるにあたり振り返ってみて、良かったなーと思えるところがある程度で(笑)

自己実現欲求の方が強い。20代半ばまでは土日も仕事していたし、その自己実現欲求の充実を放棄していた。周りからはストイックに見られる事もあったが、同期や先輩の方が圧倒的に意識が高くてストイックだから、全然だったかな。
自己実現欲の充実の放棄は、その時の頑張りが20代後半以降に反映されれば良いなと考えていたから。反映されたかはわからないが、「あの時にあれだけ頑張った」というのが心の拠り所になっている側面もある。

30代に向けてのキャリア形成やライフプランニングを改めて作って見ないとなー。という危機感。
まずは自己実現欲求段階を上げるところから。


〜追伸〜
さて、思考を言語化する事で、自分へのフィードバックとなるという事で、私はここにアウトプットする。

人間考えている事はあっても、それを言語化しないと、考えるだけになってしまう。書く、話す…何でも良いから言語化しアウトプットする事が重要だ。

20代では、
●前半は、嫌でも言語でアウトプットしなければならない環境だったし、周りもそういうマインドの奴らばかりだった。
●半ばでは、そういう機会が少なくブログでの書く事でのアウトプットが多くなった。
●後半は、この作業を対経営者との会話(商談)の中で行う事が多かったかもしれない。質問される機会も多く、必然的にアウトプットする事が多かった。
なぜ上京した?とかの話もそうだし、アウトプットする事で、俺ってこんな事考えていたなとか、これしなくちゃというきっかけになる。

最近はこの機会が少ないから、また書く事でのアウトプットとなっている。

まー、振り返えると、自分には何もないとか、自身の無さから、がむしゃらにやろうとした20代だったのかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。