佐世保・長崎 採用定着サポートセンター
佐世保・長崎 採用定着サポートセンターの旧ブログです。
  • 30Apr
    • “文筆を分泌してみて”の画像

      “文筆を分泌してみて”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。言葉というものは本当に大事で、その準備や構成、あるいはその言葉を聞いた相手に与える印象というもの想定し、これを巌に取り扱わないと、一国の大臣がその役職を解かれてしまう程の影響があります。(どなたか余裕のある方、ツッコミいれてあげてください)そして「考えることは、書くこと」という言葉があるように、人の思考というものもハッピーだろうがモヤモヤしようが結局は何かしらの言葉(「モヤモヤ」という言葉もそのひとつ)に収斂していきます。また、考えるから書くのか、書くから考えるのかという順番の問題もありますが、どちらも正しいような気がしていて、例えばずーっと考えていたことや、ふとした瞬間に「ややっ!」と思い付いた考えをバーッと書く(頭の中にすでにあるものを言葉にする)ということもありますし、逆に、頭が空っぽであっても、紙にただのひとフレーズ、例えば「約束の時間にあの人は来なかった…」みたいな「それっぽい」言葉を書いてみるだけで、何やらその後のストーリーが頭の中に浮かんできて小説めいたものの発想が次々と生み出され「っぽい」が取れて「それ」になる、なんてこともあります。約束の時間にあの人は来なかった・・・…約束の時間にあの人は来なかった・・・…(あれ…)約束の時間にあの人は来なかった・・・…(えっと…)…とまぁ、こういう風に何もアイデアが浮かばないことももちろんありますが(笑)、浮かぶ時は代謝物が分泌するかの如く体の芯からベタベタと(笑)アイデアが出てきて「筆が乗る」のです。…と、どうしてこういうことを考えたかというと、昨年の5月1日からブログを初めて本日で365回目なのですが、「まず書く」ことの重要性をこれでもかと痛感できたからです。「まず書く」をすると、なんというか、汗のように体の中から何かが分泌されて言葉になっていくと、そういう体験がスタートします。そして、この体験を通して、コーチング等で取り扱う行動喚起(初動)にも通じる、まずはとにかく手を動かしてみる、足を動かしてみる、笑ってみる、泣いてみる、大声で叫んでみる、飲めないお酒を飲んでみる、隣人を愛してみる、知らないお店(スナックがおススメ)に飛び込んでみる、といった「まず動く」ことがその後の大きな「大河ドラマ」を呼び起こすきっかけ足り得るのではないかという、以前から薄々気づいていたことの確信を得ることが出来ました。今後この分泌活動(笑)はその頻度や様相が徐々に変わることになるやもしれませんが、いずれにしても頭の中に汗をかくことは継続していこうと思っています。この365個の「分泌物」(生々しいし、ちょっとクサそうな笑)を読んでくださった全ての皆様に取り急ぎ感謝!であります。…考え、気づき、行動する。そのシンプルな繰り返しが、コーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 29Apr
    • “「自分が源」で大盛りご飯も糧にする”の画像

      “「自分が源」で大盛りご飯も糧にする”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。コーチングに限らず自己成長し、自己実現をしていく上で欠かせない考え方のひとつである「自分が源(みなもと)」という考え方。【参考記事】“「自分が源(みなもと)」という考え方”この考え方は、自分を色々な視点からみることが出来るという意味で、普段の日常生活においても活用することが出来ます。例えば、定食屋さんでのご飯の大盛り。どういうことかというと、先日、私も含めた数人で定食屋さんにお昼を食べにいった時のこと。各自好きなメニューを注文し、談笑しながら待つこと数分、定食が運ばれてきて各自の前に配膳されるのですが、私は妙なことに気づきました。それは、数人いるうちの私の目の前に置かれた定食のご飯だけ「大盛り」だった、ということ。笑ええ、ただのひと言も「ご飯大盛りでお願いしまーす」とは言っていないのに、です。笑「ありゃ?こんなに食べれないけど、ま、いっか」なんて皆で笑いながら話していたのですが、これを「自分が源」で整理してみると次のようになります。「はは~ん、店員さんが私の雰囲気をみて“あ、このお客さん白米食べそう!”と感じ取ったんだな!?私が源で店員さんのそういう印象を引き出してしまったのかも!?」とまぁ、こういったとらえ方です。相手から「この人白米食べそう」感を引き出してしまったのは紛れもなく自分であり、そういう自分とはどういう自分なのか、と考えるきっかけになります。…無論、「白米食べそう」な人間なのでしょう(笑)。とまぁこのように、自分の周りで起こることは自分が源となって起こしていると考えてみると、自分を複数視座から考えるきっかけが出来て、思考が良くも悪くも動き出すというメリットがあります。まぁ、自尊心や羞恥心などの諸問題もありますが(笑)、「自分を成長させる」という観点においてはやはり自分のことを良く知っておくことはやはり必要。そのためには、これを被害者意識で考えて、「店員さんが間違えた」とか、「注文してないことしないでよ」と早々に結論付けて思考停止に陥るよりは、あれやこれやと「自分が源」のスタンスで考たほうが成長するのりしろが多くなると思うのです。周りの出来事を改めて「自分が源」で考えてみると、そこに自身の成長のきっかけが隠れているのです。…出来事が「自分が源」で起こっているのなら、あとは自分を良くしていくだけ。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 28Apr
    • “承認探究その35~仕事のできばえを伝える”の画像

      “承認探究その35~仕事のできばえを伝える”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。コーチングの中でも重要なスキルである「承認」。日常において相手を受け留めコミュニケーションを円滑にするための承認探究シリーズの35回目は…「仕事のできばえを伝える」です。質問:あなたは、相手の仕事のできばえを具体的に伝えていますか?例えばあなたが上司である場合。部下の行う仕事は「出来て当たり前」と考えてしまいがちになりませんか?上司であるあなたが部下に対して「これくらいできるでしょう」というスタンスは、明らかにあなたが一方的に感じているだけのスタンスです。残念ながらあなたが上司なのはあなたに能力があったからであって、部下が同じ能力をもっていたのであれば、そもそも部下ではないはず。そこで部下のやる気を喚起するためには、まず部下の出来ていることを事実として伝えてみましょう。「この書類、内容はともかく、前よりかなり見やすくなってるよ」「報告の期日だけはしっかり守れるようになったね」「誤字脱字はまだあるけど、文章の構成はしっかりしてきたよ」このように仕事のできばえを事実として伝えることが大切です。改善点や指示はまず出来ているところを伝えた後に、伝えましょう。いきなり悪いところや改善点を伝えてしまうと相手のモチベーションを削いでしまう可能性大です。まずはできばえを伝えてから、その後に改善点を伝える。この順番が何よりも大切です。…目的は注意することではなく、相手に成長してもらうこと。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 27Apr
    • “桜の名所は、新緑の名所だった”の画像

      “桜の名所は、新緑の名所だった”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。早いもので、新年度になって1ヶ月が過ぎようとしています。新緑の季節はもうすぐそこ。新入生、新入社員…「新」と名のつく人たちもそろそろ慣れてきたころでしょうか。桜舞い散る入学式や入社式が既に遠い過去のものと思えるくらい、濃密な日々を過ごされていると思います。で、桜と言えば先日、とあることに気づいてしまいました。それは、「桜の木は二度おいしい」ということ。どういうことかと言いますと、先日のとある快晴の日、出先から戻る時の運転中にふと停車した窓から外に目をやると、それはそれは綺麗な緑色が目に飛び込んでくるではありませんか。雲一つない日本晴れな日よりだったため、陽光が燦々と照り付けていたのですが…そんな中で、これでもかと緑色を発色しているその正体とは…そうです、桜の木だったのです。「こ、これは気づかなかった」よと。ご存知でしたか?桜の木って葉っぱの緑色の発色が凄く綺麗なんです。運転中だったの写真は撮れなかったのですが、こんな感じ↓(イメージ図)で、これに気づいたら最後、道中は車窓から桜の木を自然と目で追ってしまいました(アブナイ!)。そして、見つけた桜の木のどれもがこの時期、とてもきれいな緑色を発しているのです。まぁ、極めて些細な、そして無駄に詩的な発見ではありますが(笑)。なんていうでしょうか、桜の花が満開の状態もまぁきらびやかで嫌いではありませんが、この時期の桜の緑もすてたもんじゃなかった。なんと言いますが、こんな例えをするとアレですが、厚化粧と薄化粧の違いというか(笑)、なんとなく緑の桜の方が気品があるというか、着飾っていない潔い美しさを感じました(ええ、個人の感想です)。桜の名所は、新緑の名所でもあったのだなと。一粒で二度おいしい桜の木なのでありました。…視点を変えて物事をみると新たな発見がある、それがコーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 26Apr
    • “「自分が源(みなもと)」という考え方”の画像

      “「自分が源(みなもと)」という考え方”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。コーチングの考え方のひとつの「自分が源(みなもと)」というものがあります。これはどういう考え方かというと、自分の周りで起こったことは全て自分が源、つまり自分が引き起こしているという考え方です。あるいは、自分の周りで起こったことに自分で責任を持ってみるというスタンスのこと。「自分の周りで起こったこと」ですので、自分が起こしたことではないことでも、自分に何かしらの関係があるのではないか、と考えてみるのです。例えば職場で部下がミスをしたという場面。行為自体は部下が起こしたことですが、「もしかして自分が関係していること」なのかもしれないという当事者意識を持つことによって物事を考える視点を変えることが出来ます。自分が部下にこういう風に関わればミスは起きなかったかも、こういう指示を与えていれば防げていたかもといった今後にたいする自分なりの方法論を得ることが出来ます。逆にこれがもし被害者意識で事にあたったとしたらどうでしょうか。「あの部下のミスのせいで仕事が増えたよ…」「あいつがミスさえしてくれなかったら…」こう考えてしまいます。するとどうでしょうか?何を得れるでしょうか?まず、責任は自分にはなく、相手にあるので「楽」を得ることができますね。笑そしたら、人(私も含めて)というのは悲しいかな易きに流れるもので、いったん「楽」になったらもうそれまで、その後は何も考えようとはしません。つまり、被害者意識で事にあたってしまうと、試行錯誤をするチャンスと、それによってもたらされる気づきや改善行動による経験値を失ってしまうことになるのです。人の成長をサポートするコーチングでは実際に、被害者意識を持っている状況だと成立しないことがほとんどです。「自分は悪くない」「自らの行動を変える余地は全くない」…これではその人自身の発展や行動、経験値の向上というものは残念ながら見込めません。人が成長するにあたり大事なのはやはり被害意識ではなく、当事者意識。自分の日常の周りで起こっていること(無論、時事ニュースとかは除きます)が自分に関係するとするならば、自分は何を考えどう行動するべきなのかを考えることが大切です。「成長したいなら」という前提はつきますが、日常において当事者意識をもって仕事や生活に取り組んでみると視界が広がることは間違いありません。…自分と自分の周りを建設的に改良していくことができる、それがコーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 25Apr
    • “給与とはメッセージ”の画像

      “給与とはメッセージ”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。先日、賃金の制度設計に関する仕事で調べ物をしていたら、次のような旨の一節に行き当たりました。それは、「給与はトップからのメッセージ。基本給はもちろん、手当についても支給する意味を従業員に正確に説明できなければならない」というもの。う~ん、確かに。基本給もそうですが、特に手当というものは確かにそうだなと。各種○○手当という毎月なんとなく給与明細に書いてある言葉は、意外と「なんとなくこういう意味だろう」という感覚で捉えている人も多いのではないでしょうか。ちなみに、各種手当というのは中身が法定のもの以外は、その名称や意味合いは会社である程度自由に設定できるもの。だからこそ、その定義を正確に組織に伝えることが大切で、もっと言えばひとつのメッセージツールとして有効活用できるのです。家族手当にしろ皆勤手当にしろ、資格手当にだってその支給する意味と背景はそれぞれの会社で違うはずです。そこに独自のメッセージを乗せて組織に伝えることで労使の相互理解が進みより強い結びつきが生まれるのではないでしょうか。例えば、失恋手当、アイデア手当、自己啓発手当など世の中にはメッセージ性の高い手当を設定している会社がたくさんあります。総じて、そういった独自性のある組織は労使の結びつきが強く、コミュニケーション不和による業務の非効率を極力排除する仕組みが自然と出来がっているように感じます。人材の流動化がますます激しくなる今後、ちょっとしたことで組織が瓦解する可能性を潰すひとつの戦略として、給与(特に手当)に独自のメッセージを込めてみるのもひとつの方法なのかもしれません。…「普通」はどこにもない。あるのは「独自性」の集合だけ。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 24Apr
    • “ギャップを埋める生き物”の画像

      “ギャップを埋める生き物”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。普段コーチングを行っていてつくづく感じるのが、人は「ギャップを埋めながら生きる」生き物であるということ。理想と現実をそれぞれ、紙に絵として描けるくらいの正確さでもって具体的に見える化をすると、人というのは自然とギャップを埋めようとします。そしてここで最も大切なのが「紙に絵として描けるくらいの正確さでもって具体的に見える化」という部分。ここがしっかりとイメージできる(あるいは実際に手を使って紙に描く)かどうかで、ギャップを埋めようとする行動の勢いというものが決まります。ここがボンヤリとしていると、行動もボンヤリとなりますが、定量化等で誰が見ても明確なものとなると、とるべき行動もハッキリとしてきます。ここをハッキリさせると後は自然とギャップを埋める行動が行われます。今現在、仕事、生活、人間関係などでなかなか行動を起こせないという場合は、現状把握と理想の状態を「これでもか!」ってくらい明確かつ具体的にしてみると良いかもしれません。例えば、理想的なビジネスマンになりたいのであれば、2年後である何年何月何日の何時何分に、どこでどんな仕事をしているのあか、どんな場所のどんな家に住み、どんな服を着ているのか、どんな車に乗っているか、どんな人と日々接しているか…しつこいくらい事細かに書き出していくのです。で、次に現状の把握。こちらも今分かっていることは全て紙に書き出してみます。仕事、生活、人間関係…可能な限り紙に書き出してみるのです。ここでのポイントは事実を書くだけにとどめておくこと。問題点や課題だと思っていても、事実を書くだけにしておきます。そして2枚の紙を見比べてみると…あら不思議、すでに頭の中で「ああしよう」「こうしよう」といった行動のアイデアがハッキリと浮かんでくるはずです。これ、実際にやってみるとわかりますが、本当に人というものはギャップを埋めようとする生き物なのだなぁと思えると思います。自分自身のことを直視することはなかなかにエネルギーを擁しますが、行動しないことで蒙るリスクに比べると小さいものであります。是非お試しアレ!であります。…理想を現実化するための行動を加速させるお手伝い、それがコーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 23Apr
    • “変化してこそのスタア”の画像

      “変化してこそのスタア”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。近年は映画も、昔ほどに映画そのものの作品としての独立性がなくなってきて、ドラマが映画になったり、原作本が映画になったりと、単なるいち「メディア」でしかなくなってきているような気がします。まぁ、もちろんそれが時代の変化というもので、やはりそこに携わる人達も映画そのものの定義が変わっていくようにその意識も変わっていくのかもしれません。というのもそれは、とある俳優さんのこんな記事↓を目にしたから、です。浅野忠信、いま本当にドラマがやりたくて仕方ない(Yahooニュース)ちょっと、ほんのちょっとですが、衝撃が走りましたよと。笑あ、浅野忠信氏といえば、90年代の日本映画(それもまだ映画がいちメディアではなかったころの)のトンガった作家達からこぞって起用されたまさに正真正銘の「映画俳優」というイメージがあったのですが…ど、ドラマがやりたくてしょうがない!とな。人は変わるもんです。以前は確か「CMに出るのも嫌い。自分の顔が街中に切り貼りされるのが嫌だ」みたいなことを普通に(スポンサー等の大人の事情も意に介さずに笑)おっしゃっていて、なかなかに面白い人だなと思って、浅野氏の出ていた初期作品はだいたい鑑賞していたのですが(特に一番好きなのは『Focus』という作品)…人は変わるもんです。そして、今でも覚えているのが、まだ浅野氏がトンガっていたころに出席した「日本アカデミー賞授賞式」でのアナウンサーとのやり取り。めったに地上波で見れない浅野氏が受賞インタビューでアナウンサーの女性からこう聞かれたのです。「受賞されると思っていましたかぁ?」と。まぁ、これは女性アナウンサーからしたら、相手から「いえ、私が受賞するなんて思ってもいませんでした!」的な、お茶の間に何の波風も立たせないよう標準的な優等生回答を引き出そうという意図があったのは言うまでもありません。で、これに浅野氏、何と答えたかというと…ええ、そうです…「僕が受賞すると思ってましたけど(何か?)…」と答えたのです。笑それも、冗談っぽい感じというよりは、言外に「予定調和めんどくせぇ!」といったパンキッシュな雰囲気を醸し出しながら。笑ええ、その回答を聞いて困惑する女性アナウンサーを見ながら爆笑したのは言うまでもありませんよと。笑本場のアカデミー賞授賞式をそのままコピーしたかのような華やかさに包まれて、予定調和的に受賞の言葉を聞いてくるようなアナウンサーがいる世界で、ウソ偽りのない本音を何のためらいもなく言い放つという(笑)、まれに見るウルトラCをやってのけたが当時の浅野氏その人だったのでした。ええ、人は変わるもんです。しかし、ダーウィンではありませんが、変化するものこそ永く生き残っていけるもの。これからの浅野氏はどのように変化していくのでしょうか。今後の活躍がますます楽しみでなりません!(こんなもんじゃないはず!)…「変わる」ことを厭わない人のツール、それがコーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 22Apr
    • “承認探究その34~使命感の表れを伝える”の画像

      “承認探究その34~使命感の表れを伝える”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。コーチングの中でも重要なスキルである「承認」。日常において相手を受け留めコミュニケーションを円滑にするための承認探究シリーズの34回目は…「使命感の表れを伝える」です。質問:あなたは、相手の使命感や信念が行動に表れたとき、そのことを伝えていますか?人が取る行動には2つのパターンがあります。ひとつは、「そうしなければならない」から取った行動。そしてもうひとつは、「そうしたい」から取った行動。どちらの行動も状況に応じて必要な行動ですが、使命感や信念がその裏に隠されている行動というのは無論後者の方です。部下や同僚が取った行動を観察してみると、その行動の裏にどんなものが隠れているのかが良くわかります。もし、使命感や信念が隠れていると感じたらそれをそのまま伝えてみましょう。「君の行動からはお客さんを喜ばせたいという強い想いが伝わってくるよ」「どんな状況にあっても最後まで全うする姿勢があなたの良いところです」「君は常に相手の期待を考えて行動しているよね」相手の行動に隠された相手の想いをまず受け止めてあげることが大事です。そして、その想いが組織の目標と重なる時に相手はこれまでにないような力を発揮するようになります。それぞれの信念を互いに認め合い成長し合う人達で構成された組織ほど強い組織はありません。そのためにも、まずは相手の「想い」に焦点をあててみましょう!…その裏に隠されたものをどう感じ取るか…コーチングは、そのためのセンサー。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

  • 21Apr
    • “「前提」のない時代”の画像

      “「前提」のない時代”

      こちら佐世保コーチングオーガナイゼーションB面です(A面はコチラ)。時代の変化というものは本当に怖いもので、うかうかしていたらそのスピードに取り残されてしまうというのが今の世の中。昭和の昔のように変化が比較的少なく穏やかに時間が過ぎていた頃の感覚でいると、またたくまに化石の烙印を押されてしまうというもの。例えば年長者が知っていることや経験したことが、現代の年少者にとっては何の価値もないのもの、あるいは、価値はあってもそれは現在進行形の価値ではなく、「歴史的」価値に過ぎないという残酷な現象も起きているのであります。というのも先日、姪っ子(小6)と電話の歴史について話していたのですが、平成もだいぶ過ぎてから生まれた彼女にとって、電話とはこれつまりスマートフォン一択なのです。ガラケーも知らなければ、プッシュフォンなど歴史の産物、黒電話って知ってる?なんて聞いた日にゃ「歴史の授業」を聞いてるかのような反応をしてしまう始末。こんなにも変化が両極端の人間が混在する時代がかつてあったのでしょうか?(あったのでしょうねぇ・・・)例えば、明治の時代の文明開化の時代。その前後を知る人も今の私と同じ気持ちであったのかもしれません…すき焼きって何よ?ガス灯って何さ?汽車ってなんだよあのバケモノは!…昔はさぁ…と。で、話をもどして姪っ子との電話の話。彼女は黒電話そのものの存在をしらないので、例えばこのようなエンターテインメントを楽しむにはその前提となることの勉強をしなくてはならないということです↓次あった時にでも何の前情報もなくこの動画を見せてみようと思うのですが、いったいどんな反応をするのか。予想するに「これ何?」あるいは「これと音楽がどうして関係あるの?」といった質問。しかし、こういった質問にいちいち答えていると、この音楽や映像の鮮度がだんだん失われてしまうというジレンマがあるという。笑ただ、真面目な話、こういった「前提」のないコミュニケーションは今後、というか今現在も色々なところで頻発しているわけで、そのたびに各種のコミュニケーション上の齟齬が大爆発しています。これが姪っ子と叔父さんの会話なら笑って済ますことが出来るのですが、やっかいなことに会社や職場でも頻出しているというのが現代の状況。ただ、これはどちらが悪いとか原因を探すスタンスではなくて、そもそも相手側に「前提」がないのですから、そこをつついてもしょうがないわけで、「前提がない」という前提で注意深くコミュニケーションをしていく必要があるのではないかと、そう思うわけであります。互いに「前提」がない場合のコミュニケーションは、それはそれは労力を使うもの。ですが、その労力を惜しんでいては一向に意志疎通が始まらないというもの事実(かなりの衝撃的な)なのかもしれません。「前提」に甘えたところから発生する怠惰が今後一切許されなくなると思うと、なかなかに楽しい時代になってきそうな予感がすると、そう思うわけであります。…「前提」のない時代の双方向コミュニケーションツール、それがコーチング。佐世保コーチングオーガナイゼーションコーチング ブログランキングへコミュニケーション・会話 ブログランキングへ社会保険労務士 ブログランキングへ長崎県佐世保市 ブログランキングへ

topbanner