☆★留学生が今日カナダで使った英語★☆ バンクーバー留学とワーホリの思い出

カナダで暮らしていると今まで聞いたことのない英語、スラングがたくさん聞こえてきます。日本の学校では、教えてくれないが、実際にカナダ人が毎日話している英語を紹介。
ワーホリ、留学、移民体験記も発信中


テーマ:

ワーホリの思い出

せっかくカナダに来たんだからということで、日本とはまったく違う環境で働いてみたいと思った

英語ができない上に、失業率が高いカナダでは自分がしたい仕事を見つけることはほぼ不可能だった。 ぐはああ

なぜワーホリをするのか?

という疑問をもっていないけど、理由を考えてみた。

ワーキングホリデーは字を読んだまま、海外で働いて休みをエンジョイするという制度。

ポイントは休みがメインなんだが、まったく働かないわけにはいかないのでちょっとバイトができるよといった感じだ。

とワーホリ協会が説明していた記憶がある。

また、外国に住むことによって、相手の国の文化、習慣を身につけてみたら?

という表向きな理由があったよーな記憶がある。

って全部記憶があいまいっ!

エヘヘ (;´Д`

ということから、1年間ばっちり正社員としてして仕事をするための制度ではないんですね。

そんなに仕事のキャリアもなく、英語もいまいちで、海外生活に慣れてない人のためにあるような気がする、、、、っていうのは自分のこと゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

でも逆に、英語がある程度できて、スキル(会計だったり、歯科技師なんか)があれば仕事は見つかると思います。


ただ給料を高く望むのはやめておいたほうがよいですな。

英語環境で働けて、英語や国際感覚を身につけることができる代わりに給料はちょいと少なめ

そう思っておいたらね、仕事は結構あるもんです。

なんてったって、英語がネイティブのカナダ人と競争しないといけないわけですから、そりゃービザに制限のある日本人が採用されにくい理由がわかりますな。

自分が1つ後悔したのは、英語がまったくできないのにワーホリビザを使ってしまったこと


どうせ、仕事できるほどの英語力がなかったのだし、どっちみち英語学校行って、仕事はしないで1年過ぎるのなら、1年目は観光ビザ か 学生ビザにしておけばよかった。

そんで英語とカナダ生活が慣れてからワーホリビザを使えば、仕事の見つかる可能性も上がったわけでしね。

うーん

まーいっか、今さら言ってもショウガナイ

■病欠の英語■

sick leave 病気休暇

病気で会社を休んだときは有給ではなくて、sick leave とう病欠が使えます。ササの会社では病欠は年に5日もらえます。


有給が15日あって、さらに病欠があるもんだから実際には20日間あることになる。


ただし5日はあくまでも病気でないと使えないから、みんな年末になると急に病欠をする。


病菌になって休むのではなく、病欠をするんです!! 


傾向としては金曜日、または月曜日に多くて、土日とくっつけて連休にしてるんじゃないだろうか。


うん 絶対そうだよ

ササはそうです!ってバラしちゃったよ 笑

■オススメの本

心のブレーキの外し方




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。