自分で考えて作くる楽しさ | 「着物をもっと身近に」染太郎のブログ

「着物をもっと身近に」染太郎のブログ

札幌で着物のしみ抜きや染色などをおこなう悉皆屋(しっかいや)野口染店舗の5代目染太郎です!「着物をもっと身近に」をモットーに日々奮闘中!!


テーマ:

「着物をもっと身近に」をテーマに

 

札幌から着物を今日着る服の選択肢のひとつになるように、

 

日々奮闘中の染太郎ですビックリマーク

 

札幌は朝晩と寒い日が続いていますね・・・雪

 

そんな寒さを吹き飛ばしてくれるくらいの盛り上がったハンカチ染体験の様子をブログでまとめましたアップ

 

テーマは冬休みの自由研究音譜

 

image

↑自分で染めた世界で一枚だけのハンカチ

 

 

まずは、どのようにすれば、絞りができるか実際に染めた生地を見てもらい説明すると

 

 

みんな「えー」「すごい!」と興奮しながら話を聞いてくれました(笑)

 

 

image

↑使用するものは輪ゴムや割りばし、タコ糸など身近なものばかりです。

 

 

まずは、試し用の生地を使い実際に絞ってもらいます。

 

 

すると、さっきまで話をしていたみんなが作業を始めると一気に真剣になりました(笑)

 

 

image

↑子供たちの集中力はスゴイ!

 

どこをどう絞るかも自分で考えてもらいます。

 

どのくらいの加減が良いか一度染めてみないとわからないのでまずは思うままにやってもらいますアップ

 

絞り終えたら、実際に染めてみます。

 

どんな色にするか、どこを染めるか全部自分で考えてもらいます。

 

 

image

↑簡易的な鍋を使用して染めていきます。

 

すると・・・・

 

「黄色」「赤」が混ざったら「オレンジ」になったよ!

 

「水色」「黄色」が混ざったら「黄緑」になった!

 

色々な発見が次々に出てきますアップ

 

染色が終わったら、染めた生地を絞った部分を解いていく作業をしていきます。

 

image

↑絞ったタコ糸は染まっていますが解いていくと中が白い生地のままになっています。

 

解く瞬間はドキドキです!

 

各々が絞った生地を解いていくと様々な表情が出てきましたよ~

 

image

↑割りばしを使用した部分が染まらず表情が出ています。

 

さて、次は本番です!

 

みんな段取りがわかってきたので、作業もスムーズビックリマーク

 

目を輝かせながら、表情がイキイキとしてくる子供たちを見てると、嬉しくなっちゃいましたニコニコ

 

image

 

色のイメージはすべてみんなの頭の中アップ

 

さてどんなハンカチが出来上がるかなぁ~音譜

 

 

image

 

それぞれが特徴のある素敵な絞りが次々と出来上がりましたよ!!

 

 

「すごーい」!!

 

 

見守っていたお母さん達も出来上がりにびっくりですアップ

 

 

image

↑赤と水色、黄色で染めたハンカチ。色が混ざって紫と黄緑に!

 

 

image

↑割りばしを使用してきれいな模様になりました!

 

染めた後は色止めをして脱水をしたら完成ですビックリマーク

 

みんな愛着がわいているので、「僕の!」「私の!」

 

とすぐに集まってきてくれましたアップ

 

image

 

「楽しかったです!」

 

「大切にします!」

 

 

最後は一人づつお礼を言っていただき、若干泣きそうになった僕でしたパー

 

 

工場見学&染物体験についての様子は以前にもブログで紹介していますの気になる方はコチラから☛

 

 

親子で染物体験&工場見学

 

大人の工場見学&染物体験

 

 

====================== 

 

○僕のインスタグラムはコチラ

こちらもフォローお待ちしています!

https://www.instagram.com/shigetaronnguchi/?hl=ja 

 

 

○僕のFacebookページはコチラ

僕がどんな人間かすぐにわかります(笑)

友達申請はメッセージ付きでお願いいたします!

https://www.facebook.com/shigetaronoguchi

 

 

○Shi bun no Sanのインスタグラムページ作りました!

フォロー大歓迎ですニコニコ

https://www.instagram.com/shibunnosan.official/

 

 

 ======================

【野口染舗 HP】
創業1948年
着物のしみ抜き・染替えは野口染舗にお任せください
HPはコチラから(無料相談を受けたわっております!)

 



【野口染舗Fecebook】はコチラから
 


【Shi bun no San  HP】
キモノをファッションへ野口染舗がプロデュース
Shi bun no San(四分ノ三)

 


ShibunnoSanのフェイスブックページはコチラから 


【Shi bun no San ONLINE STORE】はこちらから

 

======================

北海道・札幌から着物をファッションとして広める男・染太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります