ささら自動車工業!!ススムのポレポレ日記

ささら自動車工業!!ススムのポレポレ日記

車屋の日常と私個人の私生活をポレポレと書き綴っております。

現行のパナメーラ、車検にてお預かりです。

 

サービスインターバルリセット。

 

弊社のテスターすべて使っても不可能でした。

 

買わなければと思ってましたが・・・

 

PIWIS Ⅲ

 

Ⅰ Ⅱ に比べ使いやすさに感動。

 

向かい合って四半世紀以上前の968と仲良く車検整備です。

 

 

 

 

およそ2年ぶりのブログになります。

 

スッパリと止めようと思っておりましたが、

 

気が向いたので やろっかな。

 

2年前 最後の記事はドイツ・イタリア旅行の途中。

 

ブログって、気力と根気が必要ですな。

 

さて

 

思い出しながら

 

5日目。

 

当初の計画は「FIAT」の工場見学しましょう、となっておりまして

 

BO●CH(●ッシュ)から FIAT社(フィアット)へお願いしておりましたが

 

待てど暮らせど返事が来ない。怒

 

ギリギリまで待ちましたが、旅行行程を決められないので

 

「FIAT」は止めて「Lamborghini」に行こ~よ!となったのです。

 

入場料 Payすれば見学できるなんて素晴らしいじゃないですか!

 

フェラーリは Payしても見学できません。

 

フェラーリの車両持ってないと見学できませんからね。 

 

しかもキッチリと事前予約して。

 

ボローニャに宿泊しておりましたので、バスにて移動。

 

 

何でここで写真撮ったのかな?

 

ランボルギーニ ミュージアム

 

館内は撮影 OK です。

 

 

かなりの日本びいき感 たっぷり。

 

 

 

工場内の見学は 当然撮影 NG

 

ホントに工場内の通路が見学コースになっていて、目の前で作業が

 

おこなわれてます。

 

V8エンジンはラインにて組み立てられて、V12は手作業。

 

シート生地に刺繍をいれるオプションが有るのですが その刺繍を

 

入れる機械は日本製。ヘッドレストなんかに入ってるあれ。

 

アヴェンタドールとウラカンの製造工場でしたが1台1台に何処に

 

嫁ぎに行くのか張り紙があります。

 

日本行き かなりの台数です。

 

日本びいき 分かりますでしょ。

 

見学終了後、近くの「Locanda Maggi」にて昼食。

 

飲んでばっか、

 

 

Lamborghini社にはテストコースが有りません。

 

工場の廻りは畑、畑、畑。

 

ってことは 農道 農道・・・・・

 

そうです。農道がテストコースなんです。笑

 

ご覧ください。

 

 

 



 

 

売りもんなんですけど・・・

 

 

今回の宿泊先はトリノなのでバス移動。

 

5時間くらいかかったなぁ。

 

途中の、パーキングも楽しかったなぁ。

 

そういえば ファンタ飲んだ記憶がある。

 

体に悪そうな・・・

 

 

ボトルが青いだけでした。

 

夕方 視察先の「ボッシュカーサービス・Autoriparazioni tasso san」

 

に到着。色々勉強させて頂きました。感謝感謝。

 

イタリアとドイツは整備業に対する考え方が全く違う。

 

イタリアといっても北と南側じゃまた違うんでしょうけどね。

 

自分はドイツ側。(意味不明ですかね 笑)

 

夕食もしっかり飲ませていただきました。

 

夜の散歩も 街並みがキレイだったなぁ。

 

今年も行く予定だったのに・・・泣

 

しばらくは我慢だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日からイタリアへ移動。

 

こっからが本番だぜぇ~。(自分の中では)

 

ふっふっふっふっふ・・・・・笑

 

楽しみ!

 

ホテルを出ると

 

おっ!

 

我が社のデモカーと同じE87ではないか!

 

 

 

ディーゼル車。

 

しかもマニュアル!

 

いいね いいねぇ~。

 

欲しいねぇ~。

 

でもやっぱりマニュアルは要らないっか。 シラー

 

 

 

 

 

ミュンヘン市内からミュンヘン空港まで。

 

約1時間くらいの移動。

 

ミュンヘン空港到着。

 

ヨーロッパ圏内はパスポートの提出不要なんですね。

 

なのでスタンプも無し。 残念。

 

 

 

 

発券機にて搭乗券を発券します。

 

日本語OK。 

 

機械の方が楽。 (しゃべらなくて済むわ~)笑

 

どの飛行機かなぁ~。

 

 

 

 

と思ったら、

 

バスに揺られること10分。

 

タラップにて搭乗。

 

 

 

 

国内線って感じね。

 

エア・ドロミティ航空。

 

約1時間の移動でボローニャ空港へ到着。

 

 

 

 

空港内 入ってイキナリの~

 

どうだ!

 

と言わんばかりの、

 

ランボルギーニ!

 

 

 

 

 

 

アヴェンタドールS と ウラカンペルフォルマンテ

 

噂には聞いてましたが 本当に展示してあった。 あせる

 

スゴッ!

 

その隣には

 

 

 

いや~ おいしそうですね~。

 

こちらもtension上がりますね~。

 

イタリアって感じ。 ニコニコ

 

午前中はフェラーリ本社まで移動です。

 

 

 

 

永遠に左回りができる交差点

 

 

 

 

 

見えてきました。

 

フェラーリの工場です。

 

昼食をフェラーリ本社正門前の「Ristorante Cavallio」

 

にて頂きます。

 

バスを降りて道路を歩いてますと、

 

なにこれ?

 

 

 

「2CV」なの?????

 

2CVのストレッチリムジン?

 

どなたか知っていたら教えてください。

 

初めて見たわ~。目

 

 

 

昼食頂きました。

 

とてもボリュームがありました。

 

私は昼食どころではなく、早く色々見学したくてウズウズ。

 

こちらの赤のスパークリングはおいしかったですねぇ。

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

さ~て 出発しましょうか!

 

と 思っているのは私だけ。 ショック

 

皆さん ワイワイガヤガヤ飲んでる。

 

折角なので、お外見学。

 

出たイキナリ 458

 

 

 

隣は フェラーリストア

 

中には入りませんでしたけど。

 

 

 

 

見るだけ。

 

正門を見ると 812スーパーファストと488が!

 

 

 

 

商談中?

 

当然 記念撮影。

 

 

 

 

皆さん出てきたのでレストランの戻り・・・

 

ふと正門を見ると

 

おッ!

 

 

 

 

 

下から上までロッソ。(お顔は隠しましたので許して下さい)

 

スタッフは全てこのユニフォームなのだそうです。

 

カッコイイですね。

 

先ほどのフェラーリストアの後ろには

 

スクーデリアフェラーリの建物があります。

 

フェラーリのワークスレーシングチームですね。

 

この中にF-1マシンがあるそうです。

 

 

 

フェラーリのバス。

 

なわけ無い。

 

 

 

歩く事 5分。

 

見えてきました。

 

フェラーリミュージアム。

 

 

 

 

やはり記念写真。

 

 

 

 

館内の画像を ドバっと。

 

ご覧あれ。

 

 

 

 

488 の V8twinターボエンジン。

 

直噴エンジン。(やっぱ壊れるの?)

 

IHI(石川島播磨重工業)製のターボ!

 

さすが!

 

 

トラブルシュートでもしたのでしょうか?

 

イグニッションコイルになぜ番号書く?

 

 

 

 

 

 

F40。

 

 

 

 

F50。

 

 

 

 

ラ・フェラーリ。

 

 

 

 

FXX K 。

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産コーナー。

 

 

 

 

 

こんな体験もしてきましたよ。

 

ニュルブルリンクを体験。

 

25ユーロ。

 

いい値段だね。 ガーン

 

 

 

 

帰りは フェラーリミュージアムの向かいにある

 

お店で買い物。

 

フェラーリ売ってる?

 

30分レンタルだって。

 

助手席にはお店の方が同乗。

 

458 488 カリフォルニアT ウラカンもあったな。

 

お値段色々でしたが、

 

458 30分レンタル 1000ユーロ。 

 

はっ? 

 

借りてる人いるし。 あせる

 

スゴイね。

 

 

 

 

買ってきましたよ~。

 

1台。

 

ロッソのフェラーリ。

 

 

 

 

の カギ。

 

 

 

 

 

 

 

本物だよ!

 

イエーィ!