前にブログで、サラッとゴンはサッカー出来ない発言をされたと愚痴ったことがありました。

できることはたくさんある ←詳しくはコチラ


先月また同じお母さんから、同じような事を言われましたゲッソリ

以下愚痴グチします。


最初の一件以来、この方とは分かり合えないと、少し距離をおいていました。

でも、サッカーの行事で会った時、
その方が私に近付いてきて、

彼女「〇〇(自分の息子)から、ゴン君もサッカーやろうかな!って言ってたって聞いたよー?」

私「あー。アニがやってるからか、やらなきゃいけないと思ってるみたいで、たまに言うん…

私の語尾にかぶり気味に

彼女「だからさー、息子に、えー?それは多分ゴン君のお母さんが許さないと思うよーって言っておいたよ 笑笑 」





もー。この人はっムキー

またそんな事言ってムキーそれと、語尾まで言わせてよ〜!!


私が、ゴンに出来るわけないって言ってるなら分かるんですよ。でも私、そんな事言ったことないのにー。

見た事もないのに、なんでゴンはサッカー出来ない前提なんだー!

ゴン、ちょびっーーとだけサッカー上手いのにー。

毎度毎度笑いながら…

ケンカ売ってるんでしょうか!?ムカムカ



私は呆れて口が塞がらないまま、死んだ目で、無言で(つまりアホ面で)立ち去りました。




でもケンカ売ってる訳じゃないんですよね。
彼女、きっと嫌味で言ってるんじゃないんです。

多分本気で言ってるんです。

ゴンは特別支援学級に在籍してるから(彼女はゴンの診断名は知らない)、

サッカーはゴンには難しくて、母の私が絶対ゴンを入団させるわけなくて、

なんなら親切に、自分の息子に無理だって教えてあげたのよ。くらいに思ってるようです。


それぐらい、目をキラキラさせて無垢に話していました真顔

ただ、思い込みで言ってるだけなんです。


知らないだけ。


だから仕方ないです。



何が許せないって、私が一時期ゴンを低学年の内だけなら出来るかも?って、本当にサッカー入団させようか迷ったことがあるって事です。
(アニの練習相手を無理矢理させられていたので、全くサッカーやったことない子より、技術はあります)



世間が発達障害に対してこの認知度なのに、
私は何を血迷ったんだ〜。


うちのサッカーは、勝ち負けは関係なくサッカーを楽しむ!というモットーで。
ゴンは他害もないし、言う事は聞くので、もしかしたら受け入れてもらえるかも!って勝手に思っていた自分が恥ずかしくなりました。

私は彼女に、ゴンくんも入ればいいのに!ってお世辞でも言われたかったんです、きっと。

甘いですよね〜。甘々ですチーン



私は甘いし弱いので 

もう二度とゴンにサッカーやらせようなんて思わないわよぉぉぉー!


っていじけておりますニヤリ


いや。その前に。


ゴン、サッカー嫌いなんだけどねっ ゲロー


だから彼女に言われなくても、サッカーはやらなかったんだけどデレデレ





でもさ、やっぱり彼女のあの言い草は、
どーにも気にいらんえー

でも、悪気ないんだから怒るのは違うのかな。


でもなー。やっぱちょっとモヤモヤ…


そうね。


タンスの角に
足の小指をぶつけてしまえばいいのに真顔 ←弱い。けど酷い母。





スッキリしました!

もう水に流しますちゅー

前を向かねばちゅー