必ず失敗する飲食店経営

個人飲食店経営のコツや開業、集客ノウハウ、売上アップの悩みや解決方法を、
経営者さんからの相談を元に書いていきます。

【ありきたり脱却マーケティング】とは?


そもそも現状に苦しんでいる原因は、あなたのお店が


「ありきたりな店」
「どこにでもありがちな“魅力のない店”」
「これといって来店したいと思う“理由”がない」

と思われているので、そこが解決されていなければ何をやってもうまく行くはずがありません。

見込み客がパッと見て一瞬で

「なにコレ、美味しそう!」
「なんだか良さそう!」
「すげー面白そう!」

と二度見されるものがなければ一発で「ありきたりな店」と認定されて、永遠に終わりです。
一度レッテルを貼られてしまったら、それを取り返すのに何年もかかってしまいます。
もっと言うと、最初の3秒の印象でその後の3年が決まってしまうのです。

いい料理・いいサービスのスキルも大事ですが、飲食店経営者が身につけるべきスキルは、魅力(強み・価値)を伝える表現力なんですね。



◆だからといって奇をてらったことをしろと言っているのではありません。
それに、うまく行っていないお店の方に多いのが

「商品・サービスが自分目線」 だということ。

あなたはきっと「これは売れるぜ!」と思って販売しているかもしれませんが、
そこにニーズがない、ってケースが多いんですね。
もしも立地が違っていたら売れていたかも知れないですが、
立地が違っていたら売れていたかもしれないというのは、裏を返せば

「売れる場所で」
「売れる商品・サービスを」
「売れる見込み客に売っていない」

ということです。
つまり、非常にちぐはぐでお客様目線がまったくできていない、非常に自己中な経営をしているということです。



◆また、良い商品・サービスを提供しているのに、
全然リピーターができない多くの店は、


・単に忘れているだけ
・そもそも集客した見込み客を間違っている
・商品・サービスが見込み客の想定の範囲内だったので、
驚きも満足度も低かった

つまり、
「何か“普通”だったよね」
「よくある店って感じだったよね」
「わざわざまた行こうって感じの店じゃないよね。二度目はもういいかな」

と思われている可能性が非常に高いです。

もっと言うと、
800円のランチが

600円ぐらいに見えたり・感じるなら、もう論外。
800円でも同じ。そんな店その辺にゴロゴロあります。そんなところと同レベルってこと。
1000円ぐらいに見えてやっとまあまあレベル。でも繁盛するところまでは、まだまだレベル。
1300円に見えて初めて「良い店見つけた☆また来よう!」と思ってもらえる。
1600円ぐらい行けば、誰かをわざわざ紹介してでも来てもらえるレベル。もうそこまで行ったらマスコミからも取材が来ます。

あなたはどのレベルを提供していますか?
。。。逆に、そこまで目に見えて分かるぐらいのこと、中学生でも気づくぐらいのことをやらなければ、それは「ありきたり」レベルだってこと!


「ありきたり脱却マーケティング」は、それを非常に戦略的、かつシンプルな方法で、
何をやってもうまく行かない、そもそも何から始めればいいか分からない個人飲食店オーナーシェフのお店を、あの手この手で短期間で生まれ変わらせる集客手法です。

これを行えば、どんな閑散店でも
『流行らせる前に流行っています状態』
をつくることができます。


《実績》

ちなみにこの「ありきたり脱却マーケティング」を個人飲食店に取り入れると具体的にどうなるのか?という疑問ですが。。。

●パソコンのパの字もできないアナログ夫婦が営む閉店寸前のイタリアンバル
→客数を上げずに利益を倍にし、かつ仕事量を半分にすることに成功!

●料理一筋、でも経営のこととなるとさっぱり・・・な創作居酒屋
→圧倒的な魅力づくりに成功、12週間で売り上げが480%UP!

●「美味いもん出せばお客さんは必ずくる」とかたくなに信じて立地にこだわらず、よりによって最悪の立地に出店。
案の定、月の半分以上ノーゲスト状態の崖っぷち和食ダイニング店
→たった2時間、2点のアドバイスで、2か月で売り上げが8.5倍に!


。。。このような成果を上げられた個人店がここ2年間で33店いらっしゃいます。(2016年3月現在)



ご興味がある方は弊社ホームページ
http://sasakitadanobu.com
もぜひご覧ください!





◆ブログでは言えない、より実践的でシークレットなノウハウを学びたい方は、7DAYS無料メール講座 
【個人飲食店経営、お金になる努力の仕方】
にご登録ください!

こちらをクリック

NEW !
テーマ:

こんにちは。

 

佐々木です。

 


私は人生において

「決断」

がある意味、成功を決めると言っても過言ではないと思っています。

 


人生ってのは、決断の連続なんですよ。
また、ビジネスをやっていけばやっていくほど、どんどんどんどん難しい決断が重しのように大きくなっていきます。
そして、自分やそのビジネスが成長すればするほど、その決断の大きさがどんどん大きくなっていきます。

 

たとえば、100円のジュースを買う・買わないという決断。
これも決断なんですよ。
また、100万円の広告費をかける・かけないというのも決断なんですよ。

 


たとえば、1億円で何かのビジネスをするってのも、1つの決断ですよね。
もっとスケールを大きくして、
10億円で会社ごと買っちゃう、ってのも決断じゃないですか。

 


ただいきなり大きなものを決断できる人なんて、なかなかいないですよね。
100万円の広告費っていうのも、使ったことがない人にしてみれば、もの凄く大きな決断じゃないですか。
でも、100円のジュースぐらいだったらできますよね?
まず、飲むか飲まないか?
「飲む」って決めたら、じゃあ今度はコーヒーにしようかコーラにしようか、そういうことぐらいはできますよね?

 

 

ただこの「決断」というのは、みんながみんなできるかっていうとそうじゃなくて、
決断ができる人は、みんな何をやっているのかというと、単純に

「練習してうまくなっているだけ」

なんですよ。

 


いきなり100万円をかける・かけないなんて、すんなり決断できる人なんていないですよ。
さらに1000万円とかの規模になってきたら、もっとできないじゃないですか。
であれば、小さなことから練習していくっていうクセをつけていくってことが大事なんですよ。

 

 


話は変わりますが、私がコンサルなどの枠が空いた時や特別価格キャンペーンなどを行った時などでたまに言われるのが、

「次回またありますか?」

って聞く方がいらっしゃるんですよ。
そういう方は、間違いなく成功できません。

 

 

なぜかと言うと、
「次回」っていうのは、まず自分基準じゃないですか。
要はそれを「今」やらざるを得ない状況ではなく、

「いつでもできる」

という解釈もできるわけですよ。

ということは、「いつでもいい」のであれば、
それを買ったところで「やらない」わけですよ。
だって「今、どうしてもやらなければいけないってわけじゃない、いつでもできる状況」だということは、

「やらない」

じゃないですか。
買ったことで満足して終わり、ですよ。

 

 

だからそういう「次回はいつですか?」って聞くような人ってのは、
絶対に成功できないんですよ。

 


今、差し迫っていて、

「今の自分には絶対にこれが必要だ」

って買える人・それを決断できる人は、どんどんどんどん成功できます。

 

 

 

結局、新しい情報っていうのは、
要は赤ちゃんとして「おぎゃー」って生まれて、
その時からいろんな情報を持っているわけじゃないんですよ。
日々勉強して、日々実践して積み重ねて、どんどん自分のスキルだったり知識だったリが上がっていくわけですよ。

 


ということは、

「今、どうしても必要というわけじゃないもの」

つまり、先延ばししちゃう「程度のもの」、
またはそういう先延ばしをするクセがついている人ってのは、
ずーーーーっと先延ばし先延ばしっていう形で、自分の人生を変えることに恐怖を持っているんですよ。
変わる自分がイヤなんです。

 

 

で、成功できる人ってのは、どんどんどんどん自分が怖いことに対しても

「Yes」
「Yes」
「Yes」

って言って、決断をどんどんどんどん繰り返していって、次のステージへ上がろう上がろうとするんですよ。

 

 

でもこれを先延ばし先延ばしってやっていたら、どうなります?
たとえば、AさんとBさんがいて、
決断・決断していってどんどんどんどん自分のステージを上げていくAさんと、

先延ばし先延ばし先延ばしってやっていっているBさんだったら、
1年後・10年後、どうなっています?
全然違いますよね?
決断できない人はずーーーーーーーーーーーっと変わらず同じステージに、い続けます。

 

 

人間っていうのは必ず、ステージが上がれば上がるほど、決断の大きさが大きくなります。
例えばサラリーマンで会社を辞めるっていう決断ができないでいる人は、
その後にビジネスを始めたら、それ以上の決断が差し迫ってくるんですよ。


そうやって、会社を辞めて独立をして、どんどんどんどん新たな決断をしている自分が、過去を振り返った時に、
会社を辞めるって決断が、すごく小さかったなって思わないですか?
独立してみれば、会社を辞めるって決断するとき、「どうしようか」って葛藤があったでしょうけれど、
いざ独立してしまえば、やることはいっぱい出て来るし・楽しいわで、全然大したことなかったな、って。

 

 


今後、いろんなことがあって、いろんな会社さんと提携したり、いろんなことを決断を迫られることがあると思います。
そうすると契約書を交わしてってなった時に、それはもう決断ですよね?
たとえば「契約をするという決断をする」というのと、「契約をしないっていう決断」があるわけですよ。
そうやっていろんな決断があるわけですけども、
その時の決断が大きくなればなるほど、過去にしてきた決断がどんどんどんどん小さくなっていくんですよ。

 


もっとわかりやすく言うと、小学生の時のトイレ。
しかも「大」の方に行くのって、すごく悩まなかったですか?
恥ずかしいって。
おなかもどんどん痛くなってきているのに行けなくて「どうしようどうしよう」って。

でもこれが大人になった今、トイレに行くのって恥ずかしいですか?
それといっしょで、昔の問題って、自分が成長すればするほど小さくなっていくんですよ。

 

今、会社を辞めれなくて「どうしようどうしよう」って悩んでいる人がいるとします。
でも逆に言うと、それは会社を辞めて、今後いろんな決断をすることによって、
実はそれって小さいことだったなって気づけるんですよ。

 


これってたとえば、プールで泳いだことがない人が、湖に行くとすごく広くなったと感じるじゃないですか。
でも、湖にいる人が海に行くと、もっと大きく感じますよね。
逆に言うと、海に行ったことがある人は、湖やプールに行くと小さく感じますよね?
これと似ているんです。

 

 

でも「決断」をしない限り、過去のものが小さく見えないんですよ。
ずーーーっとプールにいる人は、ずーーーーーーーーーーーっとプールのまんまなんですよ。
次のステージが見えていないものだから、次のステージにいる人が言ってくれていることが理解できないんですね。
「そんなことは分かっている」「聞いたことがある」
などと言って。

 


でもあなたが思っている「そんなことは分かっている」「聞いたことがある」こととは全然違うんですよ。
聞くのと、経験してみるとでは雲泥の差があるのですが、
やってみればその意味も分かるのですが、いかんせん経験したことがなく、想像だから、
その人が言っていることのすごさがわからないんですね。


ずっと先延ばし先延ばしで、まだ湖に行くのは早いんじゃないかな、海に行くのは早いんじゃないかな、って
自分のプールという狭いところから抜け出すことができないので、
いつまで経っても成功できないですし、次の願望が手にすることができないんですよ。

 

 


ですからあなたに次の願望があって、次の目標に進んで行きたいのであれば、その

「次に行く!」

という決断をしなくちゃいけないんですよ。
決断できない人には、チャンスが訪れないんですよ。
決断を先延ばしするような人には、現状は変わらないのと同じで、「決断」がチャンスを引き寄せるんですよ。
結局、チャンスっていうのは、自分には来ないということではなくて、

「みんなに・平等に」

来ているんですよ、本当は。

 

ただ「平等」に来てて、それに手を出した人がチャンスをつかんでいるだけなんです。
チャンスのタネっていうのは年がら年中来ているわけですよ。
それを「これはチャンスだ!」って手を出した人が、チャンスを手に入れているだけなんです。

 

もちろんチャンスを手に入れるまでは、未知体験のことですから怖いですよね?
「失敗したらどうしよう」「家族に反対されたらどうしよう」っていろんなことを考えるんですけれど、
その場合、結局それは「その人の中でのチャンス」ではないんですよ。
それは、「言い訳」が先行しているだけなんですよね。

 

でも本当に「チャンス!」だと思って、本当に情熱をもってやりたい、

「これは俺の問題だ、これは絶対に解決したい!」

って思えば、他人の意見なんて関係ないんですよ。
じゃあ他人が死ね!っていえば死ぬのか?って話じゃないですか。
死なないですよね?

 

自分が「チャンス!」だと思ったものは、チャンスは自分で決めるしかないんですよ。
なぜかというと、
チャンスのタネはみんなに平等に起きているからですよ。
ただそれに気付くか気づかないか。
そして、手にするか手にしないか、だけの話なので。

 

 

で、どんどん成功して、成長していく人は、そのチャンスの種を1個1個大切にして、手にしているだけなんですよ。
そのきっかけが「決断」なんです。
だからこの「決断」が上手な人は、成長も成功も手にしやすいので、
なのでぜひ、この決断というのは人生を大きく変えるぐらいのインパクトがあることなので、
この「決断」を、ひとつのスキルだと思って身に着けてもらいたいということなんですね。

 

 

ということで、今回はここまで。

 

 

 

 

【追伸】

 

コンサル枠が、12月から2つ空きそうです。
3ヶ月頑張って軌道に乗せた居酒屋さんが12週間コンサルを卒業されます。
よって、12月から「12週間コンサル」もしくは「1ヶ月コンサル」を受け付けます。

※11/21(火)で締め切ります!

 

 

そもそも私が稼げるようになったのは、120万の授業料を払ってからでした。
120万を払った当時、手元には20万円しかありませんでした。
その20万円は、2ヶ月分の生活費です。
ですからほぼ0円に等しかったわけです。

でもリスクを取って、自分の尻に火をつけたのです。

 

「絶対に3ヶ月以内に元を取らないと、終わりだ」
「だから絶対に食らいついてでも稼げるようになるぞ!」と。

 

実際に、3ヶ月目でいきなり大きく結果が出ました。
そのお金で、120万円を一括に切り替えてもらって支払いました。

 

 

。。。今振り返っても、あのリスクをもしも取っていなくて、
本やネットの知識だけで学び続けていたら、今の自分はなかったと思います。
リスクを取ったから、力以上のものが出せたんだと思っています。


結果がなかなか出せない方のほとんど100%の方が、リスクを取りません。
結婚していようが、子供がいようが関係ありません。
自分の尻に、火をつけられるかつけられないか?

独学は、時間をムダにします。
「やり方を知っている人」に、やり方を教わって、
とっとと「成功するやり方」を知って、最短距離で成果を上げるべきです!

 

 

ちなみに12月上旬もしくは来年1月から大幅にコンサル料金が上がります。
それも、120万、200万、300万と3コースを考えています。
理由は、コンサルタントや大きな市場での経営者など、
個人飲食店経営者以外にも、顧客層を広げるからです。


ただ、現時点では、現行のままの価格ですので、
せっかくのこのご機会に、新たな決断をしてみませんか?
枠はすぐに埋まってしまいます。

 

チャンスはいつまでも待ってはくれません!
無理にでもチャンスをつくってみませんか?

あなたのお申し込み・ご決断をお待ちしております!

 

■佐々木のコンサルって、どんなことをしてくれるの?
https://ameblo.jp/sasakiuriage/entry-12306026390.html

■お申し込み・お問い合わせは。。。
https://ws.formzu.net/dist/S15741219/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。