1ラウンド 井上ジャブを上下に散らす。

…開始1分半位で、実力差歴然。

それはやってる井上が一番感じたんじゃないだろうかと思うが、決して強引にはいかず、ジャブの差し合いに終始。
終盤意外にもディパエンのジャブが一発だけ当たった。

2ラウンドもほぼ同様の流れから、さらにペースを掴み出す。

…ジャブに対する反応が、違う。

余裕を持って受けるか、ギリギリでなんとか外すか。

…そして時折喰らうジャブが、速いくせに重い。右はもっとだ。

…解説してた山中慎介には、逆にこの絶望感は分かるまい。笑

3さらに一方的に。

…諦めずに頑張るかませフィリピン人みたいになってるが、これはれっきとした世界タイトルマッチである。

4井上ももう見切って、倒しに行くが、ディパエンも決定打は許さない。

ただもはや興味は、いつどんな風に井上が倒すかに移る。

5井上のパンチをもらいつつも、反撃をするディパエン。

守りに入っちゃえば試合は一方的になる。

実力差は歴然にせよ、学べる部分は多い。

6.7ほぼ似た展開。

井上のパンチをガードで凌ぎつつ、反撃をする挑戦者。

一発モロ右フック入るも、挑戦者凌ぎ切る!

8左フック入って効いたところに間髪入れず右から左がモロ入る。

流石にディパエンダウン。

まだ頑張って立ったが、再開後すぐに終了。

井上がそのモンスターぶりを遺憾なく発揮した。



○今日のワンポイント

ボディーが効かなかった謎。

特に4ラウンド終了後などに放送席でも驚かれていたが。

これは、俺自身タイで武者修行した時に体験した。

ムエタイ出身のボクサーに、ボディーが効かない。

…聞くと、「膝蹴りよりは痛くないから」。

…ムエタイ出身者は、ボディーに対する耐性が強いことが多い。

それと逆に、ボディーは「打たれ慣れ」が大切だということ。

現役選手は覚えておくといいよ。


この顔!YouTubeより


⇩上位にきてるとまた解説やります

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村