さて、「質問どうぞ」などと言いつつ、いざ質問が重ねられると若干面倒臭くなる佐々木ですが。笑

「ロープの意味とアクロバティックなロープの意味は?」という質問を頂きました。

大変嬉しく思います。

ご質問、ありがとうございます。

「マジで個人的に質問してくんなよ」などとは1ミクロンたりとも絶対感じなかったので、くれぐれも誤解のないように宜しくお願い致す所存でござります。笑

…でも、実際質問は役に立った。

ロープの意味なんて当たり前過ぎて今さらブログにしようとも思わないから。

…でも、多くのボクシング未経験者にとっては率直な疑問だったりもして。

…そういえばこれ、投資家けーちゃんからもアドバイスされてた。

「マニア向けもいいけど、今更書くまでもないような内容を初心者向けに書くのもいいのではないか」。

というわけで。

あらためて、解説致します。

ロープの意味だけど。

…おほん。

…。

…ロープは、リングから選手やレフリーが間違っても転落しないよう、リングの四方に3〜4本張られています(通常4本)。

…よく、「相手をロープに詰めろ!!」とか、「自分がロープを背にするな!!」とか、アドバイスされます。

…。

……。

…違うかあああああ!!

そのロープじゃなかった!!

…また一人でボケては一人ツッコミをしているが、全然寂しくなんてないからな。

…もとい!

縄跳びは、「ボクシングにおける、最も基礎的なトレーニング」とも言われます。

…。

ものすごく大雑把に言うと、ボクシングの闘い方は、「相手との距離」によって分けられるわけで。

…インファイター、アウトボクサー、中間をボクサーファイターと。

…当然、自分の得意な距離で戦った方が強い。

…で、その「距離」を調節するのは、パンチを打つ「手」ではなく「足」なわけですね。

戦い方を決める最重要要素が、手ではなく足なわけで。

これも現役終盤くらいになってようやくその重要性に気がついた。

「…あ、足すげー大事だ!」と。

逆に言うと、プロボクサー20年くらいやってて本当の意味では気付かなかった。笑

「馬鹿すぎるだろ」というツッコミは、全く聞こえない。

…。

そのフットワークの土台を作るのが縄跳びであって。

その飛び方にも、色々と効果的な方法がある。

…で、さらには、ボクシングのみと言わず、かなりあらゆる分野に応用可能な鉄則があって。

この鉄則は、俺のボクシングの、言わば奥義に近いものであって。

…もしも今回のブログにいいねが12以上ついたら、明日書きます。笑

つかなければ、本当に書きません。笑

マック行った話でもします。笑



⇧気が付いたらアメブロ格闘家ブログランキング1位に!!ありがとうございます!!


⇩こちらと

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村
⇧こちらも、トップの方に行けたらいいなぁ…。