ちょ、待てよ。(キムタク風)

…そういえば、終戦記念日でしたね。

…ハーレーで浮かれてる場合じゃない。

…戦後70年以上が過ぎ、そろそろその事実が見えて来た。俺もそのうちの一人。

…詳しくは全然知らないんだけど、その辺はマニアに譲る。笑

それでも思うところはある。

ちょっと色々調べたりもして、分かりやすくまとめました。

(自分もそうだけど)何も知らなかったって人は、知っておくといいと思います。

自分の国に、その文化や歴史に誇りを持てないなんて、不自然過ぎる。

長文にならざるを得ないけど、是非ご一読を。

…。

身体はデカくなかったが、とにかく喧嘩が強かった。

自分よりずっと身体のデカいC君と、喧嘩して勝った。(1)

どんなもんだい!

さらに身体のデカいR君とも、喧嘩して勝った!(2)

どんなもんじゃい!!

もうそこらの奴等には負けない。

おりゃおりゃおりゃ!!

連戦連勝。

…俺、世界一強いんじゃねーの?!

…もうタイマンじゃ負けねーんじゃね?!

人数も増えてきた。

全員に勝つことは無理だから、タッグを組んだ。

大人数による大喧嘩。

そんでまた勝った側。

自分が負ったのは、ホントにかすり傷。(3)

ワッハッハ。

…と、またもや複数人の大喧嘩勃発。

上等じゃあー!!

かかって来いやー!!

俺様に勝てると思うんじゃねー!!

またもやタッグを組んで、最初は連戦連勝。

どんなもんじゃい〜〜!!

…ボッコボコにしまくった。

…しかし、いい加減疲れてきた。

身体は小さいのに、張り切り過ぎた。

…と、そこへ、反撃。

ボコボコにやられ出した。

…最後に、相手は刃物を出してきた。

…いやいや、それはダメでしょ!!

喧嘩にも暗黙のルールあるっしょ!!

…実際、向こうに選択肢は複数あった。

○刃物見せて、「おう、参ったと言えや。本当に刺すぞ?」。

○刃物でリンゴかなんか目の前で突き刺して見せて、「これ本物なの分かったよな?次はこれでオマエを刺すけど、どうする?」

○刃物振り回して、相手の服とか手足とか多少切れちゃってもいい、相手をビビらせて参ったさせる。

○実際にいきなり刺す。

…。

ダメージで言うと、その200倍のダメージを与えていた。

向こうも恨みはあったのだろう。

…それともナイフを持つ狂気がそうさせたのか。

一番非人道的な、けれど心臓や内臓を指すと今度は自分が殺人犯になっちゃうから、手や足をブスッと刺した。

…確かに、それまで散々相手方を痛め付けまくってきたのは事実だ。

…白人が、黒人よりも下に見ているイエローモンキーだけを、狙って刺した。二回も刺した。(4)

…。

「参りましたすみませんでした」

「分かりゃいいんだよ、分かりゃ。…いいか?『二度と喧嘩はしません』と皆に誓え。武器も持つな。分かったな?俺達はこれからもよそで喧嘩するけどな」

「はい分かりました。私は二度と喧嘩ははしないし、武器は持ちません。周りの皆んなが武器持ってても、ボクだけ丸腰でいます」

「よし。お前が今血をダラダラ流してるのは、俺が悪いんじゃないからな?分かるな??お前が喧嘩なんかするから悪いんだ。喧嘩は悪なんだ。喧嘩が悪いんだ。俺は悪くない。ナイフ使わなきゃもっともっとボコボコにして半殺しにする必要があったんだからな?憎むなら俺じゃなくて喧嘩を憎め。俺たちに向かってきたお前が悪いんだ。分かったな?」

「はい分かりました。悪いのは刺したあなたではなく、喧嘩です。喧嘩がいけないのです。喧嘩なんかした僕が全て悪いんです」

「これからこの喧嘩について、お前を合法的に裁判して裁く。お前は喧嘩犯罪者だ。そして裁判官は俺だ。俺がお前の罪を一方的に決める。俺が正義だからだ」(5)

「はい分かりました。あなたは正しいので、あなたの一方的な判決は全て承知させていただきます」

…それから何年経っても、何十年経っても、「いやー、あの時は喧嘩なんかしたボクが間違っていた。やっぱり喧嘩なんかしちゃダメ」という丸腰のボクと、「いやっほー!勝利記念日だ!」という相手方。
 

…そろそろ、事実に気付こう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)1894〜1895日清戦争日本勝利
(清は今の中国)

(2)1904〜1905日露戦争日本勝利
(勝ったわけではないという説あり。けれど樺太もらったりしてるから、勝ちでしょ。…中国・ロシアに日本は連戦連勝だぞ!?)

(3) 1914〜1918第一次世界大戦勝利側(日本の死者300人!(450人という説もあり))

1939〜1945第二次世界大戦敗北

(4)マンハッタン計画。

実際には、

「核を持っていることを通告する」

「日本の近海に落として見せて、その威力を見せる」

「日本の山奥とかに落として、降伏させる」

「実際に民間人の多い都市に落とす」

という選択肢があった。(天皇が住み日本の中心になる東京、国宝や今で言う世界遺産の多い京都、奈良は投曝候補から外された)

その中で、天皇や今で言う世界遺産を除きかつ、民間人が多く住む広島長崎が選ばれた。他候補には新潟や仙台等10ヶ所くらいあった。

(5)東京裁判。連合国側が日本側の戦争参加者を「戦争犯罪人」として一方的に裁いた。
被告人5700人、約1000人が死刑判決を受けたとされる。(byウィキペディア)

…「東京裁判が日本史の教科書に載ってない!」と言っていた友人がいたが、確認してみたところ載っていた。…以前の教科書には載っていなかったのか…?

○「6」を対面から見れば「9」にしか見えない。見る場所によって同じものが違うように見えるのは必然なので、6だ9だという議論はどうでもいい。

○アインシュタインは原爆投下には反対した。確かに自分が発見した理論が元になっているが、それを大量殺戮のためには使われたくなかった。

○広島の平和記念碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と彫られている。
これを見て「これは、誰の言葉なのか?(日本人なのか、アメリカ人なのか?)」とつぶやいた外国人がいた。

○アメリカの言い分としては、「原爆投下がなかったら、結果としてもっと多くの死者を出すまで日本は降伏しなかった。原爆投下は、全体の死者数を減らした」というのがある。(じゃあ都市に落とす必要はかったのでは?どうしても二発も落とす必要はあったのか)

 
○戦争別犠牲者数
(https://www.hns.gr.jp/sacred_place/material/reference/03.pdf より)

☆日清戦争
日本 1万 3800 人

清  3 万 5000 人

日本強え。 

☆日露戦争
日本 1 万 5600 人

ロシア帝国 4 万 2600 人

日本強え。

☆第一次世界大戦

連合国側 約514万3000 人(なのにそのうち日本はたったの300人と!450人という説もあり)

同盟国側 約852万9000 

日本信じられないほど強え!…戦地行ってなかったの??知らんけど。

☆第二次世界大戦

枢軸国側(日本側)約 1205 万人

連合国側 約 4360 万人

広島原爆犠牲者数9万〜16万6千人

長崎原爆犠牲者数6万〜8万人

広島長崎合わせた犠牲者数も、連合国側犠牲者数全体と比較すると約200分の1程度か…。

日本側は、やはり圧倒的に強かったんだが…。

○けれどやはり、平和が尊いというのには賛成。
それを守るための抑止力として、最低限の軍備力、抑止力としての核兵器は必要だと思う。
「アメリカ様に守ってもらわなきゃ、ボク自分のこと自分で守れません」でいつまでいるつもりなのか?
もちろん世界中で同時に核兵器を手放すことが最善なのは言うまでもない。

アメリカに押し付けられた憲法を、いつまで遵守し続けるつもりなのか。

○第二次世界大戦で、当時の世界人口の、2.5%以上の人が亡くなった。

日本は2,620,000 〜 3,120,000人、当時の人口の(3.67 〜 4.37%)
ソ連では2660万が犠牲となった(全人口1億9670万の13.5%)
アウシュビッツのあったポーランドの犠牲者数が最大で、440万人。全人口2320万の19.0%。
…国民全員の、19%が亡くなったとは!!

数字等ほとんどウィキペディアより

○ちなみに従軍慰安婦についても、わざわざ日本人自身が掘り返して糾弾したりしてるが、古今東西どこの国でも行われていたものだ。
慰安婦は公募されてきた人達で、ちゃんとお金ももらっていたと聞く。つまり売春婦だ。
そりゃ例外もあるだろうけど。
わざわざ強制的に連れて行かれたと主張する人を見つけ出してきて、必死に宣伝し自虐し続けるのは日本くらいのものではないか?
…真面目と言えば真面目な国民性ではあるが。

○ついでだけどアメリカのコロナ死者数は第二次世界大戦の米軍死者数(つまり民間人除く)40万5399人を超えたそうだ。

○荒れるのは分かってるが、思ってないことを言いたくない。色んな見方があっていいし、各自の主張は俺を含めて自由。
もし知らないところがあったらドンドン教えて下さい。
ただし価値観の押し付けは、お互いやめましょ。
俺もこういう事実としての歴史を言う人の話を最初聞いた時、到底受け入れられなかった。


⇩何か感じてくれた人は何位になってるか確認してください

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村