佐々木vs湯場因縁の三度目の対決はひとまず置いといて。 

…。 

前にも言ったけど、非常ーーに、簡単で、難しい問題がある。 

「試合中、パンチの種類を言つちゃうトレーナー」問題。 

…これは、実に実に難しい。


…昔の話。 

デビュー数戦だから25年くらい前だけど、相手の名前まで覚えてる。 

相手セコンド「ジャブー!!」 

直後、相手はジャブを出してきた。 

相手セコンド「ワンツー!!」 

直後、ワンツー! 

…ま、まさか?! 

相手セコンド「ワンツーからボディー!」 

ワンツーからボディー!!笑 

…ボクシングの試合だ。 

命を懸けて闘っている。 

それでもなお笑いそうになったのは、この時が初めてだった。 

…自分のボクシングは、捨てた。 

相手セコンドの指示しか聞いてなかった。 

相手セコンド「ジャブー!」 

ジャブ来たから右に避けてカウンター。 

相手セコンド「カウンター喰らうな!!」 

…カウンター食らわしやすいようにしてるのは、オマエだ!!笑


相手セコンド「ワンツーからフック!!」 

愚直なまでに、ワンツーからフック! 

これも来るのか分かってるので簡単にブロックした後、返しのパンチをあげた。 

「カウンター喰らうなっつってるだろ!!」 

…だから、カウンターの原因を作ってるのは、アンタだよ!!笑


極限の緊張の中で、相手セコンドにツッコミを入れるのを我慢したのも、この時が初めてである。 

…もしそれが可能ならば、試合中相手セコンドまで行って「お前のおかげだよ!!」とツッコみたかった。

(写真と本文は関係ありません。とりあえず最近見たボクシングの試合より)





格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村