1 ラウンド、一分で井上尚弥勝つと分かった。

井上尚弥のプレッシャーに、相手ガチガチ。

…うん、よく分かる。

ボクサー同士は最初のジャブ1発で、相手の実力は大体分かるからさ。

ダスマリナスも、「こりゃあヤベえ!」と分かったんだろう。

井上のプレッシャーに何もできず。

…しかし、井上あの落ち着きはすごい。

ラスベガスの巨大会場のリングですよ!?

浮き足立って当たり前だと思う。

冷静にプレッシャーをかけて行くが、相手がパンチ振り回してくると瞬時にスッとバックステップして。

…ダスマリナスからすると、もうどうしようもないんだよね。


…ダスマリナスも、黙ります。


…ダスマリナスも、黙ります。


…それが開始1分までの間に起こってた。


…開始2分で早めに終わると分かった。♯


右もそうだが、左もいいタイミング。出会い頭を狙う。

強さも相当なものだろう。

1ラウンド終わった時点で、興味は何ラウンドに、どんな風に終わるのかになった。


2  相手、ビビりっぱなし。

腹。

ダウン。

…レバーで倒れると、しばらくは動けない。

が、ダスマリナス、足を止めない。

良いところなく終わったように見えたけど、これ一つとっても相当なボクサーですよマジで。

…しかも腹効きながら、ラウンド最後打ち返してたからね。

根性あるよ。


3ラウンド。

倒れた瞬間に、「あ、こりゃ立てない」と思ったダウン。

…けど立った!!

正直驚いた。

モンスター相手によくやった!


…でも、そりゃ本人にしてみりゃ人生かかってるからさ。

意地を見せますよ。

人生込めた意地を、ね。


…流石に次のダウンでレフェリーすぐ止めたけど。


ダスマリナス、よく頑張ったと思う。



技術解説!

俺がサウスポー得意だった理由の一つは、レバーが手前にあるから。

右脇腹は絶対に打たしちゃいけないけど、左脇腹は全然効かないから。

サウスポー相手だと、相手の急所は手前に来てて狙いやすいし、こちらのレバーは相手から遠くなる。

よってサウスポーは主にストマック(みぞおち)を狙うが、みぞおちは鍛えられる。

なのでサウスポー相手の場合、ほぼほぼボディが効く心配がない。

…これにも裏技は存在するが、それは非公表で。


というわけで、サウスポーのボディは、絶対狙いやすい。

逆にサウスポーからこちらのレバーは遠い。

ボディに関して言うと、間違いなくオーソドックスの方が有利なのだ。

というわけで明日に続く

ーーーーーーーーーーーーーー

このブログに広告入れてくれる法人・個人のスポンサーを探しています。

もしお話だけでもしてくれる方おられましたら、
boxersasakiticketアットgmail.com
までお待ちしています。


⇩順位確認してもらえると明日も頑張れます

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村