ボクサーやってるなら、自分という商品をセールスマンとして世に上手くアピールすることも、仕事の一部であると考えていい。

その判断、その好き嫌いは受け取った人が決めることだけど。

まず自分という商品を知ってもらわないことには、何も始まらない。

…パンフレットに一言コメント載せられると聞いて、プロのボクサーが「頑張ります」とか、「絶対勝ちます」とか言ってるようじゃ、全然ダメだぜ??

全然ダメだ!!

…と、偉そうに言えるのは。

自分が最低限は工夫してたからなんですね。

竹内義人さんという、佐々木基樹サポーターズ会報をひたすら作ってくれてた人が覚えててくれた、試合パンフレットに載っていた某ボクサーの一言。

…。

「相手の健闘を祈ります」。

…絶大な自信が、伝わりますよね??

…少なくとも「頑張ります」よりは少しはインパクトあるだろう。

…好き嫌いはあるにしても。

…ものすごい学力とか、才能がいるわけじゃない。

ほんの一捻り。

ほんの一捻りあると、自分の応援に来てくれた人はもちろん、違う人の応援に来た人も、少し何かを与えらえるかもよ。

…言った本人がとっくに忘れていたことも、赤の他人が何十年経った今でも覚えていてくれる。

それだけで、一捻りした甲斐はあったなと今になって思う。


マシマシはやめろ!マシマシはやめるんだ佐々木!!





格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村