男は、自分を理解してくれる人のためなら、命すらかけられるんだと。

…そうじゃないか??

自分を本当に理解してくれる人のためなら、命とは言わずとも、大概のことはできるだろう。

…数少ないと思われる、女性読者にも伝えておきたい。

男は、自分を本当に理解してくれる人のためなら、何だってやるんだよ。

…ここで一つ大切なこと。

「話を上手に聞けばいいのね?」

…まぁ、そうっちゃそうなんだけど。

俺の言いたいのは、「分かったフリ」じゃないよと。

「うんうん、分かる分かる〜」って言っときゃいいってわけではないよと。

本当に、理解しなきゃいけない。

で、逆に、本当に理解できないなら、その人とは相性が合わないのかもしれない。

…。

ついでにこの言葉には続きもあって。


「士は己を知る者の為に死し、女は己を説(よろこ)ぶ者の為に容(かたち)づくる」

…そもそも、士に対して女と言われているので、この場合の「士」とは、男のことなんだね。…これが読解だよ!

…もとい。

女は、自分を喜んでくれる人のために、身なりを整えるんだね。

…「別に自分が綺麗でいたいだけ」という異論もあるだろうけど。

ただ、女は恋をすると綺麗になるってのは、そのためなんだね。

…そう考えると、一時期ものすげー非難もされた、「電車の中で化粧する女」。

俺も見ててどうかと感じたことあるけど。

女が化粧するのは、根本的に自分を喜ぶ者のためである、とするならば。

あながち全く理解できないものではないのかもしれない。

…男からすれば、女が綺麗になったかどうかなんて分かりにくいけどね。

…ちょっと髪型変えたとか、ちょっと小物変えたとか、そういうのにまめに気づく男がモテるのも、分かる気がしてきた。

…自分の嫁や彼女を綺麗にしようと思ったら、まずその綺麗さを喜んであげたらいいわけだね。

…。

このブログの熱心な読者も、広い意味で俺の理解者だろう。

俺のことを本当に理解してくれるならば、俺はなんだってしてあげたいと思う。

…死なないけど。笑

⇩松井さん宅にて


⇩ランキングチェックよろしくお願いします。


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村