瞑想をしてて、ふと気がついた。

……根本的に、俺はなぜ強くなったのか?

大した運動神経もなしに。

……まぁ、ホントやってみりゃ分かるが、ボクサーってのはメチャクチャボクシング強い。

べらぼうに強い。

……その中で、なぜ東洋一にまでなれたのか。

なる必要があったのか。

……。

……弱かったからだ。

自分の弱さを潜在意識が知ってたから、無我夢中で強くなろうとした。

そうあらねばならなかった。

普通の強さじゃ物足りない、心許ない、心細い。

もっともっと強く。

世界中の誰よりも強く。

そうでなければ安心できなかった。

……。

……もし俺が弱くなかったならば。

強くなる必要もなかった。

少なくとも必要以上には。

自分の持つその弱さを、隠す必要があったのではないか。

どうしても、隠さねばならなかった。

……自分自身にさえも。

……もちろん、自分を弱いだなんて思ったことはない。

おそらくは全てが潜在意識レベルの話で。


……。

そうでなければ落ち着いていられなかった。

どうしても強くなる必要があった。

その弱さ、臆病さが、結果として俺を強くした。

……のではないか。

……。

ふとそんなことに気がついた。

……。

弱いヤツ。

……それは、チャンスかもしれないぞ?


強くなる必要が、ある。


屋根塗装中


⇩順位上がるとヤル気出ます

格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村