ボクシングの虫、というやつがいるらしい。

そいつに一度刺されると、身体中にそのエキスが廻り、ボクシング中毒になると。

疲れようが身体がボロボロになろうがドランカー症状が出ようが、その中毒性は強く、ボクシングがやめられない。

ボクシング依存症、と言い換えてもいい。


そんな人はたくさん見てきた。

帝拳はその辺りもキチンとしてるから、まずい状態でダラダラやらせることはないけどね。

俺で奇跡的だと言われたくらい。

…前に言ったとおり、そもそもカムバックはないけどね。


佐々木基樹も、ボクシングの虫にガッチリ刺された中毒患者の一人だ。

ボクシングのために何を失おうが、ーーその「何を」には生命すらも含まれるーー、本望だった。


イカレてる?


そうかもね。(笑)


ただ、これは思う。


己の生命をかけてもいいと思えるもの。

そういうものに出会えてそこに生命を燃やし続けられたこと。

これは、俺にとって幸福なことだったと。


....っていう、六年前の話。

そこから、まんまと復帰してみた。

後悔は、ない。






 
格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村