事故が起きてから、数時間。

身体が落ち着くと、膝や足首の痛みが尋常でないことに気づく。

バイクはおろか、歩行すら困難。

救急車。

総合病院に搬送された。


やっているとはいっても、やや照明を落として暗めな夜の総合病院。

レントゲンを撮り、見ると。

実際の写真


やはり、膝にヒビが入っていた。


全治2ヶ月とのこと。


……足首や足の先辺りは、おそらく骨は大丈夫だけど、CTとMRIで確認する必要があると。

……しかしその検査にの予約に、二・三週間待たねばならない。


……総合病院って、何がそんなにいいんだろう??


骨はおそらく膝のみ。

しかし当分は普通に歩くことも難しい。


……「大丈夫ですか?」と聞かれるけど。

骨にヒビ。しばらく松葉杖。

それ以上でも以下でもない。

骨は大丈夫じゃないし、だからと言って死ぬわけじゃない。

……。

数日前に出した、「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」。

コロナウイルスで売り上げ激減だわ、そこへ来て交通事故だわ。

……アンラッキーな時は、こんなもんだ。

いい機会だから、期限伸びた確定申告でもやっちまうか。

溜まってる本を読みまくってもいい。


……。

「願わくば、我に七難八苦を与え給へ」と三日月に祈ったのは、山中鹿之介というサムライだ。

「俺に七難八苦を与えてくれ」と。

「それで俺は強くなるんだ」と。「それが俺を強くするんだ」と。

そういうことだね。


うきことの猶(なお)この上に積もれかし 限りある身の力ためさん」

「ブルーなこと、さらに来やがれ!限りはあるが俺の力を試してやる!!」

違うという説もあるようだが、俺はこの唄も山中鹿之介のものと認識している。

……。

しかし。

やっぱりバイクってのは、身体がむき出しになってる分、危ないよな。

事故ってのはいつ起こるかわからないから事故なわけで。

統計として、特に若いうちが危ないというのは出てる。

免許取って10年を過ぎると、逆に車よりも事故率は減っていくと。

なのでと言うか何と言うか、バイクキャリア28年、油断もあったのかもしれない。

若いうちのバイクは特に、気をつけよう。

本当に、危ない。

……俺自身、高校生の頃の運転は、今思い返してみても危なかった。

死んでてもおかしくなかったと本当に思う。


……。


かなり前だけど、女性をバイクの後ろに乗せたまま転倒して、怪我をさせたことがある。

ものすごく痛がってた割に、骨はなんともなくて、その大袈裟な痛がりっぷりに思わず爆笑してしまったんだけど。

「本当に痛いんだよ?」とポロポロ泣かれ。

後日、その時のレントゲンには映ってなかったけど、骨にヒビが入っていたことが発覚した。

……骨にヒビってのは、こんなに痛いんだな。

……しかも、痛覚が麻痺してる俺がこれだけ痛いってことは、普通の女の子だったらもっともっと痛かったんだろうな。

今更ながらしばらくぶりに連絡して、再び謝った。



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村