(続き)肺がんのステージ4。

ボクシングトレーナーをやってた刀根健さん。

さらに脳をはじめ、全身に転移。

……転移しちゃってたら、もうだいたいダメなものとの認識だったが。

……。

……交通事故みたいなもんだよな。

……交通事故ならまだ加害者もいるが、相手が癌の場合、加害者もいない。

……このまま死にゆく姿をSMS越しに眺めているしかないのか……。


「心配いりません。僕は、治ります」。


……。

……仮に治らないとしても、最後まで希望と共にいた方が本人も周りも幸せだろう。

……ただ、残念だ。

命はいずれ終わりが来ると分かってはいても。

……しかし、残念だ。


「心配いりません。僕は、治ります。癌では死にません」。


哀しかった。

信念に燃える人が、勝てない戦いに果敢に挑む姿が、哀しかった。


……。

しばらくして。 


「ガン細胞が、減りました!」

……?

……まぁ、そういうこともあるのかな。

……まぁ、上下を繰り返しながら体を蝕んでいくのか。

……。 


「体調も良くなってます!」

……??


「さらに癌細胞が減りました!!」

……!???


「ほぼ良くなって、退院しました!経過観察は必要ですが、ほぼ治りました!!」

……!?!?!?


マジすか??

そんなんあんの??!!

マンガとかドラマじゃなくて??


「僕の体験は、書籍化されることになりました」

ということで、この奇跡の体験が、ついに書籍化。


俺も一冊ゲット。

読んでみた。

……あんまり内容は言っちゃいけないが、刀根さんは趣味思考がかなり自分と似ていることに気がついた。

……ありとあらゆる試行錯誤を重ねる。

そしてそれまでの体験と知識を総動員させて、ほんのわずかな可能性を掴みに行く。

まさに死に物狂い。

……で、読み進めていくうち。

納得がいった。

たまたま運良く治ったのではなくて、刀根さんが自分で引き寄せたんだ。

それは現代科学のショボい力では、まだまだまだ解明されないパワー。

だけど、それは確かに「ある」。

その大いなるパワーへの、布石。


……。

……ああダメだ、今日はまとめようと思ってたが終わらない。

続きは明日にしよう。




格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村