1当たってはないが、井岡積極的に行く。

細かいフェイントをかけて、仕掛けていく。

いい。

……しかしリーチ差12センチ。相手のパンチは遠くからも当たる。

初回ほぼ五分。



2 「井岡、意外と前にグイグイ出てます」当たり前だろう!!笑

出なきゃ話にならないだろう!!笑笑

リーチ差のあるシントロン。



……もう明らかになった。

この試合は距離の戦いだ。



井岡が近づけるかどうか。ほぼそれだけ。



読まれないように、フェイントを交えて。



……が、さすがのオリンピック出場2度、実にうまい!

的確な距離からパンチを繰り出す!

ここ取られたな。



3どうなるかと思ったが、シントロン落ちる。井岡攻めることかできる!

それでも採点はどうか。

4入っても上手にアッパー突き上げてくるシントロン。

近づいたら何もできないってタイプではない。強い。



流石の2度オリンピック。



……が。

スタミナがない。

ラウンド前半はすごいがラウンド後半になると疲れてくる。



6には、見切った感じ。いい!!



7、8はあまり大きな動きなし。



9シントロン完全に疲れた。

効いてるし、このままならいける!!



10さらにいいペース。、やはりシントロン疲れた!

欲を言えば倒したい。



11倒せず。



12 シントロン陣営、2度目のテーピング直し。



誰が見ても分かる、細工をしての時間稼ぎ。

セコいし見苦しい。

テクニックだと思う人もいるんだろうけど。



……テーピングなんて取れるわけがないから。

あれ粘着テープですからね?

セロテープやガムテープよりもしっかりくっつくんだよ?

どうやって剥がれるんだよ??

実践はもちろんスパーでも、自然と取れたことなんてほぼないよ。



極まれにあるけど、あんなにいっぺんににたくさんとれることはまずないから。

日本人は真似しないでほしいね。



井岡一翔判定は固いと思ってたが。

115-113も一者いたが、3-0。

僅差〜中差。

強かった。





……さて、令和元年、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自分の今年はまぁ、そこそこな感じの一年になってしまいました。

……あ、なんとも言えないこともあったなしかし。

いずれにせよ、俺的に実に不満だ。

サイコーの一年で終わりたい。

……こんなんじゃ全然ダメだ!!

2020、佐々木は動き出します。

お楽しみに。














格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村