ボクサーとしての20数年の経験から一般の人向けに、ダイエット23カ条後編。
 

13.食い過ぎたら速攻で戻すべし


ウッカリ食べ過ぎてしまうことは俺もよくある。そしたら、翌日に即落とす。飲み物だけ、サラダだけとか。脂肪になる前に落とすのた。


14.よく噛んで、ゆっくり食べるべし

満腹中枢に信号が届くまでには確か10~15分くらいかかるんだよね。(諸説あり)
よく噛まずバーっと食っちゃうと、信号が届いた頃にはすでに食い過ぎになってしまっている。


15.水分をたくさん摂るべし

水分を摂るだけで、代謝が上がる。
満腹感にもなる。
食事の最初にも、繊維質と同時に水分を摂るといい。
ただしもちろん炭酸ジュースとかカロリーの高いものはダメ。
1日2リットル目安。


16.腹が減るのは健康にいいと思うべし

拒食症になって栄養失調にでもならない限り、多少の空腹が健康を害することはまずない。
それよりも食べたいだけ食べることによる成人病リスクの方がずっと高い。

かつて人類が猿だった頃、常に食事にありつける保証はなかった。
ある程度食べられる時に食い溜めしておく必要があった。
だから制限なく食べられる現在、食べたいだけ食べたらそれは食い過ぎになりやすいことを理解しておくべし。

かつてジミンさんは、「太ることが何より身体に悪い」と言った。
午後五時頃野菜ジュースを飲んで、後はその日何も食べないとも言っていた。


17.なるべくストレスを溜めない

低カロリー食習慣もいずれ慣れるが、ストレスを溜めていくのはいろんな意味で良くない。
自分なりの気分転換法を持つといい。


18.三歩進んで二歩下がる、でいい

減る時もあれば増える時もある。
腹減って食べちゃう時もあるし、順調に行く時もある。
朝起きた時、等の同条件アベレージが減っていればいい。
上下を繰り返しながら、少しずつ落としていけばいいのだ。


19.時に大食いしたって構わない

できればそんなのは皆無で、ずーっと食を抑えて落としていくのがいいけれど、なかなかそうもいかない。
たまーには腹いっぱい食べてストレスを吹き飛ばしてもいい。
けれど翌日に意地でもすぐに元の体重に戻すことが大切。
そしてそれをすに繰り返しては意味ないので、あくまでダイエット休暇として一週間は感覚を空けたい。


20.炭水化物を抑えるべし

油モノと共に、炭水化物が大好きで太っている人も結構多い。
摂り過ぎた炭水化物は、脂肪にしかならない。
脂身の少ない肉、魚、緑黄色野菜、海草、低脂肪乳、等を中心に栄養を摂りたい。
食べる順番も、野菜の次はタンパク質、最後に炭水化物。
炭水化物だけの食事はなるべくやめよう。
……ラーメンは別だけどな!


21.最初の一週間が勝負!

ボクサー減量の体験上、苦しいのは最初の一週間。
それを過ぎるとだんだん身体が慣れてくる。
三日で音を上げちゃいけない。
それは減らし過ぎ。
最初の目標をものすごく低く、に戻るべし。
で、一週間続けられたら、もう一週間、もう一週間と。
…まぁ、そこまでは追い込まないことをお勧めするけど。


22.とにかく焦らずに!

一生その食生活で過ごすつもりで。
月に0.3~0.5キロ減れば十分。
減量することよりもさらに難しいと体験上感じることは、その体重を維持し続けることだ。
そしてそうしないと全く意味がない。

23.写真や記録もいい

戒めや目標のために写真や記録をしておくのもいい。
ただ、「これからダイエットします」宣言は、少~しずつ落としていく佐々木式には合わない。


今日から早速実行しよう。
あくまで、少しずつ。
一覧にまとめたので使って下さい。
何か増えてる様な気がするのは、気のせいです。


佐々木式ダイエット23カ条(改訂版)

1.本当の楽々ダイエットなんて、絶対にない!

2.問題は細分化して解決せよ

3.「ダイエットする」のではなく、これまでの食生活・食習慣を変える

4.朝は腹ペコで起きるべし

5.一日一時間、空腹の時間を作るべし

6.腹が減ってから必要な量だけ食べるべし

7.体重は毎日記録をつけて計るべし

8.野菜を先に食べるべし

9.筋肉を付けるならスクワットがお勧め

10.カロリー使うなら有酸素運動を

11.腹7.5分目で

12.揚げ物や高カロリーと分かってるものはなるべく控えるべし

13.食い過ぎたら翌日ソッコー戻すべし

14.よく噛んで、ゆっくり食べるべし

15.水分をたくさん摂るべし

16.腹が減るのは健康にいいと思うべし

17.なるべくストレスを溜めないように

18.三歩進んで二歩下がる、でいい

19.時に大食いしたって構わない

20.炭水化物を抑えるべし

21.最初の一週間が勝負!

22.とにかく焦らずに!

23.写真や記録もいい

24.「佐々木さん、ありがとう!」もしくは「ヨッ佐々木!男前!」と唱えるべし


ダメです、ダメです。



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村