(続き)

両者ともに激しい出血。

途中で終わるのはおそらく間違いない。

そしたらそこまでにポイント取っとかないと!

尾川、迷わず出る!

さすがはワタクシか日本拳法から引っ張ってきた男!!

そんなことはもちろんどうでもいいんですが!!

……対するチャンピオンは、負傷判定でドローなら防衛なので、全体にいなす感じ。

「勝たなきゃいけない」ってのと、「負けなけりゃいい」ってのは、精神的に大きく違う。


……フィリピン人チャンピオンが時折狙ってるカウンターも、尾川外す!

……やはり、5ラウンド途中でドクターストップ。


負傷ドローでなく負傷判定!


……いけたか??

全体的に攻勢だったが、明らかにクリーンヒット取ったラウンドはおぼつかない。

対して1ラウンド目は明らかに取られた。

……しかし他のラウンドは大体尾川が攻勢だったはずだ。


……しかし、割れるかもな……。


……WBOアジアは確認してないけど、たぶんOPBFと同じように、両国からジャッジ1人ずつ、中立国からもう1人の3人で行われる。


最初のジャッジ、フィリピン。

48-47 チャンピオン。


……やはりか。


次のジャッジ、中立国。


49-46 尾川よし!!


あとは日本人ジャッジ!

これ勝ったべ!?


ラストの日本人ジャッジ。

48-48


……。

……ドロー。


……チャンピオン、防衛。


(続く)


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村