ボクサーとして多少なりとも名が売れてくると、時々現れる。

アンチという存在。

……アンチが確認できたら、まずは感謝するべきだ。

自分がそのステージまで行ったって証だから。

ありがとうございますあなたが記念すべき初アンチでございますと、お歳暮送ってもいいくらいだ。

大多数の普通の人はそのステージに行く前に終わるわけだからね。

むしろ大切にしよう。

……ワタクシが敵多かったりするのは、あえてのアンチ擁護からだったんですね。……うん、今思いついたけど、なかなかいい言い訳だと我ながら感心するよ。


……で、しかし。

……むしろそんなのを気にして、いい子ちゃんでいようとしてしまうのも、日本人として分かる気がしなくはないが。


……今でこそブログやってるボクサーも全然珍しくはなくなったけど。

20年以上前、日本人A級ボクサーとして初のホームページを持ったワタクシが、断言しよう。


結論から言っちゃうよ。


アンチのくだらない誹謗中傷は、マイナスの意味には、んなーーーーんにも、気にする必要なし。


「愛情の反対は、無関心」だ。byマザーテレサ

むしろ誰からも無関心になられてしまうことを、恐れよう。

……すでに佐々木には無関心ですよ、などと言う空気は全く読めない。

そんな空気があるはずがない!

最近はアンチすらいなくなってどうしようなどと思ってるわけがない!!

(まぁ、ホントに無関心だったら今これを読んでるはずもないんだが)


……一生懸命関心を寄せてくる人に、鬱陶しいかもしれないけどほんの一部、むしろ感謝の気持ちも持とう。


……しかし、その内容としては。

気にかけてあげる価値も意味も、全くない。


人生の時間は、限られている。

無駄な人間のために無駄な時間を使ってあげる必要なんて、なーんにもない。

……。

相手が一人とか、少数ならいいよ。

全員のお気に召すようにできる。

けれど不特定多数を相手にしなきゃならないようになった場合。

二つの選択肢に分かれる。

一つは、全員のお気に召すように振舞い、決して模範的人間から外れないように気をつけ続けること。

誰に対しても平等に善人でなければならない。

……それも、否定はしない。

本人がそれでいいのなら、それでいいじゃんか。

もう一つは、自分の意見はしっかりと言うこと。

本当の自分を失くさずにいること。

……もちろんそれは、単にワガママになれって言ってるんじゃなくて。

人の目を気にしすぎて、自分の人生縮こまらせたらつまらんよってこと。



……ウチの親の教育方針から。

「法に触れず、人に迷惑をかけないなら、何をやってもいい」。

これだと思うんですよ。

……よくいる、よくある間違いを一つ。

「自分はそれが大嫌いだ。だから迷惑だ」と人に言う、因縁。

自分に全く関係ない人が、自分の思い通りじゃないと気が済まない人。

……自分に都合のいいもの以外は悪と捉える、精神的に未熟な人。

……正直、多いよね。

……そう、文句言うことに時間と情熱を捧げる人のいうことは、九割が好き嫌いの問題だ。

……「批判の九割は嫉妬である」って本もあったけど、それも間違いとは言えないかもしれないけど、突き詰めれば好き嫌いの問題が大半であることは間違いない。

……そりゃ批判されてそのまま喜んでたら、ちょっと特殊な趣味の持ち主かもしれないが。

ボクサーとしての自分のことを勝手に批判してくる人間がもしも現れたら、大したもんだよ。

そこからが、「自分は昔ボクサーだった」と言えるラインだよ。

自分のために無駄な時間とエネルギーを使う人がいるんだから。

大したもんだよ。

……。

意見そのものは、九割はくだらない。

言ってる本人は貴重なご意見だと思っているが、本当は意見と呼ぶことすら値しない。

ただの雑音にすぎない。

……経験上だけど、本当に価値ある意見は、こちらから求めに行かないといただけない。

〈続く〉


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村