もはや現役レジェンド、ノニト・ドネア。

……なんだかんだ言って、「結局勝てるでしょ」みたいなムード。

いや、ドネアはそんなに甘くないよ。

どうなるか。


……採点はあんまり意味ないと思ったが。

おそらくKO決着なので。


1ラウンド

割と静かな出だし。

しかし緊張感ハンパねー!

ドネアもいく。

井上もいった!!


……特のこの序盤、井上動きにいつものキレがないように見えたが。


2ラウンド

フック、アッパーもくらう。

……ドネア、やっぱ強い!!

井上効いた!

加えて、有効なヒッティングによる出血。


井上やばいか。


3ラウンド

プレッシャーを強めるドネア。

井上、足を使うというより、ドネアのプレッシャーに下げさせられてる感じ。

やばい。

……けど、下がりながらの有効打では上回ったかも?


4ラウンド

クリーンヒットは井上の方が多かったのでは。

5ラウンド

井上、リズム出てきた!

いいの入れた!左!!

ラッシュ!!

ダウンか?!

……逃す。

……あそこで一発腹も混ぜてれば!!


……言うのは本当に簡単なんだ。


逆に言えば、井上尚弥ほどのボクサーでも、あのチャンスに一発腹も入れるということは忘れてたりするんだ。

それだけ難しいということ。


6ラウンド

合ってきた合ってきた!!

ワンツー!

ガードされてるが、これはいずれ当たる!!

……しかしドネアの左も狙ってる!


どちらもが、一発で試合を終わらせる危険なパンチを持っている。

真剣の斬り合いみたいな緊張感。


7ラウンド

前半ちょっと取られたが、後半プレッシャーかけていく!


……しかし。

ガッチリガードしたフックで騒いだり、ボディもろ入っても何も言わなかったり、ジャブクリーンヒットもシーン。

周りの反応は、なんか少し違った。


……が、腹も入った!それ!!


8ラウンド

ここは取られたか。さすがの勝負師。

キャリア違う。ちょっと効いた。


9ラウンド

ヤバかったが、ハッタリでもいい、左右のグローブ合わせて来いよと!

……それやると相手はなかなか攻めてこれない。

実際左フックも惜しいタイミングで入ったし。

取られたことは間違いないが、持ちこたえた。


10ラウンド

ここが勝負!!

……ボクシングが12ラウンドあると、「勝負ラウンド」というところがたまにある。

そこで勝負が決まる、重要なラウンド。

この試合、このラウンドがそれ。

……それと分ったならば、そのラウンドに3ラウンドが4ラウンド分くらいのスタミナ使ってもいい、取りに行くヤツが勝つ。


……よし!

井上尚弥、やはりそこの所分かってる!!出た!

いいのも食らったが。

ドネアも返すが、最後はチャンス!

……連打欲しかった!

単発でなく。

けど、このラウンドを取った!よし!!


11 ラウンド

腹!!ドネア、数歩歩いてダウン!!

10カウントいったかと思ったら、まだ続く!

……ここもバンバン追撃欲しかった!


……ボディのダメージは、蓄積するんだ。

ガードの上から、テンプルやアゴはほぼ効かないが、ボディ効いた時はガードの上からでも効く。

ボディで決めたかったが、ドネア生き残る。


12 ラウンド

最後までいく井上。

……ここまできたら、というよりも最終ラウンドまでくると思わなかったが、やはりKOが見たい!

……が、KOは出来ず。

しけし、取ったでしょ。

判定、井上。

114-113
116-111
117-109

ユナニマスデシジョン。

……途中、ダメかと思ったシーンもあった。


KOこそなかったものの、久々にいい試合を見た。




格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村