さて、特に書けることもないので、こないだのヴィパッサナー瞑想からの、仏陀の悟りについて。

もともと知ってたこと。俺の解釈も含む。

……ブッダは、「老・病・死」を怖れた。

「老・病・死」がどうしても嫌だった。 

その苦しみから逃れるためには、どうすればいいか。

なんとかしてその苦しみから逃れられないか。

そこで、悟った。


「欲を捨てる」こと。

欲があるから、それを失う苦しみになる。

欲を捨てれば、失う苦しみがなくなる。 

あらゆるものに執着をしない。

それが結局は一番楽になる方法だった。


……が。

この悟りの内容についてはあまり出てこなかったが、「執着、渇望、嫌悪」の三つがいけないと繰り返し出てきた。

それが苦しみを生むのだと。 


……しかし、ボクシングの場合。

ベルトへの執着、勝利への渇望、敗北への嫌悪がなければ、俺は東洋チャンピオンにはなれなかった。


この疑問点は、今後の課題であると同時に、先生に個別質問をしに行った。

その答えは、おおよそ納得、しかし少しの疑問が残るものだった。


ホープ、つまり希望することは良いことだと。

しかしそれが執着になると、様々な弊害を産むことになると。


……何となく分かる。

何となく分かるけど、その境界点はどこなのか。


希望はどこから執着や渇望になるのか。


……まだもう少し、考えるでなしに感じることができそうだ。






風呂場に、昔の湯船だか洗濯機置き場だか、謎のコンクリート。


ドリルとハンマーで破壊。





格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村