朝起きて試合見る前に、3人もの人から別々に結果の分かるメール。


全員悪気なし。


けどマジでやめてください。


……ケータイにメッセージ入ってるの分かってたけど、一切見ずにシカトしといて正解。



……しかしかつては、電話かけてきやがって、なんだろうと取った途端に「○○負けちゃいましたねぇ……」かなんか結果を強制お知らせしてくれたやつもいたなぁ……。笑

○トー!まだ見てるかー!?


……というわけで、結果言うのはやめて下さい。


……なので自分が結果書くブログは必ず「結果あり」と表記して、最初の数行の表示でも分かったりもしないよう、出だしに結果分かるようなことは書かないようにしてる。

……ただ、もう結果から書いちゃう人も多いし、本当に知りたくない人は俺みたいにネット遮断するので、もう結果書いちゃってもいい時期にはきてるのかな……。

でも自分が嫌な思いを沢山したので、まだしばらくはタイトルに結果入れたりはしないかな。


WBSS。

本当の世界最強を決めるトーナメント。


井上尚弥 対 ロドリゲス。

無敗世界チャンピオン同士の至高の対決。


1ラウンド

 ロドリゲス、本当に強い。

ジャブが違う。


……ジャブが、当たった当たらなかっただけじゃなくて。

「どこで止めたか」。


クリーンヒットしてないジャブを見ても。

ロドリゲスは、かなり早い段階でジャブを止めてた。

井上は、かなりギリギリのところでなんとかジャブを捌いてた。

……被弾はやはり、井上の方が多かった。


……ロドリゲスは、本来のスタイルではないけど、井上が前にプレスかけながらせめていくパターンが得意と知り、それに対抗するため逆に前に出てきたと。


井上のジャブに合わせ、クロスも入れてくる。


ただ、井上焦りはない。


9-10 ロドリゲス。


2ラウンド

お互い素晴らしい攻撃力。

そして井上の左フック当たり、ダウン!!


右でボディ!

ダウン追加!!


……メチャメチャ痛そうな顔するロドリゲス。笑




オノレはボ○・サップか!!笑



ボクサーなら、痛いのは分かるけど痛そうな顔すんな!!


……男の美学は、痩せ我慢にあるのだ。



……さらに追撃!!終わり!!



さて、最初の左フック。

写真だけ見ると後ろかがみで、そんなに強いパンチに見えないかもしれないが。


映像で見れば、しっかりと下半身のパワーを拳に伝えてる。

……それができてなきゃ、なんぼなんでも上半身だけの力ではKOパンチは生まれない。


あともう1つ感じたこと。

……ボクサーってのは、ひたすらサンドバッグを打つ。

ミットを打つ。

攻撃の練習は、どこのジムでもほぼ毎日やる。

けれど、それに比べたら、防御の練習は格段に少ない。

サンドバッグやミットで攻撃の練習は毎日毎日たくさんやるが、防御だけに特化した練習ってのは、あんまりやらないことが多い。

今回も、井上対ロドリゲス、お互いの攻撃力の突出が目立った。


……一発の破壊力で井上がわずか2回で勝ったけど。

そのラウンド数の短さイコール実力差ではない。

ジャブの精度は多分その後もロドリゲスの方が上だった。

判定まで持ち込まれたら、むしろ不利だったのではと思う。

……ただ、一発があるってのは大きな武器で、「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強いのだ」の定義には異論ない。

「無敗対決、わずか2ラウンドで井上が切って落とす!!」と言えば聞こえはいいけれど。

実力差はそこまでではなかったようにも見えた。


……次は、ドネア。……ちなみにアメリカ英語ではドナイリー。

「ピークは過ぎた」とは言われてるが、帝拳に来た時のスパーは本当に凄かった。

WOWOWで解説してる西岡も、ドネアには歯が立たなかった。


……俺の場合、振り返ってピークだったと思えるのは、35歳。

ピークには個人差あるけれど。

ドネアは現在36歳。


ピークは越えたとは言われてるが、世界の壁であることは間違いない。

ドネアを倒した時。

歴史に残る本当のスーパーヒーローの誕生に間違いないと思う。


日本の井上から、世界の井上へ。

それができる予感は、十分にある。

……まだ、伸びしろはある。

日本から産まれるスーパースターに、期待したい。



……そうだ先日の男気チケット・男気激励賞、ちゃんと一人一人名前をあげよう。

スペシャルサンクス
男気チケット・男気激励賞

ホンマ様
ツカハラ様
イケガワ様
ワタナベ様
セキヤ様
ワダ様
ホソヤ様
ニシガキ様
クラタ様
イシバシ様
フルカワ様
ボウセンシュモトカノ様
イケウチ様
ヨシノ様
サイトウ様
トクメイキボウ様
滝野応援団大阪支部様

ありがとうございました!
滝野も色々大変だったので、助けになりました。


レス

さっちゃん
12:30でした。本文記事で応えましたが、同じ疑問を持った方もいると思うので、ありがとうございます。

星に願いをさん
じゃがポックル推しの理由も説明できて良かったです。笑

元四回戦さん
やりましょう!
やらない後悔が、一番残り、つまらんです。

メールhさん
絶対言うなよ!いいか絶対言うなよ!?

滝野応援団大阪支部さん
ガオチョワーは心の叫びです。
「あはれなり」が「全ての感情を含むしみじみとした趣」と訳しようのない訳になるのと同じです。
焦らずとも大丈夫です。
心が炸裂した時、自然と飛び出てくるでしょう。
言われてみれば薬師寺さんに似てるかもですね。

暁さん
ただ、負けちゃうと、本人にとっては何にもならないんですよね……。
それも近々書こうと思います。末吉の続きで。






格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村