小出監督逝去

テーマ:
マラソンの小出監督、死去。


死期を悟って「いい人生だったな」と言ったそうだ。



野木さんの合宿に参加させてもらってた時、この日記にも書いたけど小出監督のチームも合宿してたのさ。

小出監督は野木さんの師匠でもあり、走ることに関しては野木さんの教えを俺はダントツ1番に思っていたので、考えようによっては俺は孫弟子になるな。


……タウタンパクたまり気味の俺だが、よく覚えてる。


3キロのダンベルの実物持ってきて、「3キロってのは、この重さだよ。これ持って走れないよね。逆にこれがなかったら相当有利だよね。体重はしっかりとコントロールしとくんだよ」と。


……何も考えず、ただ自分が正論だと思うことを言うだけの指導者が多い中、実に選手が分かりやすいようにしっくりとくるよう説明する。

他にも色々学ばせていただいた。

「人間の限界っていうのは、思う以上にある。自分で思った限界が本当の限界とは限らない。不可能の先にその人の真の実力がある」と。

「『もうダメだ』そう思ったそこからまださらにやるんだよ」。

……説得力半端なかったなぁ〜〜。

「小出監督に学んだこと」より

〈皆、一般常識で考えちゃう。

人間の持つ力は、考えているよりあるんだ。

世界一になるなんてのは、そもそも一般常識の及ぶところじゃない。

そこへどう到達するか。〉


死期を悟って、「いい人生だったな」。


そんな風に人生の幕を閉じたいもんだよね。


ご冥福をお祈りします。






格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村