誰のせいで?

テーマ:
多くの人が悩む、人間関係。

もしくは、他人が行う何か。

それを思い悩んだり、批判したりする。


さらに言うなら、何か人のやること。

それを批判したり、その人を変えようとする。


……言っちゃっていいかな?


無駄である。


ホント、99%無駄。


「自分は正しいことを言ってる!!」というカタルシスに浸ってる自覚があるならばまだしも。


使い古されたとも言える、一つのフレーズを思い出してほしい。


「過去と他人は変えられない」。


…まして。


「他人が自分の都合のいい方に変わる」なんて。


絶対にない、と考えていい。


……で、ならば、どうするべきか。


距離を置く。


それ以外にない。


マハトマ・ガンジーの言った、

「世界に変化を望むなら、まず自分がその変化となれ」だ。

日本の諺にもある、「言うは易し、行うは難し」だ。

言ってたって仕方ない。

何もやらない人に限って、ひたすら言い続ける。そして言ったことで何がしかをやったつもりになる。


何の役にもたってないんだけど。


……100言うより、1行動することだ。

ソクラテスに言わせればこうなる。

「世界を動かそうと思えば、まず自分を動かすことから始めよ」。


話がオモクソ逸れたので、戻して終わる。


「アイツがああなればいいのに」と思い悩み、「なぜアイツは変わらないんだ」と無駄な絶望を抱える人は多い。

けれども、「過去と他人は変えられない」。

まして、「他人が自分の都合の良いように変わることはまずない」。

それなのにその環境に居続けることは、それを選択した自分の責任。

その環境に居続けることが嫌ならば、違う環境に行くこと。違う環境にすること。

それをしないならば、それは人のせいではなく自分のせいなのだ。


旅先のネコ




格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村