東日本新人王決勝

テーマ:
メキシコでプロデビューしようとしてたところを、帝拳ジムに引っ張ってきた遠藤健太。

……尾川のごとく見事チャンピオンになれたりするか。


ちょっとしばらくぶりに後楽園ホール。

……うん、いい試合だった。いい試合だったぞー!

うんうんうん!いい試合だった!

ジャッジは、三者三様のドロー。

……からの、優勢扱いで全日本新人王に進出!!



……。

……今年のスーパーライト級新人王エントリーは、健太の他はもう1人だけ。

だからいきなり決勝。

……人減ったとはいえ、隣のウェルター級ライト級は、それぞれ10名8名いるのに。


以前、「今年のスーパーライト級は、健太いるからできるなら避けた方がいいかもよ」と書いた。


……。

いや、分からんけど。

単なる偶然かもしれないけど。


スーパーライト級だけ、健太の他はたったの1人。

…まぁ、偶然かもしれないけど。


……というわけで、5時かせいぜい4時頃始まるんじゃねーのと思ってたら今日は2時開始で、慌ててホール行ったら健太の試合は終わった後でジャッジの集計してた、とかそんなはずは決してないんだからな。
内容が薄い気がするけど気のせいだからな。


ちなみに、ウェルター級辻本(帝拳)。

決勝まで残ってたけど、……あいつは正直そんなに強くなかったよな??

……戦績見ると、2勝1KO1敗3分。

……対して相手は、4戦4勝1KO。

……これは分が悪そうだな……。


試合スタート。


……おおー。

辻本、俺が知ってる動きではない。

……以前はもっとギクシャクして、バタバタしてた。

長身からの伸びのあるストレート。

相手のパンチがきたら、足を使いバックステップでスッとあしらう。

おおーー!

……ちょっと見ない間に、変わるもんだねぇ〜!

……でもこっちの戦績は半分ドロー、相手は全勝。


……と、1R終わる直前!

ダウン!


おし!

6回戦だからまだ分からないが、かなり有利だ。(ダウンで一律10-8は、12回戦ならそれほどでもないが、4回、6回戦のうちは実にでかい。特に4回戦だったら、他のラウンドフルマーク取らないと勝ちはなくなる)

かなり幸先の良いスタート。

2R開始。

再びダウン!

終了〜〜!!


おめでとう!


……いやー、これで今年帝拳の東日本新人王は4人!

……うん、いい試合だったぞだぶん!


ラスト、ミドル級。

黒人とのハーフというワチュク選手、日本人にはない特異な身体のバネを見せる。


……が、そのバネを活かしきれてないボクシング。

……あれやり切れば、化けるかもなぁと。

……もったいないなと感じるが、外から見るのと実際やるのとが全く違うものであることは、自分が一番知っている。


やっぱりボクシングは、面白い。



格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村