20日の続きなんだけど。


敗けた選手に、「ナイスファイト」と言ってはいけない。


……「(君の目的が達していなくとも、君が傷つこうが何だろうが)自分は満足したよ」という意味にも聞こえてしまうから。


……そんなつもりでないのは経験を経れば分かるんだけど。


……知らずに聞けば、余計傷口に塩を塗るわけさ。


……。

ボクシングは真剣勝負だ。

あくまでも勝つためにやってる。

勝利か否か。それしか眼中にない。


……。

「つまんねー試合して勝つくらいなら思いっきり盛り上げて負けた方がいい」なんて人も、聞いたことはなくないが、間違いなく少数派だ。

……。

観てる方からすればナイスでも何でも、やってる側は敗けたら終わりなんだよ。


……これを公に言うことにより、言う方も気をつけるだろうし、言われた方も「そうだよな。悪気あってのことじゃないんだよな。精一杯のねぎらいの言葉なんだ」と分かる。


……で、ですね。

さらに突っ込んで。

「じゃあなんて言えばいいのか?」


……これはですね。


先に答を言っちゃうと。


……ないんですよ。


……自分のことを見直してほしくて、「すげーな!」っと思ってほしくて、リングに上がる。

それが出来なかった。

カッコ悪い自分。

情けない自分。

ダセェ俺。

……それを、さらに「かわいそうだから慰めてあげなきゃ」と反対にかわいそうがられる自分。

……ますます泣きたくなると思いませんか?


ボクサーが欲しいのは、敬意だ。間違っても哀れみじゃない。

敗けたなら、その勝負における全てを失って当然だ。

「オマエ、ダセェな!」で十分。

それでいいんじゃないかと本当に思う。

それで、せめて「敗けた上に同情され慰められる、情けなくか弱い自分」の自己憐憫(じこれんびん)からは逃れられる。

勝負に生きる以上、そのオトシマエとしては、何言われたって仕方ないんだ。

大丈夫、ボクサー目指す奴なんてのは、そこまで弱い生き物じゃない。

そりゃ凹むが、凹むだけ凹んだら、また復活する。

前よりもタフさを増して。


(……しかし、まだ続く……)




昨日帰京したけど、北海道では仕事してきました!
まず水道の詰まり。
パイプクリーナー使っても解消されないという。
確かにもう一度やって見たがダメだった。



解消!

やっちまえば割と簡単だった。


……しかし小樽の便所詰まりは、同じことやっても解消されない……困った……。


カーテンが欲しいとのリクエスト。

取り付け途中

完成!!





格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村