学校について(長文)

テーマ:

学校が、嫌いだった。


……友達は良かったけれども。



……なぜ、自分が行きたいと望んでないところに強制的に毎日行かされなければならないのか。


同じ服を強制されたりして。


なんの興味もないことを、無理矢理教え込まれなければならないのか。


そういうものに何の疑問も持たず、放牧されてるヤギか羊のようにただ従ってついていく人間が「偉く」、そして「いい子」なのか。


自分を持たないことが「良い人間」ならば、俺はどこまでだって「良い人間」でなくて結構だ。


……どこからか、尾崎豊のメロディと歌詞が聞こえてくる。笑


……これは、また今度しっかり解説しちゃおう。笑


犯罪とか、明らかな迷惑行為ならいざ知らず、独自性を持つことはそれだけで悪なのか。



俺は、俺だ。


他の誰でもないんだ。



その画一的価値観の強制が、たまらなく苦痛だった。



……ある日、授業をおもくそサボって、バイクで湘南の江ノ島まで行って日向ぼっこしてた日がある。(……一応言っとくと、3年間のうちで1回だけだぞ)


……天気が、良かった。最高に気持ち良かった。シャバの空気が、最高に美味しかった。(そう、学校以外はシャバの空気だった。学校は俺にとって、毎日通うことを強制される刑務所のようなものだった)


今のひと時だけでも、俺は俺の時間を生きている!……なんて感じた。


日々溜まってた心のストレスがスコーンと抜けた気がした。


……良い子の皆さんは、決して真似をしてはいけない。



……


基本的人権。5つあるけど。


19世紀より前からある、人がまず最初に、根源的に望む権利は何か。



自由権。



まず人は、自由が欲しいんだ。


何はともあれ、自由が欲しいんだ。



命がけになろうが、人は自由を求めるんた。



……当時そんなことは知ったこっちゃないが、自由を奪われた気がするのが嫌でたまらなかった。



……


……


……が。


こないだ高校講師しに行って、ふと気付いた。



「社会性だ」と



仮に自分が騒ぎたくとも、それが周りの迷惑になるなら自粛する。騒ぎたけりゃ騒ぐことが自由という言葉の本意ではない。


そういうこと。


自分一人がAにしたくとも、全体の利益がBの方が上なら、全体の選択をBに揃える。無理くりAだと言い張ることが自由という意味ではない。(言うことは自由だけど)


皆が皆、自分の思い通りにしていいとは限らないんだ。


そんな無秩序を放置してたら大変なことになってしまう。それが犯罪でなくとも、世の中がめちゃくちゃな方向に行ってしまう。


……なので、ある程度、全体で考える、集団生活を学ぶ。


そんなためにも学校というシステムはあるんだなと。


ああこれは、素晴らしいシステムなんだなと。



……たぶん人より20年くらい遅れて気が付いた佐々木でした。笑



そして普通に「学校にしっかり行って、真面目に勉強しなさい!」というつまらない大人の仲間入りをしていくという……。笑


俺の近所にて。……田舎だ……。 


⇩ワンクリックで順位上がると俺頑張ります。


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村