坂本大輔引退試合

テーマ:
ようやくたまたま東京戻っていたので、今日は坂本大輔引退試合を観戦しに後楽園ホールへ。


……しばらく遠ざかっていた、後楽園ホールのこの雰囲気。

このリング。


……ホントにグローブ2つでそのプロ同士がぶん殴り合うと。

……特異な世界なんだけど。


……それに、……それだけに、ずっと全てを注いで来たんだよなぁ……。

21年間も。


……。

個人的にも知ってる坂本大輔が、引退試合に選んだのは、同じ習志野高校の被ってもいない9つ下の後輩越川。

だが試合は試合でもちろん真剣勝負。


……正直1Rから効かされてるシーンもあり。


打ち返したりもしたけど。


4R、相手もチャンスと見てガンガン詰めて来て。


4R終了、危険が申し出され、相手のKO勝ち。


……引退とわかってる試合には、適当なタイ人とか呼んでKO勝ちして花を持たせて終わりというパターンが多いけど。

自ら同じ高校の9つ下の後輩を引退試合相手に選んだと。


オトコだねぇ……。


坂本大輔と言えば、以前書いたレポートがあるんだけど。

そうだボクシング雑誌に聞いてみよお。


負けはしたけど、勝者よりもむしろ長いインタビュー。


完全に坂本劇場だった。


……来月、ボクサー定年である37歳を迎えるんだそうだ。

……正直、動きは落ちてた。

俺自身坂本とスパーしに行ったことあるけど、もっと強かった。


……。

……やはりボクシングなんてのは、36歳あたりが限界なのかもしれない。

37歳の誕生日を迎えたら強制引退と。


……それが正しいと、俺も思う。



……いや、42歳までやるヤツなんて、ホント特殊な人ですから!!


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村