村田初防衛戦

テーマ:
プレッシャーのかかる初防衛戦。

アマチュア時代、そしてプロ転向当初はガッチリファイター型の村田。

それが最近の試合ではジャブからのアウトボクシングもするようになった。

今回はどう出てくるのか。


村田、初回からすげープレッシャー。

手数はむしろ相手の方が多いものの、凄まじいプレスにリング上を逃げ回るしかないチャレンジャー。

テレビ解説の、「手を出さないことが逆にプレッシャーになる」の通り。

変に手を出さずにただ前に出てくる方が、かえってプレッシャーはかかるかもしれない。

ジャブからボディストレートが突き刺さる。

2以降、ジャブからさらにプレスをかける。

3.4とほぼ似た展開。

挑戦者何もできない印象。

5少し変わったか。

逃げ回ってる様子から、足を使ってるという印象。

それでも逃げ回ってる事には変わりない。

時折反撃もするが、村田は落ち着いてほぼガード。

やはり村田のラウンド。

6ドンドンプレッシャーを強める。

チャレンジャー、確かに勝率9割で、KOはたったの5回。

テクニックで勝ち上がってきた相手。

簡単には倒させない。勝たせない。

が。

7少し効いたか。


8ガンガン追い詰め、そのままダウン。終了。


ほぼ何もさせない勝利。


……これは、マジ楽しみだね。

ゴロフキン、やってほしい。

東京ドームなんて実現したら、マイクタイソン以来じゃないか??

とにかく楽しみだ。

{6057D10A-55D3-4BDA-934C-4CCA1C18622C}


https://www.booking.com/s/27_8/boxers06
宿を予約する時は⇧から予約すると2千円お得になります。


格闘技ランキングへ

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村